2018/12/18

プロセスの途上である

IMG_2752.jpg

もし、幸せですか?

とたずねられたなら、もちろん、私は「幸せです」と答えるでしょう。

ただ、「幸せ」というとき、その言葉の定義が人それぞれによってちがうので、
もっと正確に言い換えるとしたなら、
以前と比べたなら断然幸せを感じる時間は増えてきていますが、
完全なる(絶対なる)幸せではない、とはっきりと言えます。

そういう意味で言うなら、
まだまだ動揺(平安ではない感覚)を感じる瞬間はありますので、
真の幸せではないと言うことができます。

私にとって「幸せとは?」というならば、
不安が無い、心配がない、迷いが無い、心を惑わすものが無い、煩うものが無い、など、
そういったものが何も無い感覚の爽快感といいましょうか、開放感は、
たしかに私にとって「幸せ」と呼べるものです。

それをあえていうなら、穏やかさ、平安、静寂、、、と呼んだらいいでしょうか。

そして、その感覚は、確実に以前とは比にならないほど感じつつあります。

「いま」という瞬間にとどまるようになってきている実感も感じつつあります。

とはいえ、それもまた赦しのプロセスおける反映にしかすぎず、
つまり途上だということ。

ゆえに、目の前に映るすべてにただ赦しをしていくことに変わりはないということです。

IMG_2765.jpg

2018/12/06

苦しみとは覚醒への起爆剤

IMG_2750.jpg

(今年の)沖縄は、まだまだまるで晩夏の季節のようで、
一日中、半袖Tシャツのままでも過ごせるほどのあたたかさ(暑さ!?)です。

さて、変な言い方になりますが、
「苦しみ」というものについて想うのが、
ある意味、「苦しみ」というものを感じないと、
わたしたちは天国(神の国)には帰れないなって気づくのです。

というのも、この世界でそこそこに幸せであるなら、苦しいと感じていないのなら、
わたしたちは、真の幸せ(天国)への想いも湧き起こってこなければ、
それを望むこともないからです。

むしろ、この世界がそこそこまんざらでもないなぁって思いながら、
この世界を手放して、天国(神の国)を求めることなんてできるのでしょうか?

この世界を超えていきたい、目覚めたいと、なぜ望むのか?といえば、
もうこの世界にウンザリしているからであって、
その想いはどこからくるかといえば、苦しい、と感じているからだと思うんです。

苦しみを感じるからこそ、ラクになりたいとか、幸せになりたいといったふうに、
わたしたちは望むことができるわけで、
そこそこそれなりに幸せであるなら、
わざわざこの世界を超えていこうと想う必要がないよな、って思ったりします。

そう、天国(神の国)は、望んでこそ求めてこそ、その道は開かれるといえるからです。

IMG_2762.jpg

つまるところ、この世界はそのすべてがあべこべだなって感じます。

聖霊の思考システムからみるならば、
苦しいと感じているほうがまとも(正気)な考え方のようにみえます。

幸せでないと感じているほうが、まともだってことです。
この世界に真の(永遠なる)幸せなど無いというのは、一目瞭然です。

わたしたちはそのことにどれだけ無智なのでしょう。

「貧しき者こそ、幸いである」とは、イエスのことばです。

それは、「苦しみを感じている者こそ、幸いである」と言い換えることが出来ると思います。

だからこそ、真の幸せ、天国(神の国)に帰りたい、と望むことができるわけですから。

「求めよ、さらば得られん」とは、
望まなければ、天国(神の国)のほうから勝手にやって来ることなど無いということ。

もう、幸せに妥協はしたくないと、私は心からそう思います。

自分は(真に)幸せではない、ということを自覚することが必須だということ。

そういう意味で、「苦しみ」は、目覚め(覚醒)への起爆剤であるといえるでしょう。

真の幸せ、天国、神のもとに帰るまでは、ただこの道を歩み続けていくだけです。

だとするなら、苦しみとは、聖霊の祝福だと。

その祝福を余すことなく受け取っていくこと。

そこにこそ真の幸せへの扉の鍵があると言えるでしょう。

IMG_2759.jpg

2018/10/13

特別な教師

このスピリチュアル・ジャーニー(霊性の道)において、

もうこの今となっては、自分の外側に教師は必要ないと感じています。


そんなふうに感じる今だからこそ思うのですが、

(矛盾した言い方になりますが、)

自分の外側に教師を必要としなくなるまでは、やっぱり教師は必要である、

ということは否定できません。


なので、自分の外側に教師を求めるなかれ、とはけっして言えないどころか、

自分にとって必要な教師は必要なときに与えられているわけで、

教師を求めることについて、それはそれでいいのだと思ったりします。


これまでもそうだったように、これからも次から次へと

いろいろなスピリチュアル・ティーチャーやノンデュアリティ・ティーチャー、

ACIMティーチャーといった教師たちがこの幻想世界に登場してくるのだと思います。


ただ、この自分は、もう自分の外側に教師を必要しなくなった、というそれだけのことです。


もっと正確な言い方をするなら、

「この自分は、この幻想世界に特定の(特別な)教師を作り出す必要がなくなった」

と言い換えることができます。


それは、「もう教師は必要ない」と言いながらも、

出会う人(兄弟)だれもがこの自分にとっての教師であるとも言い換えられます。


教師とは、どこにでもだれでもがそうだと。


そこにはたった一人の教師(聖霊)がいるのであり、

そしてたった一人の教師で十分なのだということを深く理解する次第です。


この自分にとって、この残りの旅路は、

兄弟たちと出会って関わっていくということ自体が、そのようなものになっていくのでしょう。


IMG_2689.jpg

近所の散歩道

2018/08/27

この旅路がはじまった場所へ

IMG_20180124_203841_414.jpg

この旅路が終わる場所とは、この旅路がはじまった場所でもある。

そのときとは、日暮れのようにも見えるし、夜明けのようにもみえる。

夜が明けるとき、闇に光が差し込むのをあなたは見るだろう。

そのとき、あなたに目覚めのときはやって来る。

そのときは、必ずやって来る。

そしてそのとき、
あなたはけっして脆く弱く卑小で孤独な存在ではなかったことを思い出すだろう。

2018/08/18

いったいだれが目覚めるのか

自分は、よほど目覚めたくはないんだろうなと自覚します。


神のもとによほど帰りたくないのだなって。


でなければ、とっくに神の国を選択し直しているはずで、

この世界を知覚していることはないはずです。笑


神の国か?この世界か?しか選択はなく、

この世界をまだ選択しているということは、

神にのもとに帰りたくない、神を避けていたいのだということです。


そんな自分を自覚したりするのですが、

それと同時に、ふと、気づくことがあります。


その自分とはいったいだれなのだろう?と。


というのも、

この「自分」が神のもとに帰るのだと想っているということです。


そうなんです。

この「自分」だと想っている自分は、

神のみもとに帰るときにはこの世界と共に「無」へと帰していくだけなのであって、

この「自分」が目覚めるのではないのだということです。


この「自分」は、神の国に帰るその瞬間、この世界と共に消えるのです。


この「自分」とは、そういうものであるということです。


IMG_1865.jpg