2018/02/18

幸せであるために

だれもが幸せになりたいと望んでいます。


でも、幸せになる、のではありません。


幸せである、ということを思い出すだけです。


幸せで在る、だけでいいのです。


あなたがどんなに落胆や失望や不安や悲しみの中にいようとも、本当はいつもそこには愛の手が差し伸べていることをあなたは忘れているだけなのです。


あなたは、いつのときも神の愛の中にいます。


神はあなたをとても愛しています。


このいまも、今この瞬間も、愛の中にいることをあなたが思い出すこと。


それが、神が望んでいることです。


IMG_2490.jpg


2018/02/17

与えられている

与えられていると感じています。

これまでを振り返ってみても、与えられていたとあらためて気づきます。


与えられている。


そして、このいまも与えられていると感じます。

歓び、幸せ、豊かさ、楽しさ、、、それらすべてが与えられていると。

もう、それらを拒むことなど出来ません。


私は、これからも与えられていくでしょう。

そしてそれは、もっと制限のないものとなっていくでしょう。


与えられる予感がします。


そう想う時、私は、これまでどれだけそれらを拒否してきたことかに気づかされます。

そして、目覚めとはそれらを思い出していくことだとも気づかされます。


楽しんで、スキップしながら目覚めていきましょう!


それが、今日の私への聖霊からのメッセージです。


IMG_2511.jpg


2017/12/25

これでいいのだ

すべてはそれでいいのです。

すべてはこれでいいのです。


あなたもそれでよかったのです。

あなたはこれでよかったのです。


わたしたちは、だれもが、この今もすでにゆるされています。


ありのままをゆるして、父のもとへ向かいなさい。

あるがままをゆるして、光へと向かいなさい。


解放のときは、今、です。


2017年のクリスマスの日に神の祝福がありますように。


IMG_2486.jpg


2017/12/22

クリスマスを祝う季節に

自分は何もできない、

自分はどうすることもできない、

と感じたなら、祈りなさい。

そして、

自分でどうにかする、

自分でどうにかできる、

というその想いを手放しなさい。

明け渡しなさい。

ゆだねなさい。


わたし(イエス)があなたに差し伸べているこの手を取りなさい。

わたしと共に父のものとに帰ることを意図して祈りなさい。


祈りなさい。

そして、自分は神の子であることを思い出しなさい。

自分はすでに愛されていることを思い出しなさい。

自分はすでにすべてを与えられていることを思い出しなさい。

そして、そのすべてを今この瞬間に受け取りなさい。

今この瞬間に愛と栄光の中で満たされていることを受け入れなさい。


わたし(イエス)の手を取るがいい。

父のもとに帰ることを意図しなさい。

そして、そのわずかな意欲だけで十分であることを知りなさい。


(追記)

今朝、瞑想をしている最中に私は平安と共にただイエスを感じていました。

イエスは私と共にいました。

イエスと一つでした。

それは、この世のすべてを照らすほどのものずごい力強い光でした。


IMG_2308.jpg


2017/04/08

お釈迦さまからの祝福

お釈迦さまの誕生日の日にちなんで、内なるガイドからのメッセージです。


IMG_2196.jpg


いつのときも安心してていいのです。

あなたは、いつのときも護られています。

あなたは、このいまも護られています。


たとえていうなら、

崖っぷちにぶら下がった状態で、その手を離したらまっさかさまに下に落ちてしまうと思って、

必死になって落っこちないようにしがみついて抵抗しているのがあなたで、

本当は、そのすぐ下にはお釈迦さまが両手の掌を広げて、

あなたがその手を放して身を任せるのをいつでも構えて待っていてくれています。


たとえあなたが落っこちたとしても、お釈迦さまの掌の上に着地するだけなのです。

たとえそこが底なしの闇のようにみえても、やっぱりそこはお釈迦さまの掌の上なのです。

むしろ、お釈迦さまの掌の上の方が、居心地がいいに決まっているのです。


あなたは、すでに、そしてこのいまも護られています。

自分は護られていると認めて、抵抗することを放棄してください。


あなたは、もう自分の手で、自分の力で、自分を護っていく必要がないのです。

その身を護ろうとしてきたすべての防御をここに置いていきなさい。

自分はもうなにも必要ないのだと知りなさい。

しがみついていたその手を放して、神の加護の中にその身をゆだねてゆきなさい。


お釈迦さまの愛のもとに、このメッセージは必要な人へと届けられるでしょう。


IMG_2259.jpg