2019/03/11

戦場を超えたところ

IMG_2819.jpg

久しぶりのブログの書き込みになります。

ここ最近、しばらくブログを書く気になれませんでした。

というのも、ここしばらくの間ずっとこの世のものではない内なる平安の中にいて、
(いい意味で)そこではあらゆるものの無意味性がみえるといいますか、
ブログの必要性を感じなくなったどころか、
正直、もうブログをやめてもいいかなという想いでいたのでした。

その内なる平安は、これまで私が感じていた(一時的な)平安とはまるでちがいます。

その一時的にもたらされる平安とはまったく別ものだということがわかります。

その内なる平安は、
「すべて(他者)と自分とは異ならない」という視点からもたらされるものだからです。

つまりは、その視点(視座)こそがコース(ACIM/奇跡講座)でいうところの
「戦場を超えたところ」だということがわかります。


高みへと引き上げてもらい、そこから、戦場を見下ろしなさい。
そこからあなたが展望するものはきわめて違ったものとなるだろう。
ー『奇跡講座』テキスト23章「戦場を超えたところ」よりー


それは、「分離はない」という一元的思考への移行が起きてこそ立ち現れてくる視座であり、
その視座(視点)からすべてを眺めるとき、
(一つの)自我がこの世界で何をしているのか?がよくみえてきます。

その無意味さ、滑稽さ、非実在性がよくみえてきます。

その視座から聖霊と共に自我を直視していくことが、
これから自分がしていくことだと気づきます。


「平安をもつためには、平安を学べるように平安を教えなさい。」
ー『奇跡講座』テキスト第6章「聖霊のレッスン」よりー


自分は、その新たなる歩みを踏み出したのであり、
それは、はじまったばかりだと感じています。


そして、このブログはここで一つの節目を迎えたと感じています。

もう終わってもいいかなという気持ちです。

ここから先は、私のことばは(必要ならば)、
どんなかたちでかはわかりませんが、必要とする人には必ず届けられていくと感じています。

ただ、このブログを閉じるのか?続くのか? 
それすら今の時点ではこの私にもわかりません。

とりあえず、これまでご愛読いただいた方々へ感謝の想いをお伝えしたいと思います。

ありがとうございました。

2019年3月11日
もりG

IMG_2823.jpg

2019/03/01

奇跡講座を学ぼうとする方へ

コース(ACIM/奇跡講座)を学ぼうと思っている方へ。


コースとはどういうスピリチュアリティなのか?


いきなり本編(テキストやワークブック)に取り掛かっても、かなり難解だと思います。


ゆえに、さまざまな解釈でコースが理解されているのも事実です。


私自身のことでいうなら、

さまざまなコース・ティーチャーやコース関連のもので学んできたのですが、

それらはあまり実践につながるようなものではありませんでした。


コースの学びがより実践的になっていったのは、

ケネス・ワプニック博士の解説するものでコースを学びはじめたときからでした。


コースの理論(形而上学)が明確に理解されていったことで、

赦しの実践がより実践的になったというふうに言うことができます。


そんな私がおススメするのは、

奇跡講座学習支援サイトの中のQ&Aを読まれたり、

ACIMサイトが提供している下記の教材を利用して学ばれるのがいいかと思います。


書籍:『奇跡講座入門』『赦しのカリキュラム』『奇跡の原理』

小冊子:『原因についてのコース』『奇跡の逆転』


はじめにコースの概念を理解する上では、この本もいいかもしれません。


IMG_2384.jpg

『この宇宙は夢なんだ ー 解き明かされる生存の秘密』

アレクサンダー・マルシャーン(著) 加藤三代子 (訳) 中央アート出版社 刊


JACIMサイトが提供するコース関連の教材を利用されると、

本編(テキスト、ワークブック、マニュアル)がより理解しやすくなると思います。


私から申しましても、JACIMサイトが提供する教材は、

コースの形而上学的な理解を深めるのにかなり役立っているのは事実です。


中でも一押しなのは、

加藤三代子さん(著)の小冊子『原因についてのコース』『思考の逆転』の二冊です。

(それでも、初心者の方にとっては難解かもしれませんが)


はじめのうちは、コースはなかなかとっつきにくいと感じるかもしれません。

それでも、コースの本編(テキスト、ワークブック、マニュアル)が

ちょっとでも理解できるようになってくるとコースの学びが楽しく感じられるようになります。


ちなみに、他のコース・ティーチャーたちのコース関連本なども出ておりますが、

それでも、JACIMサイト(『奇跡講座』学習支援サイト)のものをお薦めします。


私は、JAICMサイトと関りがあるわけではないのですが、

やっぱりJACIMサイトのものが一番コースの真意から外れていないものだと感じています。


『奇跡講座』本編を翻訳した加藤三代子さん、澤井美子さんの提供するものは、

ケネス・ワプニック博士の解説を継承しているという意味でお薦めだということです。


他のティーチャーのコース(ACIM)関連のもので学ぶのも構いませんが、

私自身のことから申しますと、

一元的思考へのシフトを追究されていくのであれば、

ケネス・ワプニック博士の解説でコースを学ぶのが一番手っ取り早いと思います。


かつて、この私もその他のコース関連の情報で学んだりしておりましたが、

実際には、まったくもってコースを理解していなかったといえますし、

なによりも、理解していないのですからコースを実践できるわけがなかったと気づくからです。


むしろ、それまではコースの真意とはちがった実践をしていたと今ではわかります。


それは、ケネス・ワプニック博士の解説でコースを学ぶようになって、

だからこそ言えることです。


コースの真意を理解せずして、コースの実践などあり得ず、

もっと言えば、赦しの実践などあり得ないと私は思います。


コースの形而上学をしっかり理解したいと思う方には、

JACIMサイトのものが一番おススメだとお伝えしたいわけです。


どうか、あなたがコースを学ぶ上で、本筋から外れていくことがありませんように。


IMG_1901.jpg


2019/02/23

身体が自分だと知覚するかぎりは

IMG_1900.jpg


今日は、「自由について」というテーマで書いてみたいと思います。


コース(ACIM/奇跡講座)に出会う以前のわたしといえば、 

この世界で自由になることを求めて、スピリチュアル探究をしていたように思います。


この世界から自由になるのではなく、この世界で自由になろうとしていたのでした。


わたしたちが「自由」というとき、

わたしたちは、いったいなにを「自由」だと思っているのでしょう?


あっちこっちいろんなところを旅行しているのをみたりすると、

いいなぁ、うらやましいなぁって以前は思ったりしたものです。


でも、旅行という現象についてよくよく考えてみると、

ただ身体が、この物質的空間であっちこっち行ったり来たりしているだけなんだと気づきます。


身体が行きたい時に行きたい場所へと物理的に行ったり来たりすることができるのを、

いいなぁって思ってるだけなんだと思うと、なんだかバカバカしいとさえ思ったりします。


それでも、わたしたちは、金銭的自由、時間的自由、物理的自由など、

さまざまな「自由」を追い求めて、

引き寄せの法則だの、願望実現だのといったものなんかに夢中になったりするわけです。


でも、この世界でいくら「自由」になったとしても、本当に自由だと呼べるのでしょうか?


結局、身体である以上、人は、老い、病、死からはけっして自由になることはできないのです。


たとえ、それがどんな自由にみえる人生であろうと、どんな幸せに思える人生であろうと、

所詮、それもこの世界の制限の中での自由であり、幸せであり、

この世界の法則に縛られたままで、なにが自由、幸せだと言えるのでしょう?


つまり、本当の自由とは、

この世界から一切影響も受けなければ、

この世界に一切影響を与えようとは思わないことを言うのではないでしょうか。


自分が身体(肉体)だと信じている限り、この世界でいくら自由を求めても、

結局のところ、自由が見出せない場所で自由を探している、ということになります。



I am not a body. I am free.

私は肉体ではない。私は自由だ。


Freedom must be impossible as long as you perceive a body as yourself.

あなたが肉体を自分自身として知覚する限り、自由はあり得ない。


The body is a limit.

肉体は一つの制限である。


ー『奇跡講座』ワークブック レッスン199』よりー



本当に自由になるとは、真のアイデンティティーを思い出す以外に道はないといえます。


そして、その真のアイデンティティーである本当の自分とは、

この世界からは一切影響を受けることのない、そういうものなのだと言うことができます。


そして、コース(ACIM/奇跡講座)とは、そういう道だと言うことができるでしょう。


IMG_2301.jpg 


2019/02/02

この道をただまっとうしていくだけ

暦も2月に入りましたね。

2019年1月もあっという間に終わったという感じです。

沖縄は、この季節でも太陽が出た晴れの日は暖かいです。

やっぱり、あったかいのはいいですね。ありがたいです。


IMG_2802.jpg


この私のことについて言いますと、

スピリチュアルという霊性の道の探求をはじめてすでに四半世紀になります。


いや、それ以上になるのかな。


仏教、YOGA、瞑想、との出会いをきっかけに、

覚醒、悟り、解脱、真理、真我、一元論、空、非二元(ノンデュアリティ)など、

そういったキーワードに導かれてさまざまなスピリチュアリティにふれてきたわけですが、

私にとって最終的にたどり着いたものがコース(ACIM/奇跡講座)だったということです。


もし、コースに出会えていなかったら、どうなっていたのだろう?

と思ったりもしますが、結局はコースに行き着いていたであろう、とも思います。


コースは、私にとってそういうものです。



あくまでも、私にとって、という言い方しかできませんが、

コースはもっとも優れたスピリチュアリティであると思っています。


これほどまでに完璧なまでにしっかりと体系化されたものなど他にあるだろうか?と。


それは、イエスだからこそできたのだと思うのです。


とうてい、人間業ではあり得ない、と。


それほど、神のもとへ帰ろうとする者にとって、

この道は完璧に仕組まれたカリキュラムだと感じるわけです。


それは、(まだまだ学びは続きますが、)私がコースを学んできて思うことです。


とはいえ、コース(ACIM/奇跡講座)の中のイエスも言うとおり、

コースは、神のもとに帰るための一つの道にすぎないという言い方をします。


神のもとへ帰る道はほかにもあるのかもしれません。


ひょっとしたなら、ただ私が知らないだけなのかもしれないということもあります。


ただ、ほかの道があろうがなかろうが、

この自分はすでにコースに出会っているわけで、

こんな優れモノはないとわかっているわけで、この道をまっとうしないわけがありません。


IMG_2804.jpg


2019/01/13

警戒していなさい

IMG_2793.jpg

この世界で幸せと感じるのも、
この世界が苦しいと感じるのも、
自分を欺いているという意味ではどちらも、同じ、だと気づきます。

この世界で幸せを感じるということ自体が狂ってると思うし、
むしろ、この世界に居心地の悪さ(違和感)を感じていることのほうが当然のことなのだと、
今の私はそんなふうに思いながら赦しを実践している状態です。

ただ、そんなふうなことを言いますと、
まるで私が絶望しているかのように思われがちなんですけど、
じつのところ、赦しの連続ではありますが、
それを実践していくことで、肉体(身体)である自分から夢を見ている自分(夢見る者)へと
アイデンティティーをシフトしていく訓練としましては絶好のチャンスといいましょうか、
むしろ、聖霊のレッスン(導き)とさえ感じられている次第なのです。

警戒していなさい!

神と神の国を守る為だけに警戒していなさい。
~奇跡講座テキスト第6章 「愛のレッスン」より~

まるで聖霊からそう促されているように感じています。

「自分は本気でこの世界から出たいので、自我(幻想)を直視します」と
私は、そう自ら強く意図したせいでもあるからだと自負しているので、
ただそれが促されているだけなのだと思って赦しを実践している次第です。

そうなんです。
ただ赦しをしていくだけ。

赦しとは、
原因に立ち返って、その原因のレベルで訂正をしていくということ。
そこにいくら不快な感覚があろうが、
自分でどうのこうのする必要はなく、それをただ聖霊のもとに運んでいくだけ。

それをしていくと、たしかに聖霊は応えてくれます。
すぐに応えてはくれなくとも、必ず、応えてくれるのがわかります。

それはこの世の幸せを求めていくような道ではありませんが、
幸せもその反対の苦しみといったものもない世界をたしかに聖霊とともにみることができます。

それは、これは愛であれは愛じゃないというような世界ではなく、
一なる世界であり、やはり、自我(幻想/戦場)を見下ろした場所からみえる世界なのです。

コース実践者にもいろんな実践のやり方があるとは思いますが、
せめて、私が実践しているコース(ACIM/奇跡講座)はそういう道です。

IMG_2778.jpg