2018/06/05

「強さ」について

ガイダンスからのメッセージです。
テーマは、「強さ(strength)」について、です。

IMG_2294.jpg

強さとは、自分自身に正直であることです。

正直でありなさい。

自分を偽るとどうなるか?自分を欺くとどうなるか?

あなたは、その嘘、偽りを隠さなければならなくなり、脆く弱い存在になってしまいます。

バレないようにごまかす必要性が生じて、
そのためにどうしても脆さが生じて、それを取り繕うための防御が必要になるのです。

そして、さらにその嘘を隠し続けていくために、
辻褄を合わせるためにさらにまたさまざまな嘘をつかねばならなくなります。

真実をこまかすとは、そういうことです。

ようするに、真実をごまかしたとき、防御が必要になるということです。
そして、 それによって脆く弱い存在として生きねばならなくなるということです。

あなたは、すでに自分自身がそうなってしまっていることを忘れてしまっています。

そうなのです。
あなたは、あなた自身に重大な嘘をついているということです。

その嘘とは、「私は人間である」「私は身体である」というもので、
自分を卑小な存在として偽っているのを自覚していません。

真の自分は一なるスピリットであり、神聖であり、光であり、神である、、、
という真実を、あなたはこのいまもごまかしているということです。

その真実を隠しながらいくら強く生きようとしても、
それは儚く脆いものでしかない、ということは明らかです。

あなたは本当の自分を偽っているということを自覚していません。

ゆえに、本当の強さというものを忘れてしまっています。
あなたは強くなる必要はありません。
強くなろうとする必要もありません。
そもそもが脆く弱く卑小な存在とは真反対な存在なのです。

「強さ」とは、ただ自分を偽ることをやめるだけのことなのです。

自分に正直になっていくこと。
それが真の自己を思い出すためにあなたがすべきことなのです。

IMG_2339.jpg

2018/04/08

信頼について

ガイダンスからのメッセージです。
テーマは、「信頼について」です。

IMG_2276.jpg

目的は何か?を忘れないように注意深く警戒していなさい。
見守っていなさい。

何のために?何の目的でこの学びを進めているのか?その目的を忘れずにいるなら、
あなたは決して乱されることはありません。
むしろ、あなたは確実な道を歩んでいるということを信頼の中で育んでいくことになります。

この世界がその目的のための「教室」であることを知りなさい。
あなたの心を動揺させるものがあるとき、
それを赦しのチャンスとするのです。
つまりは、その動揺があなたをこの世界から自由にするためのアイテムとなるということです。

もし、あなたの心が動揺するのなら、
あなたは自分で人生をコントロールできると信じているということ。
目の前に起こる局面を自分の力でどうにか対処できると信じているとき、
目の前にある問題を自分で解決しようとするとき、
あなたは「信頼」というものから離れていることになります。

自分の力でどうにかしようと、
自分でどうにかできるとあなたが信じ込んでいるとき、
あなたは、この世界からは出たくないと言っていることになります。

自分は何が最善なのか?がわからないのだと、
そして自分はそもそも人生をコントロールなど出来ないのだと知りなさい。
そのことをただ受け入れる時、
あなたの心は、この世界を超えたものに信頼を置きはじめたことになります。

自分の力でコントロールすることを手放すことが、「信頼する」ということなのです。

あなたひとりでは、何もできないということを知りなさい。
あなたはひとりでは何も成し遂げられないのです。
むしろ、あなたは自分ひとりで成し遂げる必要はないのです。

自己を超えた大いなる存在に明け渡しなさい。
任せていればいいのです。

それが信頼するということであり、その信頼からこそ奇跡という道はじまっていくのです。
信頼によって、あなたはすべてのコントロールを手放し、自分を放棄し、この世界を放棄して、
やがてあなたはこの世界から完全に自由になっていくことでしょう。

それが神の意志であり、真のあなたの意志であるのですから、
それは、必ずや成し遂げられることになります。

そのただ一つの目的のために、あなたはこの時間と空間の世界にいるのだと気づいていなさい。

それが、わたしからあなたへのメッセージです。

わたしはあなたを愛しています。

IMG_2277.jpg

2018/02/18

隠された真実

なぜ幸せでないのか?

なぜ幸せは続かないのか?

なぜずっと幸せを感じたままではいられないのか?


その答えは、いたってシンプルで、

その原因は、自分の内側に隠されています。


じつは、わたしたちは、心の無意識では幸せを拒否している、という事実を知りません。


拒否しているのは幸せだけではありません。

愛を拒否しています。

平安を拒否しています。

喜びを拒否しています。

神の性質であるそのすべてを拒否、否定しているということです。


この世界にいるということが、そういうことなのです。


幸せを求めておきながら、幸せを否定している、、、

そんな自己矛盾の中で、わたしたちはこの世界で幸せになろうとしているということです。


この世界にいるわたしたちだれもがそうだということ。


IMG_2490.jpg


2017/12/25

これでいいのだ

すべてそれでいいのです。

すべてこれでいいのです。


あなたはそれでよかったのです。

あなたはこれでよかったのです。


ゆるしは、あなたのためにあります。


ありのままをゆるしなさい。

あるがままをゆるしなさい。


裁くことなく。

咎めることなく。


聖霊にそのすべてを明け渡すのです。


2017年のクリスマスの日に。

神の祝福がありますように。


IMG_2308.jpg


2017/12/22

クリスマスを祝う季節に

自分は何もできない、

自分はどうすることもできない、

と感じたなら、祈りなさい。

そして、

自分でどうにかする、

自分でどうにかできる、

というその想いを手放しなさい。

明け渡しなさい。

ゆだねなさい。


イエスがあなたに差し伸べているその手を取りなさい。

イエスと共に父のものとに帰ることを意図して祈りなさい。


祈りなさい。


自分は神の子であることを思い出しなさい。


イエスの手を取るがいい。

父のもとに帰ることを意図するがいい。


その祈りはかならずやイエスへと届けられるでしょう。


IMG_2211.jpg