2016/03/02

「苦行」という名の修行の最後の日

今日は、3月2日です。

この私にとって、きのうが、『制限ということばに意味がなくなる日』でした。

そして、今日、2016年3月2日は、『苦行という名の修行の最後の日』です。


この私にとって苦行はもう必要なくなるのです。

もちろん、これまではそれも必要だったのかもしれません。

でも、もうこれからは苦行というものは私には必要ありません。

今日は、苦行の終焉の日です。

苦行とは、我慢、努力、頑張る、忍耐、克服、抑圧、抑制、、、

自分自身をいじめて、痛めつけて、虐待して、攻撃して、鍛えて、

自らを苦しめてこそ完全になれると信じて疑わない修行、、、それらのことを言います。


わたしたちは、苦しんでこそ学び、苦しんでこそ成長し、苦しんでこそ完全になれる、

苦しんでこそ神と合一できると、信じて疑わずに、

その無知さゆえに苦しみの世界を輪廻してきたといえます。

でも、もう苦しんで行ずる修行は、もはや何の意味もない日となるのが、今日です。

今日は、それらが終わる日なのです。

今日は、その最後の日です。

苦行という名の修行は、もう必要ありません。

そこには、本当の自由は絶対にありません。

そこには、本当の幸せは絶対にありません。

そこには、本当の歓喜は絶対にありません。

そこには、悟りもありません。

解脱もありません。

神との合一もありません。

昇天(アセンション)もありません。

そこになにかあるとしたなら、そこにあるのは、満たされぬ飢えの旅であり、

潤うことのない渇きの旅であり、終わりなき時間の旅のみです。

飽くなき飢えと渇きは、争いを生み、戦いを生み、競争を生んで来た、、、

それがこれまでのわたしたちです。

そして、その争い、戦い、競争の飽くなきゲームは、今日終わるのです。


苦行の終わりです。

苦行という名の修行は、自らの完全性をすっかり忘れて、

自らを見失ってしまった者たちの幻想でしかありません。

それは、あるがままのすべてをゆるし、

あるがままを受け入れていく生き方へと移行していくことを意味します。

私は、これからあるがままをゆるす私となります。

限りなくゆるし、限りなく与え続ける私となるでしょう。

もう、厳しさは要らない。

もう、我慢も、忍耐も、努力も、頑張りも、、、何も要らない。

それは、戦いの終わりを意味します。

それは、争いの終わりを意味します。

それは、競争の終わりを意味します。

同じ車輪の中を回り続けるラットレースのゲームから、私は降ります。

終わりなき戦いのゲームから降ります。

終わりなき争いのゲームから降ります。

終わりなき輪廻から私は降ります。

それは、終わりなき時間の中のゲームでした。

私は、そこから降ります。

苦しみの終わりです。

もはや苦しみは、もう苦しみではなく、解放、自由へのアイテムでしかありません。

苦しみとは、その本質を悟るならば、それは無いのです。

二千六百年前、お釈迦さまが説いた「苦しみから脱却する道」とは、まさにこれのこと。

私は、今、その道をたどっています。

そして、苦行はもう終わるのです。

戦いは終わるのです。

争いは終わるのです。

競争も、奪い合うことも。

私は、ずっと戦ってきたことを思い知るのです。

私は、ずっと戦っていたのだということを悟りました。


私は、誰と戦ってきたのか?私が戦ってきた相手は、誰だったのか?


その相手とはこの自分自身でした。

私は、自分と、自分の人生と戦ってきたことを悟りました。

自分との戦いの終わりです。

自分の人生との戦いの終わりです。

戦いから降りた私は、いまここに平安があります。

いまここに至福があります。

いまここに歓びがあります。

いまここに幸せがあります。

もう、努力は要らない。

もう、我慢も要らない。

もう、忍耐も要らない。

もう、頑張る必要もない。

苦行の終わりです。

苦行という名の修行の終わりです。

修行とは、行を修めること。

これからの修行は、もう苦行ではありません。

もう、特別な修行は要りません。

その意味がありません。


そう、今日は、私にとって、「苦行」という名の修行の最後の日です。

今となっては、少しだけ、名残り惜しい気もしますが、私は、これで戦いを終えます。


ありがとう。

そして、

さよなら。


苦行という名の修行の最後の日に。

仏陀、覚者であられる二千五百年前のゴータマ・シッダルータに愛を込めて。


2016年3月2日

もりG


スポンサーサイト