2016/10/25

自我は光を怖れている

今朝、私は、ある奇妙な体験をしました。


朝、目が覚めつつある意識状態のときに、

なぜか、途方もない不安が押し寄せてきたのです。

思考は、次から次へと不安材料を積み上げるようにその不安を駆り立てていくのです。

人生が行き詰っていくような感覚、、、

その思考の渦にのみ込まれようとした瞬間、

この不安は、これまでも過去に私の人生にずっと付きまとってきた不安だと気づいて、

ハートで感じ切ってみようと、私は、ハートに意識を向けたのでした。


一瞬、私は、あれ!?と思いました。


というのも、私のハートは、全開に開いているのがわかるのです。

今までの経験ならば、ハートが閉じたように息苦しく重たい感じがしているはず、

と思っていたものが、そうではなかったのです。


ん!?これは、本当に不安なのだろうか?


と自分の感覚を疑ってみると、

むしろ、ハートは、ワクワク感というか高揚感というものを感じていたのです。


私は、ただただハートが感じているものを感じました。

ハートは、全開でした。

そこには、平安がありました。

光がありました。

さっきまで渦巻いていた思考たるものは、もはや止滅していました。


なんだこれは?と自分に問うと、こう返ってきました。


「あなたが不安だと知覚していたものは、自我(の思考)だと気づきなさい。

あなたの本当の心は、このハートで感じている大いなる心であり、

その心と、あなたの自我は、互いに相容れないのだと知りなさい。

大いなる心は、あなたの自我が向いている方向とは真反対の方向なのだということです。


あなたは、神に還りたい、神に戻りたいと思っているかもしれませんが、

あなたの自我はそうなることを怖れているのです。

その怖れ、心配、不安、怒り、、、それらを通り抜けて、

わたしのもとに来なさい。

わたしは、それらの幻影の向こうにいます。

リアルではないものから離れて、リアルを求めるのです。
あなたの中には、原初のときに神と共に思考した思いが存在します。

それらの思いは、あなたの心に今も完全に変わることなく存在しています。


自我を手放して、大いなる心と一つになりなさい。

神を選択しなさい。

神と共に歩む道に、失敗というものはあり得ません。

それこそが確実な道であり、あなたを真の栄光へと連れていく道なのです。」




IMG_1814.jpg



スポンサーサイト