2018/02/22

二元性世界からの脱出法

二元性の世界を知覚しているかぎり、否応なしに攻撃の対象を作り出してしまいます。

それは、この(二元性)世界においては決して避けることは出来ません。

この世界において「知覚する」ことそのものが、攻撃することを意味するからです。

それが二元性世界であり、この世界なのだといえます。


攻撃の対象を作り出すことを「投影」と言います。

本当は、ただ自分自身に向かって攻撃しているにしかすぎません。

攻撃するためにこの(二元性)世界は作り出されたと言っても過言ではありません。

そうすることで、この世界での時間の旅を続けさせようとしているのです。


自らを分裂(分離)させておくゲームを続けていたいのです。


それが、この世界です。

それゆえ、心休まることがありません。

それは、どこにもたどりつくことのない無意味な時間の旅ようですらあります。


分離したままの孤独な時間の旅を続けていたいのか?

それとも、真実なるワンネス(一なる心)へと帰りたいのか?


それを決断する力は、今この瞬間に、わたしたちに与えられています。

むしろ、孤独な時間の旅を続けることを選択し続けていることをわたしたちは自覚する必要があります。


この私自身の心のなかをみても、攻撃の対象を作り出そうとする誘惑にかられることがよくあります。

自分の思考がこの世界を作り出しているというのに、あたかもその被害者であるかのように振る舞ってしまうのです。


ときに、それがエゴ(自我)のトリック(罠)だと気づくとき、自分はこれまで無意味な戦いを続けてきたと気づかされます。


日々の日常の中で、それに気づいていくこと。

それによって「投影」することが終わり、心は内側へと向かっていくことができるようになります。

そうなっていくとき、わたしたちはこの世界の被害者ではなくなっていきます。


赦し(ゆるし)とは、そういうものだといえます。


IMG_2497.jpg

・・・・・・・・・・・・・

■お知らせ■


スカイプACIMウェブスタディ会

 2018年2月25日(日) 13:30~15:30ころまで

 お申込み受付中。詳細はこちら


2018/02/19

謙虚さ

謙虚さとは、どういうことをいうのでしょう?


あなたは神の子です。

あなたは光です。

あなたはこの世の光です。


その真実に対して「そんなわけない、、、」「そうは言っても、、、」という想いを抱くことこそが傲慢だと、イエスは言います。


謙虚でありなさい。

素直でありなさい。

真実のままでありなさい。


あなたは神の子です。

あなたはこの世に光をもたらすキリストなのです。

つつましやかに、「はい、その通りです」と認めればいいのです。


それが、今日の聖霊からのメッセージです。


IMG_2491.jpg


2018/02/18

幸せであるために

だれもが幸せになりたいと望んでいます。


でも、幸せになる、のではありません。


幸せである、ということを思い出すだけです。


幸せで在る、だけでいいのです。


あなたがどんなに落胆や失望や不安や悲しみの中にいようとも、本当はいつもそこには愛の手が差し伸べていることをあなたは忘れているだけなのです。


あなたは、いつのときも神の愛の中にいます。


神はあなたをとても愛しています。


このいまも、今この瞬間も、愛の中にいることをあなたが思い出すこと。


それが、神が望んでいることです。


IMG_2490.jpg


2018/02/17

与えられている

与えられていると感じています。

これまでを振り返ってみても、与えられていたとあらためて気づきます。


与えられている。


そして、このいまも与えられていると感じます。

歓び、幸せ、豊かさ、楽しさ、、、それらすべてが与えられていると。

もう、それらを拒むことなど出来ません。


私は、これからも与えられていくでしょう。

そしてそれは、もっと制限のないものとなっていくでしょう。


与えられる予感がします。


そう想う時、私は、これまでどれだけそれらを拒否してきたことかに気づかされます。

そして、目覚めとはそれらを思い出していくことだとも気づかされます。


楽しんで、スキップしながら目覚めていきましょう!


それが、今日の私への聖霊からのメッセージです。


IMG_2511.jpg


2018/02/16

真理によってこの世を去る

IMG_2513.jpg


すべてを放棄して手ぶらになっていくというプロセスは、一見すると、死へと向かっていくプロセスにも似ています。


なぜなら、自分のものだと思っていたものや、手に入れたものすべてを手放すという意味では同じだからです。


まさに死とはそういうものであり、ひいては、この世を放棄するとはそういうものだと私は思い込んでいたことに気づきます。


正直に申しまして、「サレンダー(放棄する/手放す/ゆだねる)」の実践プロセスにおいて、私はある意味で死へと向かっているような心持ちでいたことを自覚するのです。


たしかに私自身、実際にこの道の歩みを「生きながらにして死へと向かう」というようなことばで表現していたこともありました。

それというのも、この世を超えていくために、この世への執着を手放すために、そのような捉え方をしたほうが私にとってとても都合が良かったのです。


ただ、今となっては、そういう考え方は誤った私の信念(観念)だということに気づくのです。

そういう考え方は、まさに自我にとっての都合のいい解釈でしかないと気づきます。


それは決して死へと向うようなものではない、とハッキリ自覚するのです。

同じ「放棄する」「あきらめる」というものでも、その中味(動機)がまったく異なります。

無であるもあるのは、無でしかないということです。

もちろん、死というものも無いのですから。


「死」を象徴(シンボル)としてみるならば、それはまるでまわりから、みんなから引き離されて独りになっていくプロセスのようにみえます。

「死」とは、まさにそういうものです。

それは、ワンネス(わたしたちの本来の在り方)とはまるで真逆です。


「孤立」「独り」とは、まさに自我の誤った解釈ゆえに知覚されるものだと言えます。

わたしたちは、ずっとその被害者になってきたということです。

わたしたちは、もちろんその被害者になる必要などありません。

被害者をやめて、そこから自由になることもできるのです。


サレンダーという名の道は、死に向かうものとはまるで真逆の方向だということです。

むしろ、この道は、栄光と祝福に満ちていくものであるということに私は自覚するのです。


コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)では、こう述べられてあります。


この世界は死によって去るのではなく、真理によって去るのである。

- 『奇跡講座』テキスト第3章より  -


それは死ぬことよりも本当は簡単なことなのだと言います。

死に向かってこの道を歩んでいると思っていたのは、まさに私の勘違いでした。笑


この気づきが、これから私の見ている世界にどのように反映されていくのか楽しみといったところです。