2018/08/17

「沖縄ACIM勉強会」参加要領

沖縄にて、下記の日程で『沖縄ACIM勉強会』を定期的に開催しております。
勉強会は、予約制となっております。
日時や会場を変更して開催することもありますので、
参加を希望する方は、ご予約の連絡をください。

なお、ご予約の際に、ご自身のACIMの学習状況(テキスト、ワークブックの読み進み具合など)をご明記していただくと、勉強会を有意義に進行していくことができますので、よろしくお願いします。


 【沖縄ACIM勉強会】
日時:毎週金曜日10時~ 12時
   毎週日曜日13時半~15時半
   (※日時変更の可能性あり)

会場:「Palm Church」 沖縄県糸満市(駐車場有)

参加費:1,000円

内容:JAICMサイトのQ&Aを教材として学んでいっています

お申込み・お問合せ:
 参加希望の方は、下記の必要事項を明記の上、もりGまでメールください。
 その際に会場詳細をお知らせいたします。

<必要事項>
①お名前(フルネーム、フリガナ)
②携帯番号
③ACIMの学習状況(テキストおよびワークブックの進み具合など)

 メールアドレス:morig2016@gmail.com 

IMG_1814.jpg

2018/08/13

創世記

自分は、たった一つの嘘を信じたのです。

嘘だってことをわかっていながらも、
その嘘(偽り)を信じてみたらどうなるだろう?と妄想したのです。

そして、その妄想の中に居続けたいがためにあらゆる証拠を工作したのでした。

それがこの世界です。

いわゆるこの世界は、その真相を隠すために作られているのだということです。

その真相に触れたくないのは、
たった一つの嘘を自分から信じた(選択した)ことがバレることに
怖れ(罪悪感/罪意識)を抱いているからだといえます。

でも、聖霊はそれらすべてが妄想でしかないと知っています。
嘘(妄想)を信じることはあるとしても、所詮、嘘(妄想)は嘘(妄想)でしかない、と、
聖霊は知っています。

自分で嘘を信じたことを取り消すことはできません。

嘘を信じたことすら妄想でしかない、
と知っている聖霊に取り消してもらうよう要請することが妄想からの脱出法だといえます。

つまり、「赦し」とは、そういうものだといえます。

IMG_1886.jpg

2018/08/11

それは信仰心なしに成し得ない

与えることは、受け取ること。

赦すことは、赦されること。

自分がこの世界を赦すならば、自分はこの世界から赦される。

自分がこの世界から自由になりたくば、自分がこの世界を自由にすればいいだけ。

それはとてもシンプルでありながら、もはや自分でそれを成し遂げることはあり得ない。

自分に出来ることは、ただそれを意図(願う)することだけ。

というのも、

この自分であり得ないことをあり得ると信じたからだ。

そのように信じているこの自分は、

自分を超えた大いなる力(存在)を信頼することなしに、

それを成し遂げられることはけっしてないということ。


IMG_1778.jpg

2018/08/08

<告知> 8/25 ACIMウェブシェア会のお知らせ

8月の「ACIMウェブシェア会」のお知らせです。


コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース/奇跡の道)の形而上学的な学びにつきましては、

すでに有益な教材がありますので、そちらを活用しながら各自で学んでいただくとして、

このウェブシェア会は、コースを学び、実践していく上での疑問や質問などをシェアしながら、

お互いに学び合うような場になればいいなと思います。


興味のある方は、どうぞお気楽にご参加ください。


【8/25 ACIMウェブシェア会】

■日時: 2018年8月25日(土) 10:00~ (90分~120分程度)

■開催形態: スカイプ(原則的にビデオ通話)にて行います。

■参加費: 無料

■参加対象者:ACIMを学んでいる方、これから学ぼうと思っている方

■お申込み・お問合せ:

 詳細につきましては、空禾さん(主催者さん)のブログ記事をご覧ください。


IMG_2338.jpg 


2018/08/04

あたりまえっちゃあたりまえですけど

最近、自分で気づくのは、
内側と外側がほぼ同時だということです。

「外側は、心(内側)の反映である」
と言いますが、そこにほぼ時間差がないといいますか、ほぼ同時、一緒、といった感じです。

心の中の状態が、外側で目に見えるかたちでみせられる(わかる)のです。

そういう意味で、分かりやすいと言えば分かりやすいです。

「内側と外側が連動(リンク/シンクロ)している」
ということが明らか過ぎるくらい同時です。
そう一緒なのです。

言い過ぎかもしれませんが、
わざわざ内側をみなくとも外側にみえるじゃん、とさえ想ったりします。笑

もう、「シンクロニシティ」なんてあたりまえ状態。

聖霊の視点からみるならば、
シンクロニシティなんてあたりまっちゃあたりまえなんですけど、
ここまでそれをみせられると、
もう、そこらじゅうに聖霊が臨在しているのを認めざるを得ません。

それは、この道をそのまま歩んでいけばいいのだと知らせてくれているようで、
なによりもありがたい「道しるべ」だなと、聖霊に感謝したくなる今日この頃です。

IMG_1899.jpg