2016/09/21

感情について

世界はない。あるのは、神の実在だけである。


それが真理であります。

その真理を見誤るとき、感情というものが生起します。

とくに、不快な感情を感じるとき、ネガティブな感情を感じるとき、

あなたは、この世界を見誤って知覚しているか、

もしくは、自分の向かうべき方向を見誤っているかだと言うことが出来ます。


そう、真理へと、神へと還っていく者にとっては、

感情というものは、いわゆるナビゲーター(水先案内人)となっていきます。


感情に注意深くいてください。


もっと云えば、ハートの感覚に注意深くいてください。


あなたのハートのその感覚だけが、

あなたが非二元のスピリチュアリティの道を歩んでいく上で唯一頼れるものとなっていきます。


我が家へと帰る最後の旅路は、

あなたのそのハートの奥にいるスピリット(聖霊)とともに歩むことになっています。


ハートの感覚に敏感でいてください。

もし、あなたがハートの感覚から離れているならば、

そのときは、スピリット(聖霊)が不快な感情としてあなたにサインを送ってきます。

そのサインを見逃さないように。

あなたがハートの感覚に敏感でいるなら、あなたは聖霊と共にいる感覚がわかってきます。

あなたが、聖霊と共にあるならば、やがて感情というものが凌駕されていきます。

それは、感情を超越していくことを意味します。

あなたは、感情をナビゲーションシステムのツールとして使っていくだけとなります。

それは、ポジティブな感情に関しても同じです。


ただし、あなたが我が家に帰る時、ネガティブ感情を手放すのみならず、

ポジティブな感情も放棄していくことになると知ってください。


ポジティブもネガティブも祓っていく。

それが感情を凌駕するということなのです。


なぜなら、

感情が生起するとき、それはあなたが真理を見誤っているということなのですから。


世界はない。あるのは神の実在のみです。

本当にあるのは、神の平安、絶対なる平安があるのみなのです。


そう、あなたが、わが家に帰るとき、

あなたは、この世の喜びすらも放棄していくことになります。

真の歓びは絶対です。それは、この世の喜びとは比にならないものだと知ってください。

あなたが真の歓びを思い出すならば、

あなたは、何のためらうこともなくこの世の喜びを放棄するでしょう。


そして、ポジティブもネガティブも、感情というものを凌駕するとき、

あなたはこの世のものをもう必要としなくもなるでしょう。

なぜなら、この世のもので、この世の何かで、もう自分を満たす必要がないからです。

そうやって、あなたは、この世から自由になっていくのです。

そうやって、あなたは、この世を去っていくのです。


感情とは、あなたを身体の世界(3次元世界、物質世界に)につなぎとめているものです。

ただ、この世界で、この身体で生きている間は、

その感情をナビゲーターとしてわが家へと帰っていくことになります。

どうぞ、そのことを忘れないでください。


世界はない。この世は幻想である。

言い換えるなら、他者はいない。この世界には、あなたしかいない。


もし、この真理の言葉に、虚無感、空虚感、虚しさ、寂しさを感じるのならば、

あなたは、明らかに真理を見誤って解釈しています。

だとしたなら、そうぞ、その感じている感情に向き合ってください。

ハートで感じている虚無と空虚のその感情に向かっていって、

その向こうから、神、そして、スピリットがあなたに呼びかけているのを感じてください。


「わたしは、あなたをとても愛しています。

 わたしのもとへ帰って来なさい。幻想の世界から離れて戻って来なさい。」


と、あなたの内なる神が、あなたを呼んでいます。

そして、スピリット(聖霊)もあなたにこう告げています。


「あなたが向かうのはこちらなのです、幻想の世界から離れて一緒に我が家へ帰ろう」と。


スポンサーサイト