2018/12/24

兄弟なしで目覚めることはできない

IMG_2829.jpg

「自分一人では目覚められない」
「兄弟なしで目覚めることはできない」

ということばは、以前だったなら、

兄弟を通してしか自分(の無意識)を知ることができないため、

というふうに捉えていました。

もちろん、そういう意味でもあると思うのですが、
最近、知覚が変わってきたせいもあって、
そのことばの捉え方が変わってきたのです。

どんなふうに変わってきたかといいますと、
違う言葉で言い換えると、
「自分だけ一人が目覚めるのではなく、自分である兄弟も一緒に(連れて)目覚める」
といった感覚でしょうか。

私が救われるとき、世界は私とともに救われる。
ー『奇跡講座 ワークブック 』レッスン295よりー

兄弟のだれかを自分以外のものとしてみることなどできないし、
ましてや、咎めることも、排除することもできないわけで、
すべての兄弟を自分として受け入れて、
そして赦して(実在しないものとして)いくことをしていくのが、
この私の機能だと自覚するのです。

それは、分裂した心を一つ一つ拾い集めては統合していくような、
まさにそんなニュアンスに近いと思います。

すべては、「分離はあり得る」と信じた自分の心の中で起こっているのであり、
その夢から目覚めるには、「分離などあり得ない」と知っている聖霊とともに、
(自分も含めて)自分である兄弟共々を咎めずにみていくことで、
「分離などあり得なかったのだ」ということを思い出していくのでしょう。

IMG_2770.jpg

この夢の中において、
イエスという兄弟がすでにそれを成し遂げてくれているのですから、
そして導いてくれているのですから、なんと心強いことでしょう。

そのイエスは、わたしたちの心にこのいまも生き続けています。

最近は、彼が私の右肩のところにいつも一緒にいる感覚すらあります。

「私は、イエスがみているようにこの世界を、そして兄弟たちをみたいのです。」

そんな祈りを込めてこの年のクリスマスをイエスと共に過ごそうと思います。

IMG_2831.jpg 
2018/12/23

キリストのヴィジョン

IMG_2755.jpg

「すべてを同じとみる」
「すべてに差異をみない」
「すべてを同一とみる」
とは、どういうふうにみたらそうなるのだろう?

という疑問がずっとあったのですが、
きのうの記事で書きましたように、
たった一つの聖霊だけしかいない、というみえ方以外にないのだなと、
そういうふうにみていくしかないのだと、当たり前のことながらあらためて気づくのでした。

たぶん、その視点こそがキリストのヴィジョンだと思うのです。

そして、イエスはきっとその視点から兄弟たちを、そしてこの世界を、
この世界のすべてをそんなふうにみていたのだろうと思ったりします。

私も、イエスがみていたであろうその世界をみたいと願うばかりです。

IMG_2769.jpg
 
いよいよ、クリスマスのシーズンの到来ですね。

この時期にちなんで、JACIMサイトの動画「V#33: 別な見方で見るクリスマス 」が
もたらされたことに感謝します。
そして、皆さんにもぜひおすすめしたいと思います。

では、メリークリスマス。


2018/10/13

特別な教師

このスピリチュアル・ジャーニー(霊性の道)において、

もうこの今となっては、自分の外側に教師は必要ないと感じています。


そんなふうに感じる今だからこそ思うのですが、

(矛盾した言い方になりますが、)

自分の外側に教師を必要としなくなるまでは、やっぱり教師は必要である、と思います。


自分の外側に教師を求めるなかれ、とはけっして言えないどころか、

自分にとって必要な教師は必要なときに与えられているわけで、

教師を求めることについて、それはそれでいいのだと思ったりします。


これまでもそうだったように、これからも次から次へと

いろいろなスピリチュアル・ティーチャーやノンデュアリティ・ティーチャー、

ACIMティーチャーといった教師たちがこの幻想世界に登場してくるのだと思います。


ただ、この自分は、もう自分の外側に教師を必要しなくなった、ということです。


もっと正確に言うとするなら、

「この自分は、この幻想世界に特定の(特別な)教師を作り出す必要がなくなった」

と言い換えることができます。


それは、「もう教師は必要ない」と言いながらも、

出会う人(兄弟)だれもがこの自分にとっての教師であるとも言い換えられます。


教師とは、どこにでもだれでもがそうだと。


そこにはたった一人の教師(聖霊)がいるのであり、

そしてたった一人の教師で十分なのだということを深く理解する次第です。


兄弟たちと出会って関わっていくということは、つまりは、そういうことなのだと思います。


IMG_2689.jpg

近所の散歩道


2018/03/30

教えるということ

わたしは神の子として祝福されている。
わたしは幸せで、安らかで、愛に満ちていて、満足している。
 ー『奇跡講座』ワークブック レッスン40よりー

それが、わたしたちの本性です。

それが、この自分にとって、真のアイデンティティーだというのに、
まったくそのようには捉えていません。

本当は、私は神の子なのに、です。
本当は、私はキリストなのに、です。

私は、これまで自分は自分自身をまったそのようには思ってなかったと気づきます。

つまり、自分は幸せで、安らかで、愛に満ちていて、満足している、、、
というものが、自分の本性(本来の性質)だとは思ってもいなかったということです。

むしろ、その真反対を自分自身で信じ込んで(思い込んで)いたのだと気づくのです。

そして、その真反対の自分を揺るがない信念に仕立てるべく、
自分はこの世界で、この人生で、ことあるたびに自分に教え込んできたと気づくのです。

それは、だれに教え込まれたのではないのだということ。
それを教え込んできたのは、まさに、この自分自身だったということです。

ということは、
この自分は、自らの本性について自分に教え直していく必要があるということです、

そして、赦しの実践によって、それが訂正されていくのだと思います。

教えることは学ぶこと。
だれに教えるのか?だれが学ぶのか?と言うなら、それは、まさに自分自身にです。

そのプロセスは必要不可欠な道なのだと気づきます。
それなしで、神のもとに帰ることはあり得ないということです。

赦しとはそういうものだと思います。

贖罪が訪れるその時まで。
その学びが終わる時まで。

この歩みは、これまで自分に教えてきたものを取り消していく道だと言えますし、
教えるとは、まさにそれをしていくことなのだと言うことができます。

IMG_1852.jpg

2018/02/19

謙虚さ

謙虚さとは、どういうことをいうのでしょう?


あなたは神の子です。

あなたは光です。

あなたはこの世の光です。


その真実に対して、

「そんなわけない、、、」「そうは言っても、、、」

という想いを抱くことこそが傲慢だと、イエスは言います。


謙虚でありなさい。

素直でありなさい。

真実のままでありなさい。


あなたは神の子です。

神に創造されたままのあなたが本当のあなたです。


あなたは、神の子(キリスト)なのです。

つつましやかに、「はい、その通りです」と認めればいいのです。


聖霊は、私にそう告げています。


IMG_2491.jpg