2016/09/09

自己紹介・プロフィール

もりG

スピリチュアル・サイコセラピスト。心理カウンセラー。ACIMワークプラクティショナー。瞑想家。

1967年熊本県生まれ。 福岡市在住。



【略歴】

1992
生きるとは?何のためにこの世に生まれてきてなぜ生きるのか?どこへ向っているのか?という人生の根本的な命題に答えを探究すべく、内なる衝動にかられるように実践的修行としてYOGA、瞑想をはじめる。

2000~2001
キリスト教の聖地であるローマのバチカンを訪問。二千年前に生きたイエス・キリストというたった一人の人間が、時を越えて人々に与えた影響力の凄さに感銘を受ける。同年、バックパック一つで、中国、チベット、ネパール、インド、タイ、マレーシア、ラオスなど、yogaや仏教の聖地をたずねながら、ヒマラヤやアジアを約一年程かけて放浪。

2004
整体、オステオパシー、クレイニオ・セイクラル、レイキ、気功、心理療法、ヒプノセラピー(退行催眠/過去世療法)などのさまざまなセラピーやヒーリングの技法を習得し、ボディワーカー、ヒーラー、心理療法家として活動を始める。

2005
心理療法家としての活動をするかたわら、自らが実践してきたYOGA、瞑想を指導するヨガクラスを主宰。

2008.10
『A Course In Miracles (ACIM)』に出会い、二千年前にイエス・キリストが説いた教えは、解脱・悟りへと導く究極の非二元のスピリチュアリズムであると確信する。その実践のなかでキリストのヴィジョンによる真の赦しを体験するとともに、それまで知識として学んできた真理が腑に落ちていくような理解のプロセスがはじまる。

2010.4

霊的なヴィジョン(心眼)による贖罪(アトーンメント)体験をする。私たちは誰もが初めから救われていて、誰もが完全で、愛の存在で、ものごとの完全性、十全性を理解する。


2011.11

幾度かのヴィジョン体験を通して、それまでの内的体験で得た真理の洞察とセラピストとしての経験とスキルが融合するとともに独自のセッションが生れる。そして、心理療法家(セラピスト)としての活動を、心理のみを扱う心理セラピストのスタイルに一本化する。

2012

そのセッションを体験した人たちから多くの支持を得るとともに、「ジーニー」という名で呼ばれるようになる。

2012.9

雑誌『Star People(スターピープル) 2012 Autumn Vol.42 ~特集・予知能力を高める~』/(ナチュラルスピリット)にインタビュー掲載。

それがきっかけで全国に知られるようになり、福岡を活動拠点に、全国各地で個人セッションやセミナーを行うようになる。


現在は、「もりG」と名を改め、個人やグループでのセッションを通して、ご縁のある方々一人一人と深く本質的なところで関わっていくことを大事にしながらその活動に従事している。


その後、『A Course In Miracles (ACIM/奇跡講座/奇跡のコース』から一時期離れた期間を経て、あらためてその教えの深遠さに気づくとともにその学習を再開し、現在に至る。


スポンサーサイト