2018/11/12

妥協なき実践

IMG_2736.jpg

この私もまだまだコース学習の途上ではありますが、
私自身がコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を学んで個人的に感じているのは、
ケネス・ワプニック博士(FAICM/JACIM)の解説がなかったなら、
その概念を理解するのに20~30年はかかるどころか、
ひょっとしたなら、一生かかっても理解することはなかったかも、と思ったりします。

そういう意味で、ケネス・ワプニック博士の存在は、
コースを学習する者(私自身)にとってはなくてはならない存在だと思う次第なのです。

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)というものは、
概念(形而上学)の理解と実践によってその学びは深まっていくといえますが、
その概念的理解なくして日常の中で実践として適用(応用)していくことなどできないと
つくづく実感するのです。

曖昧な理解のものとでは、やっぱり、曖昧なところでの実践しかできません。
その曖昧なままの実践では当然それなりの成果を実感はするものの、
結局は、コースを学んでいるつもりでも、
学びが深まっていくならば、どんどんこの世界を幻想だとして見切っていく道でありながら、
実際は、不安や深刻さはいっこうに拭い去れていっていない、、、
ということになるわけです。

そう、かくいう私自身こそがまさにそうだったのです。
(ケネス・ワプニック博士の提唱するコース形而上学を学ぶようになるまではそうでした。)

IMG_2734.jpg  
コースの学び始めというのは、そのわずかな意欲で十分なところはありますが、
コースの学びが進んでくると、妥協なき実践が求められるようになっていきます。

その妥協なき実践こそが、真の赦しの実践だということです。

自分のことを人間である、自分はこの肉体(身体)である、と信じたまま、
真の赦しをすることはできません。

この世界は実在している(現実/リアル)と信じたまま、
真の赦しをすることはできません。

とはいえ、この時間と空間の世界のなかに自分は居ると知覚しているわたしたちは、
そのようには思って(信じて)はいません。

そう、ふだん、わたしたちは、
「自分は人間であり、この身体であり、この世界の中で生きている」と信じています。

「この世界は実在していると思いながら、あるいは、この自分は身体であると思いながら、
 コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を実践することはできない」
 とワプニック博士は言います。

この世界を超えていくことを真に望んでいるのならば、
自我(幻想)を完全に見切っていく他に道はなく、
そのためにも自我の精神力動を完全に見極めていくために(赦しをマスターしていくために)、
コースの概念的理解(形而上学的理解)は絶対に欠かせないといえます。

それをマスターせずして、真の悟りなどあり得るのでしょうか?
それをマスターせずして、アセンデッドマスターになるなどあり得るのでしょうか?

それをマスターせずして、自我を「無(幻想)」だと完全に見切ることなくして、
自分はこの世界から自由になれる、自分はこの世界を超えてゆける、など、
まともに考えても、そんな自分(自我)は狂気でしかありません。笑

IMG_2724.jpg

ときに、私自身、この道を歩んでいながら、全然楽しくない、と思うときも正直あります。
なにか紛らわせてくれる楽しいことをこの世界に探しているときも、もちろんあります。
深刻になりそうなときもあります。

それでも、やっぱりそんなときこそ学んできた概念的理解(形而上学)が、
そんな想いこそが自我(のトリック)なのだと気づかせてくれるのです。

コースを学び始めた頃は、コースはとても難解にみえます。
なぜなら、それは聖霊の思考システムから書かれたものだといえるからです。
なので、テキスト、ワークブック、マニュアルに書かれてあることがわかるようになったなら、
それは、自分が聖霊の思考システムにシフトしている証であるということができます。

ただ、自我にとって、コースに書かれてあることの一部のみを都合よく受け取って
理解することも可能ですので、
もし、テキスト、ワークブック、マニュアルに書かれてある一部分しかわからなかったり、
曖昧にしかわかっていないのならば、
自分は、まだ聖霊の視点からこの世界を知覚していないことを自覚すべきです。

ちなみに、
赦しとは、こういうものであり、こうあるべきだ、と言いたいのでもありません。
赦しというものについて、その実践において、それぞれの段階とプロセスがあると思います。

ただ、コースというこの道は、自我を、幻想を、直視していくものであり、
それらを実在するものとしたまま、それらを見切ることなく、(それらを隠ぺいしたまま)、
神のもとに帰れるわけがないということです。

妥協なき実践には、そこに妥協なき根拠(バックボーン/精神的支柱)が必須だということ。

その根拠こそが、形而上学的理解なのだといえます。

それなくして、妥協なき実践など成し得ないということです。

それは、自分自身へのメッセージであり、わたしであるあなたへのメッセージです。

IMG_2738.jpg 
2018/11/05

そうではないからこそ実践なのだ

「この世界は実在していると思いながら、あるいは、この自分は身体であると思いながら、
コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を実践することはできない」
とワプニック博士は言います。

それもその通りです。

それは、赦しの実践においても同じことが言えます。

コースの実践とは、まさに赦しの実践だと言い換えられます。

そう、この世界は実在するとしながら、自分は身体であり人間であるとしながら、
赦しなんてできるわけがありません。

ようするに、コースを深く理解していくなら、
赦しというものが、そういうものになっていくということです。

全的な「赦し」といいましょうか、それを「真の赦し」と呼んでいます。

「真の赦し」を実践している者ならば、
ワプニック博士のことばはごもっともであるということがわかるはずです。

この世界は実在するとしながら、この自分は身体であるとしながら、
コースの実践、赦しの実践をすることはできない、と。

だからといって、
かくいう私も、日常の中で四六時中そのように知覚しているわけではありません。

そうではないからこそ、実践なのだと。

そのようには知覚していないからこそ、それに気づいていくことが大事なんだと思います。

そのことに気づいたならば、そのたびにただ赦し(訂正)をしていくだけであり、
それをしていくことが自分に与えられた機能なのだということです。

これが世界だと、そしてこれが自分だと思っていたものを超えていくあなたへ。

IMG_2707.jpg

2018/10/21

「神を否定したこと」を否定する

IMG_2692.jpg

相変わらず、腰痛は続いています。

これも年齢のせいなのでしょうか。
(年齢のせいにしたがっている自分がいますが、笑)
慢性的な腰痛がこれほど続くのははじめてのように思います。

ひょっとしたら、このままずっとこの痛みは続くのかもしれない、、、
、、、いやひょっとすると、この痛みはもっとひどくなっていくんじゃないか、、、
と、そんな不安さえよぎります。

そのたびに、この自分は、未来がある(存在する)と思っていると気づきます。

むしろ、未来なんてないんだ、「いま」があるだけなのだ、と思うと、
不安がふっと消えてなくなるのは面白いです。

そうやってこれまでどれだけ未来に向かって不安を生きてきたことか!

もちろん、未来に希望を見い出す生き方をしてもいいのですが、
所詮、そこには死と絶望しかないということがわかっている今、
やっぱり、未来なんてこの世界と同様に無(幻想)でしかない
としたほうがどれほど救われることでしょう。

自我は、この時間と空間の世界をリアルにしたがっていることに気づきます。

そして、自我は、この身体が自分であるというふうにしたがっています。

私は、それを「自我のトリック(自我の罠)」という言い方をしますが、
そこで大事なことは、トリックはトリックなのですが、それと戦うのではなく、
それがトリックだと気づいたならば、
「自分が望んでそのトリックに引っ掛かりたがっているのだ」ということです。

言い換えるならば、自分が自分でその夢を見ているし、
そもそも自分がそういう夢(幻想)をみたいと願望したのだということです。

この自分(自我)は、夢(幻想)を見続けていたいのです。
ということは、自分が神(神の子)だということを否定し続けていたいのだということ。

そのことを自覚し認めたときに、訂正(真の赦し)が可能となります。

「私は、神を否定できる(ホントは不可能なことなのに)と想っていました。
 私は誤っていました。聖霊よ、どうぞ私の誤りを訂正してください」と。

わたしたちは、神(実相/真理)を否定したし、この今も否定しているのだということ。

だからこそ、夢(幻想)を知覚しているのであり、
神じゃない(神に創造されたままの自分じゃない)自分を体験しているのだということです。

神を否定したことを取り消してもらう。
それは、「自分は神じゃない」と否定したことをさらに否定すると言うこと。

そのことを、コース(ACIM/奇跡講座)の中では、
「真理の否定を否定する」(テキスト12章)ということばで表現されています。

真の赦しは、
自分はこの時間と空間からをも自由な存在であることを思い出させてくれます。

真の赦しによって、
この世界とは一切関係なく一切影響を受けていない自分を思い出すことが出来ます。

「真理(神)の否定」の否定。

赦しとは、まさにそういうものだと言い換えられます。

そして、赦しが必要なくなるまで、ただその赦しをしていくだけだと思う今日この頃です。



2018/09/17

知覚とは

IMG_2662.jpg

「知覚」ということばをいうとき、
わたしたちはつい五官の感覚による知覚のことをイメージしがちです。

ですので、「知覚が変わる」というとき、
五官で知覚する世界が変わるものと思いがちです。

攻撃してきていた人が優しくなったりとか、
うまくいかなかったものがうまくいきはじめたりとか、
目で見える状況が変わったり、とか、
たしかに、そういうこともあるといえばあるのですが、
「知覚が変わる」というのは、そういうことを言っているのではないということです。

ケネス・ワプニック博士は、
「見る」ということについて、すなわち、「知覚」ということについて

「知覚」とは、「解釈」のことである

と語っています。

つまり、「知覚が変わる」とは、「解釈が変わる」ということなのだ
というふうに受け止めると、わかりやすいし、納得がいきます。

なので、誤った知覚を聖霊に訂正してもらうことをお願いする(赦しの実践)とき、
「聖霊よ、どうぞあなたの視点で見させてください、別の視点で見させてください」
というふうな言い方で明け渡したりしますが、
「聖霊の視点で解釈させてください、別の視点で解釈させてください」
というふうな意味合いで明け渡すといいかもしれません。

http://www.jacim.com/jcm/?p=2010

IMG_2668.jpg

2018/09/14

聖霊とともに戦場の上から眺める

IMG_2652.jpg
 
不動の心。

それは、この世のものに一切揺るがされることのない心のことをいいます。

真理探究の道を歩みはじめた当初は、
「不動の心」というとき、弱い心を克服したり鍛錬していくことで、
心が強くなっていってそうなるものだと思い込んでたなぁって気づきます。

でも、そういうことじゃなかったんだって、今ではわかります。

心を強くしていくようなものでななくて、そういうこととは一切関係がないんだってこと。

変化する自分(動揺する自分)とはまったく別に、
変わることなくただ在り続けている本当の自分がいるのだということ。

たとえ、この自分は心揺るがされて影響を受けたとしても、
その自分(だと想っている自分)こそが本当は実在なんかしていなくて、
真の自己(神)は一切影響を受けていないのだということ。

そして、そっちが本当の自分だってことを思い出すだけでいいのだということです。

ようするに、心動かされてる自分は、「本当の自分」じゃないのだから、
つまり、その自分(自我)をどうのこうのしようとする必要はないってことです。

むしろ、その自分を変えよう(より良き自分になろう)とすること自体が、
自我の幻想(トリック)に付き合っているということであり、
それによって自我をリアルに(実在するものと)してしまっているということです。

そう、自分の内には、その真実を知っている聖霊がいます。

聖霊とは、神の記憶を覚えている「正しい心」の部分だといえます。

自我に気づいていくこと、そして聖霊と共にその自我を直視していくこと。
それが、わたしたちがしていくことだといえます。

コース(ACIM/奇跡講座)の中のイエスはこう言います。

赦しは、静かにじっとしていて、何もしない。
、、、ただ見て、待つのみであり、判断はしない。
ー「ワークブック 赦しとはなにか」よりー

あらためてこのことばが深く腑に落ちます。

そして、ワプニック博士のこのことばにも頷かされます。

「赦しが何をするかと言えば、この「戦場を超えたところ」に戻ってくるだけで、、、
あとは何もしないのです。
なぜなら、存在してもいないものについて為すべきことなど何もないからです。」

不動の心とは?
そして、赦しとはなにか?

今になって、そのことがよーくよくわかる今日この頃です。



http://www.jacim.com/jcm/?p=3495