2016/06/03

ドラマを楽しむ?それとも離れる?

ドラマや映画、ゲームなどもそうですが、

わたしたちは、それらは人が創作したものであり、

現実ではないフィクションとわかっていながら、なぜ、夢中になるのでしょう?

わたしたちは、ドラマや映画を観るとき、なにを求めているのでしょう?


わたしたちは、それが物語だとわかっていながら、

なぜ、ドラマや映画を観るのかというと、

そのときに感じるハラハラ、ドキドキ、感動といった感情そのものを体験したいのです。

泣いて、笑って、怒って、、、といった感情体験を楽しんでいる、、、

それが、わたしたち人間なのだと思います。


それは、この世界に生きている人生においても同じことが言えます。

あなたは、なぜ、この世界に生れてきたのか?

あなたは、なぜ、この世界に生きているのか?

ようするに、わたしたち人間はこの世界でのドラマが好きなのだということ。

もっと云えば、わたしたち人間は、ドラマの中での感情体験を楽しんでいるということです。

なぜなら、この世界は幻想世界であり実体なのどないのですから。


今、多くの人たちが、この世界は自分の創ったドラマだということに気づきはじめています。

それを、スピリチュアルの世界では、

「目覚め」「悟り」「覚醒」などということばで言い表しているわけです。


この世界は、わたしたちが創り出した3次元時空の壮大なドラマの舞台です。


さて、目覚めた人たちは、この世界の現実はドラマだとわかっていながら、

その後の生き方としては、大まかに分けて二通りあるように思えます。

その一つは、この世界はドラマ、フィクションだと気づいていながら、

そのドラマを楽しむという生き方。

もう一つは、ドラマに飽きて、もうそれに楽しみを感じなくなり、

この世界から自由になって遠離していくという生き方です。


そのどちらが正しいとか間違っているとかというものはありません。

そのどちらもがどのみちこの世界から遠離していくことになっているのです。

ただ、それがこの人生か、いつかのときか、のちがいだけです。

時間の外からみれば、どちらも、さほど変わりはないのです。


わたしたちは、ドラマが好きなのです。

もっと正確な言い方をすれば、

自我はドラマが好きなのです。

自我はこの世界でのドラマを体験し続けたいのです。


この人生で、あなたが目覚めていくとするならば、

ドラマを楽しむのか?ドラマから遠離していくのか?


あなたは、そのどちらを選択するのでしょうか?


スポンサーサイト