2016/03/07

無限供給

昨年の12月半ばからはじめた一日一食の不食生活に一旦区切りをつけて、

現在は、元の食生活に戻っております。

というよりも、むしろ食べまくっています。笑

制限なく、食べ続けております。

私にはもう制限など要らない、制限などない、と思って食べまくっています。

プチ断食の反動もあるかと思うのです。

身体が欲しているのがわかるのです。

意図的に食べている、という部分もあります。

しばらくは、遠慮なく、身体の欲するままに食べようと思っています。


なにせ、不食生活をしたせいで、私の身体は見るからにほとんどほとんど肉が付いておらず、

まるで骨と皮だけの痩せ細ってしまった状態です。

ここ数日、お腹が満たされるまで食べまくっているせいか、

ようやく身体にふくよかさが戻ってきているようには感じるのですが、

まだまだ見るからに痩せています。

なので、もともと痩せてはいたのですが、とりあえず見た目にも、

できれば元の体重までくらいには戻そうと思っています。


不食を試みようと思い立って、約3か月前に一日一食の生活をはじめたわけですが、

その恩恵たるものは言葉では言い表せないギフトがもたらされたとだけ伝えておきましょう。

なにせ、予想だにしなかった。

こんなふうな展開になるとは想いもよらなかった。

想いもよらぬ人生の扉が、現実の扉が、次元の扉が開かれた、と言えましょう。

あらゆるものが、反転した。

あらゆるものが、グレンとひっくり返った。

逆回転しはじめた、、、いや、逆回転していたもエネルギーが正回転に転じた、、、

と言った方が正しいかもしれません。

なにせ、自分たちは、これまでなにを本末転倒なことをしていたのだろう!

なんて、あべこべにみていたのだろう!

今では、すべてにそんな感覚すら覚えます。

まるで、世界がちがいます。

まるで、現実がちがいます。

まるで、別世界です。

これまでとは、まるで世界がちがいます。

これまで生きていた世界とは、まるで視野がちがいます。

似たような現実にいながら、以前と同じ現実ではありません。

もう別の現実にいる感じです。

かつて生活していた別のパラレルワールドに自分が移行したような感覚を覚えるほど、

世界が似て異なります。

それは、この私自身が変わったのでしょう。

現実のシフト、現実の次元シフトとは、まさに、このことをいうのでしょう。

それは、自分の感覚で、自分の身体で、自分の現実で体験していくものですので、

コレというふうにことばで表現することが出来ません。

いや、表現するのが、とても億劫です。

面倒くさいです。

どうしても知りたいのなら、自分が自らで体験すればいいだけのことです。

今現在の私が感じていることは、たくさんあって文章にすることすらまとまりがつきません。


不食をきっかけに、自分の現実にこんな世界が開くとは思いもよりませんでした。

不食への道だったはずなのに、今現在の私は食べまくっています。笑

食べないことで、食べることの深い意味を知りました。

食べないことで、食べることの歓びを知りました。

食べないことで、歓びを知りました。

食べることは、生きることだと悟りました。

食べるとは、与えることだと悟りました。

食べるとは、自分で自分自身に与えることをしているのです。

食べるとは、受け取ること。

そして、それ以前に、自分が受け取れるようになるために、自分に与えることが必要なのです。


私は、与えます。

私は、無限に与えます。

私は、無限に与えることができます。

私は、無限に供給できます。

私は、無限供給、そのものです。

ゆえに、私は、無限供給で生き続けていくことになのるのです。


二千六百年前のお釈迦さまは、悟りを開かれる以前に、

スジャータに施された乳粥を食べ、断食、苦行の修行を放棄されました。

そして、その後、菩提樹の下でエンライトメント(悟り、解脱)されたのです。

お釈迦さまの生誕日は4月8日で、まだ一カ月ほど早いですが、

今日、私は、仏陀ゴータマシッダルター(お釈迦さま)に愛と感謝を捧げたいと思います。

ありがとうございます。




スポンサーサイト