2018/09/18

心ごまかそうする自分にご用心

非二元(ノンデュアリティ/一元論)でいうところの

この世界は幻想(マーヤ)なんだよ、
この世界は神の戯れ(リーラ)でしかないんだよ、

だから大丈夫なんだよ、
深刻になる必要なんてないんだよ、
安心してゆだねていればいいんだよ、

ということをいくらわかっていたところで、

実際に日常の中で心が動揺した時には、
そんなことばで言いくるめようとしても、ホント無駄なんだなって実感します。

ようするに、そうやっていくら自分を言いなだめようとしたところで、
ただ抑圧、否認してるだけで、動揺している心(感情)はごまかせないってことです。

むしろ、
幻想なんだから、深刻になることはない、大丈夫、
ということばがウソくさいといいましょうか、
そうやって納得させようとして出てくることばは自我のことばだと言っていいと思います。
(ちなみに、聖霊の声は、声というよりも愛の体験にちかいです)

そういう意味で、「自分の心に正直になる」ということは、ホント大事なんだと思います。

なにせ、自我は肝心なところを隠そうとしますし、それが自我の目的でもあるのです。

自我は、大丈夫だと納得させる根拠をそろえようとするか、
もしくは、さまざまな(感情解放の)テクニックを駆使したりして
動揺した心を平常に戻そうと何かをしようとします。

というのも、動揺している心のその向こう(奥)には、
神の平安、神の愛があるから、そこに目を向けさせないようにするのが自我の目的なのです。

怖れているなら、ただその怖れを認めて、聖霊と共に直視していく。
落胆しているのなら、ただその落胆を認めて、聖霊とともにそれを直視すればいいだけ。

そうやってただ「赦し」を実践していけばいいだけなのに、
そうはさせないようにするのが自我だと気づきます。

自我に気づいていくこと。
そして、その自我を聖霊と共に直視していくこと。

自我を直視せずに、自我(幻想)から自由になろうなんて、所詮、無理なはなしです。

赦しを実践していて、ホントそう気づきます。

自分の作り出したこの幻想世界(マーヤ/リーラ)から抜け出すには、
自我を直視していくことなしにはあり得ないと深く深く納得する今日この頃です。

IMG_2669.jpg 
2018/09/15

自分に優しくなろう

自分に優しくなろうって、最近はそう思います。

「優しくなる」とは、どういうことか?と申しますと、
自分を裁いたり、咎めたりするのをもうやめて、
どんな自分であったとしてもあるがままでいようってことです。

この外側の世界に影響されて動揺している自分がいたとしても、
それでいいってことです。

怖れたり、怒ったり、不安になったり、落胆したり、みじめな想いになったりしても、、、
それでいいんだってこと。

なぜなら、その動揺している自分は、
本当の自分(真の自己)とは、一切関係がないのですから。

本当の自分(真の自己)は、一切影響されていないのです。

これまでの自分と言えば、
動揺している自分を咎めてた、裁いてたってことに気づくのです。

「動揺している自分をどうにかしなきゃ」とか
「この動揺している気持ちをどうにかしよう」っていう想いが要らないってこと。
そうやってありのままの自分を裁いていたなぁって気づきます。

たとえば、攻撃したくなる自分(自我)に気づいたとして、
その自分(自我)を咎める必要はないんだなって。

そして、攻撃したくなる気持ちも、それにただ気づいていればいいだけで、
咎めずに、そのままに(自由に)してあげればいいんだってことです。

その気持ちをどうにかしよう、その自分(自我)を変えようとすることは、
むしろ、自我を強めていく(リアルにしていく)ことなんだなって気づくのです。

ただ気づいているだけ。
そこから聖霊と共にただ正視するだけ。
あとは何もしない。咎めない。裁かない。

赦しは、静かにじっとしていて、何もしない。
 、、、ただ見て、待つのみであり、判断はしない。
 ー「ワークブック 赦しとはなにか」よりー

気づいているだけ、、、それでいいんだなって思います。

あるがままに。

なるがままに。

自分にそうさせていくなら、
きっと他者に対しても、世界に対してもそうなれるのだと思います。

もっと自分にやさしくなろう。慈しんでゆこう。

そんなことを想う今日この頃です。

IMG_2656.jpg

2018/09/11

夢の外側にいる自分

神の子であることを忘れているかぎり、
そりゃあ、この自分でなんとかしなきゃ、自分で自分を護っていかなきゃ、
という想いにかられるのは当然のことです。

ホントは、いまこの瞬間も、神に愛されその恩寵の中にいるというのに、です。笑

とはいえ、そんなこの世界の夢をみているのは、この自分であり、
もっといえば、そんな夢をみたいと欲求したから、その夢をみているのだということです.

自分以外のだれかに強制されて、この世界の夢をみさせられているのではないのです。

夢をみることが出来るのは、夢見る者自身が自分でその夢をみているのだということです。

つまりは、夢(幻想)をみたいと自らが選択したのだということ。

言葉を換えて言うならば、
神から離れて(神不在の世界をみて)みたい、と欲求した結果が、この世界だということ。

いわば、自分の心の中の一部に、
神から分離することなどあり得ないことを知っている自分がいるのに、
その(正しい心の)自分を無視したということです。

どんなに自分に嘘をついても、本当のことを覚えている自分がいます。

その正しい心(の部分の自分)を、コースでは「聖霊」というふうに呼んでいます。

神から離れた、と信じ込んでいるだけ。

そういうことがあり得ると信じ込んだだけ。

そういうことがあり得てほしいと妄想して、そしてその夢をみているだけ。

聖霊は、そんな視点からわたしたちのかたわら(夢の外側)でみています。
そして、そのことに気づいてくれるのを待っています。

というのも、訂正は、そこ(夢の外側)でしかできないからです。

そう、聖霊のところまでその自らの妄想(幻想)を持っていくことが、
わたしたちのすべきことだということです。

そして、それが「赦し」というものだといえます。

そう、ホントは、このいまも自分は神と共にいて、神の愛に抱かれているということなのです。

神の子である「あなた」へ。

IMG_2655.jpg

2018/09/07

自分に与えられた役割とは

IMG_2649.jpg

私は、コース(ACIM/奇跡講座)の学ぶが深まっていくとともに、
自分自身がどんどんと変化していっているのを実感する次第です。

ずいぶんと感覚が変わって来たなと。

神だけが実在するのであり、それ以外は無(幻想)でしかないのだということが
より腑に落ちてきたといいましょうか。

さらにも増して世界がそんなふうにみえはじめています。

自分自身、ホント、変わってきたなと。

ただ、ここではっきりと言えるのは、
その自分がいくら変化したとして、その自分とは自我であり、
その自分がどこまで変化していっても、自我でしかない、ということを忘れてはなりません。

変化するということ自体が幻想の証であり、
変化する「自分」というものは、つまるところ実在しないもの(幻想)だということです。

つまり、変化しているその「自分」とは、自我、であるということ。

一方、変わることなくずっと在り続けているものがあり、
ソレこそが、本当の自分(真の自己)なのだといえます。

ソレは、この世界の影響も受けることもなければ、
ソレは、この世界とは一切関係がありません。

変わることなくこのいまも在り続けているソレだけが、唯一実在するものだと。

私は、ソレを神と呼んだり、実相と呼んだりしています。

そして、ソレ以外はすべて幻想(夢)、つまり、無、でしかないのだということです。

ようするに、実在か?幻想か?ということであって、
ゆえに、変化していると思っているこの「自分」とは、幻想(自我)なのだということです。

そのどちらかでしかなく、その中間みたいなものはないということ。

この自分がソレ(神)になるのではありません。
この自分は、自らの本性を偽っているからこそ自分(自我/偽我)でいられるのですから。

聖霊は、その自我を使って神へと導いてくれています。

つまりは、知覚がいくら聖霊の視点に近づこうと、
分離を知覚しているかぎり、自分がしていくのはただ「赦し」なのだと気づきます。

「赦し」こそが、この自分の役割(機能)であり、
それ以外にこの世界での自分の役割(機能)などないのだと。

ただそれだけなのだと、あらためて強く自覚する今日この頃です。

IMG_2650.jpg

2018/08/13

創世記

自分は、たった一つの嘘を信じたのです。

嘘だってことをわかっていながらも、
その嘘(偽り)を信じてみたらどうなるだろう?と妄想したのです。

そして、その妄想の中に居続けたいがためにあらゆる証拠を工作したのでした。

それがこの世界です。

いわゆるこの世界は、その真相を隠すために作られているのだということです。

その真相に触れたくないのは、
たった一つの嘘を自分から信じた(選択した)ことがバレることに
怖れ(罪悪感/罪意識)を抱いているからだといえます。

でも、聖霊はそれらすべてが妄想でしかないと知っています。
嘘(妄想)を信じることはあるとしても、所詮、嘘(妄想)は嘘(妄想)でしかない、と、
聖霊は知っています。

自分で嘘を信じたことを取り消すことはできません。

嘘を信じたことすら妄想でしかない、
と知っている聖霊に取り消してもらうよう要請することが妄想からの脱出法だといえます。

つまり、「赦し」とは、そういうものだといえます。

IMG_1886.jpg