2016/07/28

セッション後の変化

先日、東京から福岡の私のところまで、セッションで私に会いに来られたAさんから、

その後のご自身の変化の報告を兼ねたメールをいただきました。


そのメールを読んで、私は、そのAさんの変容ぶりに素晴らしいと感じました。

その変化についての詳しいことは書かれてはありませんが、

その文面から、ことばにして書かなくともその変容ぶりがありありと伺えます。


>たとえ、この感覚が失われても大丈夫、というような感覚もあります。


そこには、本当の自由さと力強さと美しさすら感じます。


自分の歩んでいく方向はこれでいいのだ!という啓示めいた確信を、

そんなAさんを通してみせてもらった気がしています。

ありがとうございます。


ということで、Aさんご本人にご了承をいただきましたので、

そのメールの内容を、セッションの感想・体験談としてみなさんにご紹介したいと思います。


興味のある方はどうぞご覧くださいませ。


・・・・・・・・・・・・


<Aさんのメールより>


もりG(ジーニー)さま

先日、ダブルセッションにてお世話になりましたAです。
その節はたくさんのお心遣いを賜り、本当にありがとうございました。

久しぶりにお目にかかったジーニーさんは
とても・とて~も、やわらかいエネルギーを発していらしたのが
とにもかくにも印象的でした。

セッション後・・わたしにとって喜ばしい変化が内面で起こっています。

そのことがあまりに嬉しかったので、
ジーニーさんにお礼をいいたい!と、メールをしたため始めたのですが

自分の内面に起こったことを説明しようとすればするほど
文章構築のための思考が止まり、キーボードをうつ手が止まるのです。
何度か試みたのですが、同じことの繰り返しでした。

ジーニーさんに内面世界を解説する、というより
ただただ、喜んで生きてます!とアピールしたいだけなのかもしれませんね(笑)

あいかわらず心は揺れますし、出来事に対して激しくネガティブな反応もします。
物質的に何かが大きく変わった、ということもありません。

でも
わたしはこの体で生きることを喜んでいます。


たとえ、この感覚が失われても大丈夫、というような感覚もあります。
これからが、静かに楽しみです。

なんだかまとまりのないメッセージになってしまいましたが・・
お付き合いくださりありがとうございます。

ジーニーさんとの再会も心から楽しみにしております。


(Aさん 東京 女性)


2016/07/22

目覚めとは

人は、つねに自分の経験こそが真実であると信じ込んで生きています。


言い換えるなら、

自分が真実とする(信じ込んでいる)ものを経験しているのが、この世界です。


皮肉っぽく申せば、この世に生きているわたしたちは、みんな自分自身を騙しています。

自分で自分自身を欺いているということです。

自分騙しの魔術師、詐欺師と言ってもいいでしょう。

あたかも妄想を現実と思い込ませている天才詐欺師です。


わたしたちはみなそれぞれの人生の中で、自分に欺かれながら生きています。

そして、欺かれている者同士で相互に騙し合い、

また騙され合いながら作り上げられたのがこの世界です。


まさに狂気の者たちの住む世界で、

あなたもこの私も、その自我の狂気のまやかしに加担しながら生きているといえます。


ただ、そうは言っても、

そのことに同意して、お互いに体験しているのがこの世界ですから、

だれの人生も否定するものではありません。

だれの生き方も非難するものでもありません。


この世界は「心」の世界なのです。


つまりは、スピリチュアリストであろうが、スピリチュアリストでなかろうが、

唯物主義者であろうが、無神論者であろうが、だれもが「心」の世界を生きていると言えます。


結局は、すべてをそう見ている、そう思っている、そう信じているのは、「心」なのですから。


自分が自分の見ている夢(幻想)に騙されているだけなのです。

それが、この世界です。


だとしたなら、あなたはそんなこの世界から自由になりたいと望むはずです。


「目覚め」とは、そういうものだということが出来ます。


IMG_2137.jpg


2016/07/06

全員が尊い光の存在

継続セッションを受けられているCさんから、セッション感想のメールをいただきました。

Cさんのご了承のもとに、いただいたメールのまま公開させていただきます。

ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・


<Cさんからのセッション感想のメール>


もりG様


まだ、脳が追いついてない状況ですが、今日はホントにびっくりするような内容になり、驚いております。

小学生の記憶から産まれ落ちる時の絶望感にまでなり、私は予定日をかなり過ぎて産まれたと聞いていたのを思い出しました。

そして、胎児の記憶、子宮、人類と集合意識まで広がり、なぜ自分が女性として生まれたかがわかりました。

ずっと女性が忌み嫌われて、不浄のものとされ、虐げられてきた悲しみ、悔しさ、憤りを感じ、自分の中で解放することができました。

そして、女性だけでなく、全員が尊い光の存在であることに気付き、感動し、胸がいっぱいになりました。
ホントに素晴らしいですね~。

私はこれから、光の方をみていきたいと思います!
そして、みんなの光に気付くお手伝いをしていきたい。
自分自身ももっと輝いていきたいと思いました。

もりGさんにまたお会いするのが楽しみです~。
今日はホントに素晴らしいセッション、ありがとうございました!
やはり、すごいですね!!
身体の中の細胞が喜んでます。
感謝、感激、嬉しくてたまりません。
次回も楽しみです。


(大分 女性)


個人セッションのご案内

個人セッションの感想・体験談