2016/08/31

死後の世界について

マスターからのチャネリングメッセージです。テーマは、死後の世界についてです。


この世界は、あなたの心が投影した世界だ。

あなたのからだ(肉体)もそうだ。


では、あなたのからだ(肉体)が死を迎えるとどうなるのだろう?

あなたが肉体の死を迎えたあと、その後どうなるのか?


肉体の死後も、あなたは意識として存在し続け、

あなたが夜に眠っているときにみる夢のように、

あなたは、この世界で生きてきた習性に従ってそれまでと同じように、

その次元の世界で自分の心をその世界に投影し続けるのだ。


死後などない、死んだ後はなにもなくなるとそう信じているのなら、

あなたは、その自分の信じ込んだまま、その世界を体験することになる。

あなたは、その世界が、どんな世界かわかるだろうか?

そこは、虚無で、暗黒で、孤独で、まさに無間地獄と呼ばれている世界である。

ただし、その世界すらも、自分の心が作り出した世界にしかすぎないことを忘れてはいけない。


いずれにせよ、あなたは、どんなかたちにせよどこまでいっても存在し続けるのだ。

なぜならば、あなたの本性は、永遠なる存在であり永遠なる命であるからだ。

それが、あの世であろうが、この世の未来か?過去か?いつの時代かであろうが、

からだ(身体)を持って(投影して)、あなたは存在し続けることになるということだ。


ちなみに、この世(物質世界)に肉体を持って(投影して)存在することが、

輪廻転生と呼ばれるものである。

あなたは、この時間と空間の世界において、

そうやって生と死の輪廻の循環を繰り返してきたわけである。

しかも、ほぼ無意識的にだ。

それは、あなたがその輪廻から脱するまで、けっして終わることのない旅でもある。


結局、あなたは自らの心の習性にならって、

この物質次元でも、あの世と呼ばれる死後の世界でも、

その次元の世界に自分の心を投影し続けているだけだということである。


では、なぜあなたは自らを投影し続けるのか?


それは、あなたが自らが分離したからだ。

あなたは、分離した自分を(外に)みているのだ。

ゆえに、あなたは、分離したあらゆる自分を整理していく必要があるのだ。

「必要がある」という言い方も語弊があるが、

この世、あの世が存在するのは、そのためにあるようなものなのだ。

そうやって、あなたは、本来の自分へと戻っていくのだ。


あなたは、本来の自分に戻りたがっている。


あなたは、まず、そのことを自覚する必要がある。

あなたは、意識的に、それを望むある必要がある。

あなたがそれを望まなければ、それは叶えることが出来ないからだ。

そして、今、あなたはそれを望む場所(時空)にいることを知っていただきたい。


この世界は、あなた自身が創った世界である。

あなたの心が投影された世界である。

あなたが自分の心を整理していくならば、投影は終わっていくのだ。

投影が終わっていくとは、時間というものがなくなっていくということなのだ。

あなたは、未来という時間を創造することが終わっていく。

あなたには、未来というものがなくなっていく。

そして、過去というものもなくなっていき、いま、だけに存在するようになる。

そのとき、あなたは、この時空の旅を終わることになる。

そして、あなたはいなくなる。あなたはすべてになる。

あなたは一なるそれとして在るようになる。


あなたが、いまここに生きているのもそうなるためなのだということを知りなさい。


非二元を悟って終わりではないのだ。

非二元を悟った者の中でも、そのまま二元性の世界にとらわれる者がいることを知りなさい。

彼らは、生と死の輪廻の循環を超えていこうとはしない。

非二元の本質を忘れて、自らが投影した世界の中にとらわれていくのだ。

自分がみている幻想の世界から、離れなさい。

自分のみている世界を放棄して、あるがままに自由にしてあげなさい。

そして、自分をゆるしなさい。

自分を解放しなさい。


目醒めよ。

そして、死後の世界も、今生きているこの物質世界も、

自分の心が投影した幻想の世界としてはどちらも同じであることを悟りなさい。

それは、今、生きているこの世界も、死後の世界となんら変わらないということだ。

言い換えるならば、この世界こそ、死の世界である。

なぜならば、あなたは、いずれ死ぬからだ。

時空を超えたところからみたならば、あなたは、死んでいるのだ。

自分は死んでいてすでにあの世にいることに気づかずに、この世界こそが現実だ!と、

そう固く信じ込んでいる死者となんら変わらないのだ。

今、自分は死んでいる世界にいることに気づきなさい。

この世界は、死後の幻想世界と何ら変わりないことを悟りなさい。


今このときこそ、あなたは、死後の世界にいるのだ。


あなたは死なない。

あなたは永遠なる存在である。

あなたはこの時空を超越した存在である。


死者よ、目醒めるがいい。

今いるこの世界こそが、あの世なのだ。

死後の世界は、今あるこの世界なのだ。

今を、そして、この世界をそのように生きはじめるとき、

あなたは、この幻想の世界から解放されていくのだと知りなさい。


スポンサーサイト
2016/08/29

遠離一切顛倒夢想究竟涅槃

般若心経の一節にこんなことばがあります。


「遠離一切顛倒夢想(おんりいっさいてんどうむそう)

 究竟涅槃(くうぎょうねはん)」


本末転倒しているあらゆる妄想から離れよ、

そして、なにものにも揺ゆらぐことのない絶対なる平安なる心の境地へと至れよ。


それは、生涯をかけて向かう道であり、還っていく方向である。


それは、あなたがスピリット(霊)へと還っていく道でもある。


あなたが、自分がスピリットだと悟るとき、

そのとき、あなたは、この物質世界のすべてにスピリット(霊)をみるようになるだろう。

そして、あなたがスピリットへと戻っていくとき、

あなたの身体とこの物質世界との境界線がなくなっていくのがわかるだろう。


この物質世界は、けっして堅固ではないことを知りなさい。

むしろ、絶対なるものとは、あなたの内にある大いなるそれであり、

この物質世界とは、もろくはかない何の意味もない夢だと悟りなさい。

その肉体もこの物質世界もすべてスピリットへと返しなさい。

この物質世界の幻想から離れなさい。


その先には何があるのか?


あなたがこの人生で真に求めているものは、それだということを思い出しなさい。


あなたは、この世界を通り過ぎて、その先へと導かれていくだろう。


風に導かれていくがいい。

風向きを道しるべに、その風に吹かれてゆくがいい。


自分は、どこに向かっているのか?

どこに行こうとしているか?思い出しなさい。


2016/08/24

この旅の最終的なゴールとは

あなたは、自分の本質に関わる大事なことを忘れています。


あなたは、自分はいずれ必ず死ぬとわかっていながら、なぜ生きるのでしょう?


遅かれ早かれ「死」というものは、いずれあなたの現実に訪れてくるのに、

そのことに目を向けないのは、あなたは自分の真実に気づきたくないからだといえます。


死を迎えたあとに、自分の真実に気づくのも、それもいいでしょう。

でも、あなたは、肉体の死を迎える前に、

生きながらにして自分の真実に気づく選択肢もあることを知ってください。


あなたは、自分の真実を忘れています。


あなたがその自らの真実に目覚めたならば、

あなたは、何もする必要がないことを悟るでしょう。

あなたは、何も要らないのだということを悟るでしょう。

あなたは、すべては望み通りだと知っているし、

いつも満たされているゆえ、これ以上の何かを望む必要がないのです。


望むものなど何もない。

これでいいのだ。

何も無い。


あなたが、真理、覚醒、悟り、スピリチュアルな目覚めを求めているのなら、

あなたが、究極、いずれなっていく状態とはそういうものだということを、

どうぞ知っておいてください。


2016/08/23

内なるスピリットに導かれて

あなたは、何のために生きているのか?


あなたは、何のために、この時代に、この地球に生まれてきたのでしょう?


なぜ、あなたは他の誰かではなく、あなたなのでしょう?


そんなことを自分自身に問うたことがないでしょうか?

いや、あなたは、きっと、そんな問いを抱いたことがあるはずです。

なぜなら、その問いこそが、あなたの内なる魂(スピリット)の導きであるからです。


あなたの内なる魂(スピリット)は、いつもあなたを導いています。


自分は、何のために生きているのか?


自分は、何をするためにここにいるのか?


その真実を探究していきたいという想いがあるのならば、あなたは確実に導かれています。

もし、そうならば、

あなたにとって、生きるということが、そういうものになっていきます。

それを探究していくことで、

あなたは、すべてのものに、すべてのなかに、キリストをみるようになるでしょう。

あなたは、あらゆるものに、あらゆることに、神をみるようになるでしょう。


それによって、

あなたは、自分がキリストであることを悟るでしょう。

あなたは、自分が神であることを悟るでしょう。


あなたの歩む道が、そういうものであることを、

あなたの内なる魂(スピリット)は知っています。


2016/08/19

痛みについて

あなたがスピリチュアルを求める理由はなんだろうか?

あなたがこの人生で本当に求めているものは何なのか?よく思い出してほしい。


あなたは3次元的なこの世界で豊かになりたいのだろうか?

あなたはこの世界で人生をより良いものにしたいのだろうか?

それとも、あなたが求めているのは、もっと崇高な何かなのだろうか?


人生がそれで満足ならば、それはそれででいいのです。

でも、あなたが満たされていないのであるのならば、

それは、人生が上手くいっていないからなのではなく、

あなたはこの世に生まれてくる前に設定したある目的があることを忘れているからです。

そのことにあなたが気付くために、あなた自身への導きのサインとして、

それは自らの内面からやってくるかたちで不快な感情や感覚を覚えるのです。


あなたが感じているネガティブな感覚や感情は、

そういうったものをあなたが忘れているがゆえに、

エネルギーの歪みとなって顕れてきているのだということを知りなさい。


そのサインに気付かなければ、あなたは、それを「痛み」として感じるようになるのです。

それが、精神的であれ、肉体的であれ、

あなたはそれに気づくまでそれと向き合うことになるのです。

その「痛み」は、嫌って排除するものではなく、愛すべきものであることを知ってください。

もし、「痛み」があるのならば、それが精神的で、肉体的であれ、

もう、あなたには猶予がないということを知ってください。


痛みは、あなたの魂を呼び覚ます導き手です。

苦しみは、あなたの魂が本当の自分へ回帰するための導き手です。


不快な感情、不快な感覚、そして、痛みは、

<わたし>からあなたへの呼びかけだということを知ってください。


<わたし>の声を聴きなさい。

<わたし>を思い出しなさい。

<わたし>は、あなたの内なる声です。

<わたし>は、あなたを愛しています。

いつもずっとあなたとともにいます。あなたを見守っています。


内なる感覚に従って。

内なる<わたし>の声に従って。

あなたの本当の人生の目的が何であったか?

思い出しなさい。


あなたがこれからどこへ向かおうとしているのか?

それは、あなたの想像をはるかに超えたものであるということを知りなさい。

あなたは、あなたの道があります。

その道をあなたが歩んでいけるように<わたし>はここにいます。


感じなさい。内なる<わたし>を感じなさい。

そうすることで、あなたの道は、<わたし>によってこれから開かれていきます。


<わたし>は、あなたです。

<わたし>は、あなたを愛しています。


2016/08/16

真我

真我とは、真の自己のことであり、神です。

いわゆる、本当の自分、あるがままの自分、素の自分というものです。

そう、あなたの内には、葛藤も屈託もない純粋なあなたがいます。

その真のあなた(真我)を見つけ出す必要があるということです。

真我は、あなたの内にいます。


私のセラピー経験から申しますと、

真我とは、だれもの心の中に隠れているインナーチャイルド(内なる子ども)だと言えます。

まさか、インナーチャイルドが真我だなんてわかっている人は、きっと少ないでしょう。

でも、本当はそうなんです。

そして、ほぼみんなと言っていいくらいほとんどの人の心の中で、

インナーチャイルドは抑圧されたまま癒されないまま忘れ去られた状態になっています。


自分を愛せていない人の心の中には、癒されていない子ども(インナーチャイルド)がいます。

その子は、あなた自身によって思い出してもらって、癒されたがっています。

そのために、あなた自身の人生においていろいろと問題やトラブルを引き起こしていきます。

自分を愛することができないあなたは、

自分の内なる子ども(インナーチャイルド)を見つけ出し、癒していく必要があるのです。

そのときはじめて、あなたは、自分を愛せるようになります。

あなたはありのままの自分をゆるせるようになります。

インナーチャイルドが癒されることなしで、自分を愛そうなんて無理です。

むしろ、そんなことをするならば、自己の中に葛藤を生み出し、

自分の人格が分裂することになります。


インナーチャイルドは、本当の自分です。真我です。

内なる子ども(インナーチャイルド)と向き合っていくならば、

誰もが子どもだった頃の自分の感覚を思い出し、

子どもの頃の自由奔放な心を思い出すことが出来ます。

しかも、この内なる子供(インナーチャイルド)は、とても賢明です。

その子は、すべての生命が繋がっていることを感じ、愛の本質を知っています。


わたしたちは他者との関わりの中で大人になっていくにつれて、

理性を重んじるようになり、子どもの部分の自分がどこかに隠れてしまったのです。

それによって、本当の自分ではない自分を生きはじめたのです。

その自分を心理学では、ペルソナ(仮面を被った自分/パーソナルの語源)と呼んでいます。

その仮面を被った自分が、自分自身を攻撃し、自分自身と戦うことになるのです。


内なる声(導き手)に従えるようになるためには、この内なる子どもが必要なのです。

あなたの内なる子どもに耳を傾けてください。

内なる子どもとつながって、その声を聞いていくことで、

あなたは、聖霊の声を感じ取れるようになっていきます。


インナーチャイルドは、あなたの真我です。

インナーチャイルドは、あなたの内なる神、聖霊(導き手)であることを知ってください。


どうか、あなた自身の中にその真我、本当の自分をみつけて、

そしてどうぞその声に導かれていってほしいと願います。


IMG_1790.jpg



2016/08/13

深刻さと分離意識

「自分はこの大きな宇宙空間の中に一人の個として生きているちっぽけな存在である」

というふうにみている意識状態が当たり前の感覚ならば、

あなたにとっては、この世界がなんとも息苦しい世界にみえることでしょう。

だとしたならば、あなたはこの宇宙である時空間を勘違いして捉えています。

それだけではありません。

そんなあなたは、この世界について、

もっと言えば、自分自身についてすらもなにもわかっていないことになります。


真実は、あなたの中であなたによって隠されています。


自分とこの世界が分離して存在している、

というふうにみている世界観は、分離意識を生み出します。

その分離意識が強ければ強いほど、あなたの生きている人生は深刻なものになっていきます。

分離した意識のその極みは、生きながらにしてこの世が地獄にさえみえてきます。

でも、たとえそんな状況であろうとも、

真実はそうではないことを知っておいてください。

この世のすべては、この世の現実は、

そのすべてが自らの分離意識によって創造された世界だということをです。


どんな嫌な人であろうが、どんな醜くく卑しい人であろうが、

どんな敵にみえる人であろうが、どんなに自分に攻撃してくる人であろうが、

そのすべてが自らの分離意識が外の世界に投影されたものであるということです。


「他人は自分の鏡」と言いますように、

世界や他者は、この自分とはなんら分離した存在ではないということです。


いわゆる、すべては一つ、すべては自分。


そのような非二元の知覚に修正されていくために、

仕事、お金、人間関係、家族関係といった現実面にそれが起きているかもしれません。

あるいは、病気やケガといった身体面に起きているかもしれません。

心の中は、不安、心配、憤り、といった精神面においてネガティブな感情が

どんどん湧き上がってくるようなことが起きているかもしれません。

とはいえ、そのいずれの問題と思われることも、

ただあなたの分離意識から創りだされたものだということです。

それは、自分の内面の無意識が外に投影されただけのものです。


あなたの人生は完璧です。

あなたが体験しているものは、すべてあなたが分離意識から目覚めていくために、

そして、あなたの真実に目覚めていくために神の計画によって設定されています。


あなたが深刻さを感じているのならば、あなたは知覚を誤っているということ、

つまりは、この世界を勘違いしているということです。

この世界は、自分の心が投影した世界であることに気づいてください。

それは、深刻にならないでください、と言っているのではありません。

むしろ、深刻になっているときは、

この世界に投影した自分の心の方と向き合ってください。


そこにあなたが目覚めていくヒントがあります。


2016/08/10

非二元と悟り

非二元や悟りといったものについて、

最近は、多くの方々によってさまざまなことばで発信されるようになってきています。


正直に申しますと、一時期、私は、そういったものを目にすると、

なんともいいようのない違和感のようなものを感じてなりませんでした。

でも、最近では、それぞれにそれぞれのスピリチュアルの探究の道あり、

その人にはその人の表現があるのだとそう思います。


たしかに、非二元、悟りとは何か?について知識として知ることは大事だといえます。

なぜなら、かつての私も、たくさんの本を読んではその知識を学んできたからです。

そして、その体験をしたとき、それらの知識が役に立ったからです。

ただ、体験的に学ぶまでは、私はそれらの知識によって頭ばっかりで生きていたのも事実です。

現実がともなわっていない、地に足がついていないスピリチュアリズムといいましょうか、

苦しみを感じているのに、それと向き合おうとしないで、

そういった本を読んでは、そういう知識やことばで一時的に癒されたような気持ちになって、

自分の感じている感覚、感情をごまかしていた、紛らわせていたようにも思うのです。


そういう経験をしてきたがゆえ、非二元、悟りとは何か?について知識で知ることよりも、

自分の内面(ハート)で感じていることに敏感になって感じていくことの方が、

より大事だということを身に染みて思うわけです。

とはいえ、それは私のプロセスにおいての経験であるゆえ、

非二元や悟りといった言葉としての知識を必要とすることもそれもそれでいいのだと思います。


結局は、私はその自分の経験を活かして、

私なりのことばで発信をしていけばいいのことです。


私は、正直、非二元だとか、悟りだとか、そういうものにもうウンザリしています。

むしろ、そういったものを私は手放したいと思っています。


非二元や悟りというものが、

自分のアイデンティティ(自我)を支えている可能性があるということです。

だとしたなら、そんなものは要らないということです。


2016/08/04

大切な「今」を生きたいと

個人セッションを受けられたCさんのセッションの感想をご紹介したいと思います。

ご本人のご了解のもと、いただいたメールのままをご紹介したいと思います。

ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・


<Cさんのメールより>


森川様

先日はお世話になりました。
前回のセッションがとてもすごかったので、体調不良になるほどだったのですが、

今回はより軽く、エネルギーも柔らかくなったようなセッションだったかなと思います。

自分でも気づいておきながら、しっかりと向き合えてなかった感情。
8月は「ネガティブを感じましょうキャンペーン」だそうなので、しっかりと向き合います!笑

今まで、よくマリア様は登場したのですが、今回はキリストでした。

キリストの光に包まれて身体を通して地球に繋がった時、

なんともいえないほど気持ち良かったです。

イヤな感情と向き合ったにもかかわらず、

清々しく、穏やかな柔らかいエネルギーに包まれました。

これならば、しっかり向き合えます!
イヤそうに見えて、意外にご褒美のような!?

それと、今まで、どこか未来に向かって「今」を修業のように生きていたのかもと思いました。

わかってはいるものの、やはり今より良くなった未来を夢見ているようなので、

大切な「今」を生きたいなと。

それともう一つ、

今すでに十分過ぎるほどあるのに、なくなるかもしれないという思いは滑稽ですね~。
でもそこに恐怖や不安があるんですね。

いろいろ理屈をつけずに、素直に心開いていきたいです!

思考を停止する。
とにかく、感じる。

今までのクセもでるかもしれませんが、やっていきます。

そして、今を生きるを意識してみます。
そんなあたりまえのことができてなかったなと思います。

また、経過報告しますね。

(大分 女性)


2016/08/04

2016.8 セッション後の感想より

個人セッションを受けられた方々のセッション後の感想をご紹介したいと思います。

興味のある方は、どうぞ。



全てがつながっていますね。そしてこれが今のわたしの世界。受入れます。全てが露になっているのだと思っています。今、全てが繋がっている世界を体感しています。それをもりGさんに伝えたいな、と思いました。ありがとうございました。

(東京 女性)


ありがとうございました!今、自分を鏡で見て久々にいい顔してるなー♡って思いました。顔まで変わっていくんですね。与えること=与えられることなんですね。なんだかワクワクしますね。

(神奈川 女性)


アトピーだった肌が、古い角質が落ちて脱皮途中のような感じです。病んでた部分が日を追う毎に少しずつ再生される感じなので、身体の(生命)エネルギーがそちらにいっているのかもしれませんね。以前よりはゆったりと生活できているので、自分で自分を縛らないよう、心のクセに気づいていきたいです。

(大分 女性)


いつも自分一人ではとても向き合えないテーマをセッション頂き、ありがとうございます。昨日は、やはりかなりエネルギーが動いたようで、子宮が痛くなりました。また、体で感じるというのが、今まで思っていたのとは違うと気付けたのが、とても良かったです。自分の体を感じるのが嫌だったんですね。少しずつになるかもしれませんが、向き合って行きたいと思いますので、また次回、よろしくお願いします。

(大阪 女性)


だんだん、『あたしは大丈夫』ってなってきました。そして、『自分を許す』ってこんな感じかぁ〜とか思いながら生活しています。新しい自分にビックリしたり、ドーンと落ちてみたり(笑)貴重な体験をしてます(笑)また、もりGさんとのセッション楽しみにしています!
(神奈川 女性)


ありがとうございました。今日ここから新しいスタート出来ることを感謝します。今までは自分の開放、自分を癒すことを模索していましたが、それ以上の気づきが得られました。もりGさんのセッションの凄さを身にしみて感じてます。セッションをお願いできて本当に良かったです。ハートを開放して、私の感じるこの世界を味わい楽しんで生きていきます。また、お会いできる日を私も楽しみにしています。ありがとうございました、心より感謝致します。

(東京 女性)


今日は、怒りエネルギーの行き場を示唆していただいて、消さなくていいんだなと、認めることが出来る、とほっとしました。それと共に、グレーで虚無に見えていた人生に色が戻ったように感じました。破壊的な手に終えない大きな怒りのエネルギーが、生き生きと躍動した命のエネルギーに変わる扉が現れました。また、何でもない不満げな私を認めるのが嫌だったと、はっきりと見ることができて、ほっとしました。今ここに落ち着ける時間が、心地よく感じ始めたように思います。ありがとうございました。

(大阪 女性)


今日もありがとうございました。本来の自分の姿でいることが、どれほど安心できるのか。良くわかった時間でした。それに恐れを感じて、そうあってはいけないと思って来ました。でもそれも卒業です。これからどうなるかわかりませんが、全てを天にゆだねて行こうと思います。

(埼玉 女性)


セッションではいつも新しい扉が開かれますが、今日は、現実の世界も変わったと感じます。軽やかで明るいです。前からこの(女性性の解放という)テーマは引っ掛かっていたのですが、自分では難しく、人には言いたくなく、もりG さんには一緒に向き合って頂けそうだと思いつつも、嫌で逃げていました。正にネックで、今の軽さを思うともっと早く向き合っても良かったのではと思いますが、準備がやっぱり出来てなかったのだと思います。深いところを一緒に向き合って頂いて、ありがとうございました。

(大阪 女性)


森川さん、先日はありがとうございました。「従わないと生きていけない」は、母の生き方でした。そうしないと生きることが出来ず、押し殺して生きてきた彼女の生を、私は無意識の内に引き受けていたように思います。「自由に生きていける」ですね。

(東京 女性)


ありがとうございました!今迄、自分に起こっている理不尽な出来事が実は自分を助けてくれているという事を知って自分を愛さねばと思いました。声に出して本音を言う練習をします。

(埼玉 男性)


ありがとうございました。自分の感情を素直に表現していいんだ、という許可を自分に与えることは、感情の開放にもつながって、今は心が軽く、清々しい状態です。自分を掘り下げていくという内面的な行為が、外側に広がっていくという結果につながる不思議さもしみじみ感じています。

(東京 女性)


今日はありがとうございました。本来の自分に戻りたいという心の欲求が今の現実に投影されているような気がしました。理屈とか抜きにして心の感じる方向こそが本来の使命に繋がる道なんですね。無力を受け入れて強く生きていきます。

(埼玉 男性)


 日々心は平安です。 日々の日常を普通に生きるのがどれだけ幸福か噛みしめています。あれから何かが変化したわけでもありません。ただ内側が春の海のようです。この幸福を回りの人と分かち合える日がきっときます。ありがとうございました。

(埼玉 女性)


今日もありがとうございました。もりGさんと話していると色々な所に連れて行って頂けるので凄く楽しいです。一番最初のセッションの時とかなり変わった自分を実感しています。

(埼玉 男性)


今日もありがとうございました。私にとって、また大きなものを手放し、新しい人生が始まる時間になりました。なにをするわけでもなく、自分とただ向き合って解消していくことで、世界が広がっていくのだと感じました。ジーニーさんと出逢えたことは、わたしの人生に大きく影響を与えてくださいました。また新しくなってお会いできること楽しみにしています。

(埼玉 女性)