2017/04/21

放棄

私の中で心境の変化が起きています。


私は自分のセラピー能力に絶対なる自信と確信がありました。

私は、自分のセラピーで誰もを救えると思っていました。

そして、そこに使命感さえ感じていました。

でも、それってやっぱりちがうなって今は思います。

そこにはやっぱり「自分(ジブン)がしている」という想いがあったし、

もうこの世界には自分しかいないし、他人は自分の鏡だと思うのです。


ほんとうは自分がしているのではなく、神(聖霊)を通して起きているだけ。

自分はなにもしていないし、

そして、救われるべき存在とは、この自分自身だと気づくのです。


セラピーに対する自信みたいなその想いは今も変わりはないのですが、

その想いから、ついついエゴの部分の「自分がしている」という顔を出してしまいます。

でも、ほんとうはそうじゃない。

そういう想いは無いほうがいい。

むしろ、そういう想いが無い時の方が素晴らしいものがもたらされるのです。


先ほども申しましたように、

私は、自分のセラピー能力を神に与えられた才能だと思っていました。

その能力を使ってセラピーをしていくことが、自分のこの世での役割だと思ってきました。

でも、それによってアイデンティティを築き上げているのなら、

無意味なこと以外の何ものでもないと思うのです。

なにかがちがっている、、、思い違いをしていると。

むしろ、これまではその能力を武器にして、この世界を相手に戦っていたのかもしれません。

それは、生きていくために、この自分にとっては大事なものでした。

でも、もうその必要もないと内なる聖霊が伝えてきています。

ここから先は、その武器も置いていくことを選択するときに来ていることを察するのです。


「セラピスト対クライアント」という構図の心理セラピーは、

もうこの私から終わっていくのだと思います。

それは、心理セラピストとして生きてきた私にとっては死活問題ともいえるかもしれません。


「放棄」ということばが、私の脳裏に浮かんできます。

この武器を手放していくとしたら、どうなるのだろう?という想いももちろんあります。

それでも、聖霊に導かれて神の道を歩んでいくだけです。


心理セラピストとしての武器を置いて、

心理セラピーというものを手放して、

私は、新しいかたちへと移行していくつもりです。


IMG_2228.jpg


スポンサーサイト
2017/04/19

武器を置いて

今振り返れば、これまでの私と言えば、

心理セラピストとしての技量(と才能?)を最大限に活かしていくことに躍起になって、

それこそが素晴らしいことをしているつもりでいました。


でも、それは今になって気づくのですが、

それはただたんに自分がするセラピーの凄さをひけらし、

その技量を振りかざして、ある意味で強引なセラピーをしていたのだと気づきます。

それを良かれと思ってやっていたわけですが、

この今となっては、それは傲慢以外の何ものでもなかったと知るのです。


良かれという想いほど余計な想いはないと思います。

良かれという想いなどそういうものはいらない。

この世のすべてのあるがままを良しとすることが出来なかったのだと。


私は、戦っていたのです。

私は、武器を置いて、この戦いを終わりにしようと思います。


それは、心理セラピストとしての技量もスキルも手放すことになるかもしれませんが、

それでいいのだと思います。


IMG_2261.jpg


2017/04/17

真実一路

道。

それは、「わたしは道であり、真理であり、いのちである」と言われているその道のこと。


その道は、私の身において、その進み方がさらに加速していっているのがわかります。

もう引き返すことのできないところに来てしまったとすら感じています。


とは言っても、引き返そうという気もさらさらありません。

なぜなら、それはこの自分自身がもっとも望んでいたことでもあるからです。

そして、何よりもゆるぎない平安がここにはあります。


苦しみが私の中から消えていることは、まぎれもない事実であり、疑いようがありません。

それが私のさらなる確信となり、その歩みを加速してくれていっています。

苦しみの消滅、それは、自分(自我)の消滅と云っても過言ではありません。

それは、聖霊の導きであると今ではわかります。

ここから先は、この平安と共に、

サレンダーして、全託していくこと以外に道はないと強く感じています。


一筋の道を偽りのないほんとうの心をもって、ひたすらまっすぐに。

まるでそんな気持ちです。

そこに立ち返るたびに、そこには決してぶれることのない平安があります。


広大無辺なる自由な空を、ひたすらまっすっぐに。

真実一路。


IMG_2266.jpg


2017/04/15

初老の今想うこと

窓を開けたときに感じる風が、

もう今までのように寒くない春の陽気を感じるとき、

季節が次の季節へと移り変わっていっているのを実感させてくれます。


この世界ではあらゆるものが移ろい変わっていきます。


気付けば、この私も今年の秋で50歳になります。

もう半世紀もこの地上で生きたのだなと思うとともに、

自分のこの身体にもちらほらと老いを感じはじめています。


それはこの地上で生きていくかぎりだれもが経験していくものではあるのですが、

それでも、それはだれにとってもこの人生においてのはじめての体験であり、

未知の体験でもあります。

そうなってみてはじめて気づかされることが多々あります。


この身でそれを受け入れていくとき、

老いていくとはこういうことなのか、、、と、

はじめてわかること、想うこと、感じることがあるのですね。


それは自己の原点に立ち返らせてくれます。

この人生のゆくえやあとどれくらい生きるのか?それがいつ終わるのか?は、

それはすでに決まっていることで、

そういうことは神にまかせて、

今ここに生きている私は、自分の一番大事とするものをただ生きるだけ、

という想いに立ちかえらせてくれます。


いつかはこの身体もこの地上に置いていくことになっています。

その瞬間まで、私は自分の一番大事にしているものを生きるつもりです。

それは、私が「道」と呼んでいるものです。

それは、この人生が終わるときまで続くものです。


この人生が終わるそのときまで。

そして、そのときがその旅を終えて我が家に帰りつくときなのでしょう。


IMG_2275.jpg


IMG_2257.jpg


2017/04/13

2017年の桜

2017年の桜は、今週がちょうど満開の時期といったところでしょうか。


先週、自宅から車で10分くらい走ったところの白水大池公園まで桜を観に行ってきました。

先週はまだまだ3~5分咲きの桜でしたが、その日は、写真に収めるには絶好の日和でした。

そのときの写真が以下です。


IMG_2270.jpg


真っ青な空と桜のコラボレーションがとてもきれいです。


IMG_2264.jpg


公園の散歩コースを歩いている途中でベンチをみかけ、

そこに腰掛けて瞑想したい気分になったので、

そこで静かに目を閉じてしばらく風を感じていました。

その場所からみた風景が下の写真です。


IMG_2272.jpg


風を感じながら、その心はどこまでも穏やかで平安の静けさの中に入っていきました。

どれくらいの時間、そこで瞑想をしていたでしょうか。

もう時間というものを忘れてしまうほどの開放感でした。


いまここにある平安。


これでいい、、、それでいいのだ。

それに気づかせてくれる瞬間。


IMG_2277.jpg


この2017年は、どうなっていくのか?

これから私はどこへゆこうとしているのか?

それは、この私にもわかりません。

そこにはもうなんの想いもありません。

ただ、この瞬間瞬間を内なる平安へと捧げていくこと、、、

それが今の自分が一番大事にしたいことなのだと、そう思う今日この頃です。


IMG_2276.jpg

桜の蕾と半月のショット