2017/08/27

「ことば」から「姿勢」への逆転

真理とは、この世を超越したものです。

そもそもがこの世を超越したものを、この世に持ち込もうとするのが、わたしたちです。


それが、「ことば」というものだと言えます。


わたしたちは、つい、ことばというものを使って、真理をこの世に持ち込もうとします。

ときに、わたしたちは、真理をことばにすることにかまけることすらあります。


そう、真理をこの世に引きずり込もうとすることは、無謀なこと以外の何ものでもありません。

それが、長い歴史の中でこれまでのわたしたち人間がしてきたことです。


真理をこの世に持ち込もうとするのではなく、わたしたちがこの世を超えて真理へと向かうことが、わが家へ帰る道だといえます。


ジーザス(イエス)は、「この世界から出なさい」とわたしたちに呼びかけています。


そして、この世のものはこの世に置いていけばいいのだと。


そんなわたしたちが、「ことば」というものを手放していくとき、そこにあるものは、その姿勢(生き方/在り方)でしかありません。

そのときこそ、真のコトバが語られるのだと思います。


真のコトバとは、聖霊のことばのことです。


ことばを超えて。

ことばから姿勢へ。


Beyond words,express by attitude.


ことばで語ることから姿勢で語るようになるとき、そのことばは聖霊によって語られるのだと思います。


私も、そうありたいと望んでいます。


IMG_2408.jpg


スポンサーサイト
2017/04/08

お釈迦さまからの祝福

お釈迦さまの誕生日の日にちなんで、聖霊からのメッセージです。


いつのときも安心してていいのです。

あなたは、いつのときも護られています。

あなたは、このいまも護られています。


たとえていうなら、

崖っぷちにぶら下がった状態で、その手を離したらまっさかさまに下に落ちてしまうと思って、

必死になって落っこちないようにしがみついて抵抗しているのがあなたで、

本当は、そのすぐ下にはお釈迦さまが両手の掌を広げて、

あなたがその手を放して身を任せるのをいつでも構えて待っていてくれています。


たとえあなたが落っこちたとしても、お釈迦さまの掌の上に着地するだけなのです。

たとえそこが底なしの闇のようにみえても、やっぱりそこはお釈迦さまの掌の上なのです。

むしろ、お釈迦さまの掌の上の方が、居心地がいいに決まっているのです。


あなたは、すでに、そしてこのいまも護られています。

自分は護られていると認めて、抵抗することを放棄してください。


あなたは、もう自分の手で、自分の力で、自分を護っていく必要がないのです。

その身を護ろうとしてきたすべての防御をここに置いていきなさい。

自分はもうなにも必要ないのだと知りなさい。

しがみついていたその手を放して、神の加護の中にその身をゆだねてゆきなさい。


お釈迦さまの愛のもとに、このメッセージは必要な人へと届けられるでしょう。


IMG_2259.jpg


2017/02/10

もしあなたが、この世界が妄想だと気づいたらどうなる

もしあなたが、この世界が妄想だと気づいたらどうなるでしょう。

もしあなたが、この世界は自分がでっちあげたものだと本当に理解できたらどうなるでしょう。

もしあなたが、自分のでっちあげた世界の中を歩き回って、

罪を犯して死んだり、攻撃して殺したり、自分自身を破滅させたりするように見える者たちが

まったく実在しないと悟ったらどうなるでしょう。

もしあなたが、この世界が自分ででっちあげた妄想でしかないということを受け入れたなら、

あなたは自分の見ているものを信頼できるでしょうか。

それでも、あなたは自分のでっちあげた妄想の世界を見たいというのでしょうか。


ー『ア・コース・イン・ミラクルズ(奇跡のコース)』テキストよりー 


IMG_2071.jpg


2017/02/02

思い出しなさい

この世界で生きることがあなたの目的ではない。


むしろ、

この世界の無意味性を悟り、

この世界を必要としなくなることが、

あなたがここに生きている目的である。


IMG_2070.jpg


2017/01/29

願望実現について

聖霊からのメッセージです。テーマは、「願望実現」についてです。


じつのところ、あなたの願望はいつも叶えられています。

あなたの願望は、すでに叶えられているのです。

その願望が叶えられた世界が、この世界なのです。


あなたは自分の見たい世界を、この世界に投影して見ているだけなのです。


それが喜ばしいものであろうと、けっしてそうとは言えないものであろうと、

その内容に関係なく、その人生、その世界を望んだのは、まさにあなた自身だということ。


願望によってこの世界をあなたにとってより良いものにしようとするかもしれませんが、

所詮、この世界は、あなたが見たいように作られた世界であり、

取るに足りない世界だということを知りなさい。

この世界は、あなたが見ている夢であり、存在しないのだということを知りなさい。

無意味です。

無価値です。


この世は、存在しない。

この世は、現実ではない。


その真理のことばが、あなたにとって癒しとなり、救いとなるでしょう。


すべての願望を手放しなさい。

取るに足りないこの世界を放棄しなさい。

この世のすべての願望を超えていきなさい。


なにも要らない。何も必要とはしない。

一切の願望がないその状態こそが、あなたが帰っていくところだと知りなさい。

そして、何よりもそれを望み、

そのようにしてこの世を超えていく者には、失敗は絶対にあり得ないのだと。


IMG_1953.jpg