2016/07/22

目覚めとは?

「目覚め」とは、何なのか?


人は、つねに自分の経験こそが真実であると信じ込んで生きています。

言い換えるなら、自分の真実とするものを経験しているのが、この世界です。


皮肉っぽく申せば、この世に生きているわたしたちは、みんな自分自身を騙しています。

自分で自分自身を欺いているということです。

自分騙しの魔術師、詐欺師と言ってもいいでしょう。

あたかも妄想を現実と思い込ませている天才詐欺師です。

それが、自分だということです。


わたしたちはみなそれぞれの人生の中で、自分に欺かれながら生きています。

そして、欺かれている者同士で相互に騙し合い、

また騙され合いながら作り上げられたのがこの世界です。

まさに狂気の者たちの住む世界で、

あなたもこの私も、その自我の狂気のまやかしに加担しながら生きているということです。


ただ、そうは言っても、

そのことに同意して、お互いに体験しているのがこの世界ですから、

だれの人生も否定するものではありません。

だれの生き方も非難するものでもありません。

狂気のこの世界から目覚めるのも、

あるいはこの世界にどっぷりつかるのも、自分の望んだ体験をしているだけです。


なにせ、この世界は「心」の世界なのだということです。

もっと言えば、スピリチュアリストであろうが、スピリチュアリストでなかろうが、

唯物主義者であろうが、

結局は、すべてをそう見ている、そう思っている、そう信じているのは、「心」です。

心が幸せなら、この世は幸せな世界です。

心が苦しいのなら、この世は苦しみの世界です。

極端にいえば、そこがどんなに地獄のような世界であろうが、

心が幸せであるならば、そこは地獄ではなくなります。


自分が自分の見ている夢(幻想)に騙されているだけなのです。

それが、この世界です。


だとしたなら、あなたはそんなこの世界から自由になりたいと望むはずです。


「目覚め」とは、そういうものだということが出来ます。


IMG_2266.jpg