2016/11/13

鏡に映る自分

この身体が自分だと思っているあいだは、

なかなか分離感覚から解放されようにも困難なように思います。


わたしたちは、普段、この身体を自分だと思って生きています。

それゆえに、自分以外のみんなを別々の存在というふうに錯覚してしまいます。

そして、その錯覚(勘違い)こそが、自分をこの世に留めている要因だと言えます。


この身体も、他者も、この地上のあらゆるものがこの世のものであり、

同時に、自分を映し出している鏡です。

それは、この身体も自分ではないことを意味します。

わたしたちは、五感というものを通して、その自分自身を体験している存在だといえます。

それは、ちょうど自分を鏡でみているようなものです。

すべてが自分です。

あらゆるもののなかに自分自身をみています。

そのためにわたしたちは身体を必要としたのです。

そして、わたしたちは、この身体と自分を同一化してしまったのです。

それによって、他(者)が存在するようにみえるのです。

でも、じつは他者など存在しません。


とはいえ、いくら知識では分かっているつもりではいても、

実際に日常の生活のなかで、なかなかそのような意識で生きているとはいえません。


この世は鏡に映る自分をみているようなものです。

そのことに真に気づいたら、もうだれも裁くことはできないし、

そのままをゆるしていくことの本当の意味がわかるでしょう。

そして、鏡に映る世界をいくら修正しようとしても、

それは本当の解決にはならないことも理解するでしょう。


「この世は幻想である」とは、いにしえの賢者たちの叡智のことばです。

その真理を自分の人生で受け入れて生きるならば、

本当の意味であなたをこの世から解放し、

真の自由、真の幸福へと運んでくれることになります。


自分自身を愛するのを学ぶことと、他者を愛するのを学ぶことは、同時進行です。

この世に対する感情、あるいは誰かに対する感情は、

自分自身に対する感情を鏡に映しているにすぎません。

鏡に映る自分を裁くのを止めてください、そして、ゆるしてください。

あるがままにしてあげてください。

自由にしてあげてください。

それによって、自分がゆるされ、自由になっていくのです。


自分は、幸せになりたいのですから。

それが、自分がほんとうの幸せへと運ばれていく確実な道だと知ってください。


IMG_1834.jpg

ハワイ島キラウエア火山


2016/11/12

ドラマはドラマ

この世界には、微笑ましく滑稽なものから重たく深刻なものまで、

あらゆるものが同時に存在しています。

そのすべてが自分の心を映し出しているのだなと思うと、

なんでもアリなんだなって思います。

どれが素晴らしいとか、どれが良いとか良くないとか、

そのどれもをゆるしていくほかないのだと、

そんなことを思ったりします。


ゆるすとは、そのままでもいいのだと、それでもいいのだと、

自分に許可していくということ。


これも自分のみているドラマです。

これも自分が創作した幻想です。

幻想とは、ほんとうは無であり、なにも起きていなということ。

でも、自我にはそうはみえていません。

自我は、自分のみている世界のことをそんなふうには知覚していません。


どれも自分のみているドラマです。

自分のドラマがどう展開していくかは、

今それをみている自分の捉え方、在り方に関わっています。

でも、ドラマはドラマだということ。

ドラマとは、本当のリアル(現実)ではないということ。

ドラマが終わってしまえば、本当は何もなかったということがわかります。

また、ドラマを終わらせられないのは、

自分の中に終わらせたくない何かがあるからだということです。

そこには、癒されていない自分がいます。

そこには、ゆるされていない自分がいます。

解放されずに自らの呪縛に縛られている自分自身がいます。

自分をそうさせているのは、癒されていない感情がそこにあるからです。

ドラマとは感情体験なのだということ。

感情こそが、自分をドラマの中に留めたがるのです。

癒されていない感情は、魂の傷として癒されるときを待っています。

そして、魂の傷が癒されるとき、そのドラマは終わります。


肉眼で見る目の前には、穏やかで平和な世界があります。

もし、心が動揺していると感じているのなら、

それは、自分の心の中で起きているということを忘れています。

自分の目の前に映る世界は、あるがままにみれば、ただそれが在るだけ。

世界には平和があります。

心には平安があります。


IMG_1899.jpg


2016/11/10

人生と思っているものから目覚めることなんだ

多くの人は夢のなかで比較的目覚めていることが悟りだと思っているが、

そうではない。

(省略)

だがわが兄弟J(イエス)は完全に夢の外にいた。

妄想をより良いものにする道を教えようとしたのではないし、

可能性を充分に発揮してから死ぬために自己実現に努力しなさいと教えたのでもない。

そういう実践で一時的にはいい気分になれるかもしれないが、

やはり砂上の楼閣に変わりないんだ。


J(イエス)はより良い人生を生きることに反対はしなかったが、

君たちが何を指針にするかよりも、その指針の源のほうに大きな関心があった。

きみたちの心にとっては真に聖霊に従うことこそ、

長い目でとてつもなく恵みだとわかっていたからだよ。

ほんとうの目標は人生を美しくすることではなくて、

きみたちが人生と思っているものから目覚めることなんだ!

そのときこそ、きみたちはしっかりした岩のうえに家を建てられる。

J(イエス)は世界を整えるためにメッセージを送ったのではなかった。

きみたちの身体が死を迎えるように見えるとき、

きみたちは世界だと信じているものをどうする?

世界を整えることはできても、それをどこにも持ってはいけないんだよ。


ー『神の使者』よりー



IMG_1841.jpg

ハワイ島にて


2016/11/06

探究の終わり

もう、スピリチュアルな知識に真新しいものを感じないということは、

それは、探究の終わりを意味するのだと思います。


これは個人的なことですが、

たしかに、知識的に何かを探し求めるということはもうないのかもしれません。

この今となっては、ただただ神に心が向かうだけです。

この心がもっと自由へと解き放たれていきますように、と。

そういう意味では、探究は終わりかもしれませんが、

「道」は、この今も続いています。


巷では、いろいろな人がさまざまなかたちで、

それぞれのスピリチュアリティのもとに情報を発信されています。

ネットやYouTubeをみても、次から次へとそういう方たちを見かけたりします。

正直、いったいどんなことを発信しているのだろう?と、

ときには覗いたりするのですが、そのどれをとっても興味が湧いてこないといいましょうか、

「知ってる」ことばかりのような気がしてます。

この世のしくみはどうなっているのか?どうしたら幸せになれるか?

もっといい生き方は?、、、悟り、ノンデュアリティ、覚醒、、、

もう、そういうものにワクワクといいましょうか真新しさを感じなくなってしまいました。

でも、そう想うのは、きっと、私個人の見解であって、

そういうものに真新しさや興味を抱く人の方が圧倒的に多いし、

これからもっと増えていくのだろうと思います。

そして、そういう情報を発信しているその人たちにとっても、

そういうものが楽しくて真新しいのだと思います。

なので、私は、そういうこともゆるして(手放して)いく必要があるのだと思います。


これは、まわりに対してもそうなのですが、

じつは、私自身に対してもそうなのです。

こうやってブログで記事を書いて発信をしていますが、

正直、私自身がもう言葉にするものが何もなくなってきているのです。

もう特に自分の言葉で表現したいこと伝えたいことが、無い、のです。

たとえあったとしても、それらはすでにまわりにあるのですから。

あえてことばにする気になれない、、、そんな感じです。


それでも、ブログは書き続けていくつもりです。

これからどんなことを発信していくのかはわかりませんが、

心の欲するままに書き綴っていきたいと思います。


探究の終わり。

今、あなたもそれを感じているのなら、

あなたも、あなた自身を真の自由へと解き放っていく準備が整ったということです。


今日は、なにか思いつくままをただ書いてみたのですが、

最後まで読んでくださってありがとうございます。



IMG_1837.jpg

ハワイ島キラウエア火山

2016/11/05

はるか遠くへと

心というものは、じつにパワフルです。

というのも、心が信じ込んだ世界を現実だと思い込むことが出来るからです。

この世界とは、そういうものだということです。

それは、ちょうど眠っているときにみている夢となんら原理は変わりません。

夢の中の登場人物、状況、出来事、のそのすべてが自分がみている夢であるからして、

すべては自分の心が作り出した幻想であると悟る必要があるということです。


この世は自分の心がみている幻想です。

だからといって、この世のものをまったく無視していいわけではありません。

なぜならば、この世のすべては自分の心の象徴(シンボル)でもあるからです。

その象徴の向こうには、自分が自分自身に向けたメッセージが隠されています。

そのメッセージを見い出したとき、真のゆるしが起きるのです。

そのとき、すべては自分が勝手に作り上げた幻想だということが深く理解されるのです。


真のゆるし。

それは、自分自身がゆるされるためであり、

自分自身が本来の姿へと解き放たれていくためでもあります。

ゆるしを実践していく者にとっては、この世はもはやそのためのものとなっていきます。

そう、この世は幻想でありながら、

その幻想から離れ、わが家へと還っていくためのアイテムだということです。


夢の内容が、いい夢だろうが悪い夢だろうが、所詮、夢は夢だということ。


ただ、ゆるしていくのみです。

ここにこそ、救済があります。

ここにこそ、この世界から抜け出す道があります。

真の自由があります。


この世界を幻想と見切っていく。

それは、幻想を真実へと置き換えていくということであり、

それは、訓練によって達成されるということです。



The early steps in this exchange, which can truly be called salvation, can be quite difficult and even quite painful.
この交換のための初めのころのいくらかの歩みは、本当に救いと呼ぶことができるものですが、きわめて困難で、また、実に苦痛に満ちたものとなりえます。

Some of them will lead you directly into fear.
そのような歩みのうちのいくつかは、あなたをまっすぐに恐怖に陥れることでしょう。

You will not be left there.
でも、あなたは、恐怖の中に置き去りにされるわけではありません。

You will go far beyond it.
あなたは、恐怖など乗り越えて、はるか遠くへと進んで行くことになります。

Our direction is toward perfect safety and perfect peace.
私たちの向かう方角は、申し分なく安全な全き平安なのです。

『奇跡のコース』より


2016/11/04

あなたが自我を超越したいと思っているのなら

錯覚をみな置き去りにして、


あなたを引き留めようとする自我の試みなど


全部越えていくことだ。


わたしは、自我を越えているので、


あなたに先立って進むことにしよう。


あなたが自我を超越したいと思っているのなら、


わたしの手に届くように手を伸ばしてほしい。


わたしの力が足りなくなることは絶対にないし、


もしあなたがそれを分かち合うことを選ぶならそうすればいい。


わたしは、喜んでその力を与える。


あなたに私が必要であるのと同じくらい、


わたしもあなたが必要なのだから。



ー『奇跡のコース』テキスト第8章よりー



IMG_1778.jpg



2016/11/03

ライフレビュー

IMG_1829.jpg



あなたが自分の人生を終えてこの世を去った後、

あなたはこの時空の外側から聖霊と共に、

自分の人生のすべての一瞬一瞬をまるまる振り返ることになります。


そのあなたは、いまこの瞬間のあなた自身を振り返ってみています。


そのあなたは、いまのあなたをみてどう思うだろうか?


それに気づくとき、

いま自分はどう在ればいいのか?

いま自分はどうすればいいのか?

自ずとあなた自身の中でわかってくるはずです。


2016/11/03

2016.11 セッション後の感想より

個人セッションを受けられた方々のセッション後の感想をご紹介します。

興味のある方は、どうぞご覧くださいませ。



あれから本当にいろいろ起こりすぎて、もりGさんに感想・報告・質問があってもメールも書けないほどでした。 大変ではありますが「神様が育ててくれてるんだな」といいますか、明るく受け入れてはおります。

(東京 女性)


この間のセッション以来、過去世がどんどん浮かぶことはなくなり、今の自分にフォーカスする感じになっています。

ハートに手をあてると皆を愛していて、誰をも、自分をも赦しています。そして神様と一緒に生きられるのが嬉しい、全てを神様にゆだねましょうと言ってるので、そうしてみます。

(千葉 女性)


あの時、目の前に神がいた。神を見た。帰り道に自分が描いていたイエスのイメージだと気付いた。私に会ってくれるというあなたの人生に感謝します。

翌日、叔父が亡くなりました。13年ぶりに会った親戚がいたのですがついこの間のような感覚。時間の感覚が違うような感覚です。葬式では泣くほどのお付き合いじゃなかったのに、例の感じで泣いていました。何か変なタイミングだったので泣いているのは私ひとりでした。ただ悲しい訳ではなくあの癒やしが起きてる感じでした。しばらくそのまま泣いていたのですが、ばつが悪く感じて斎場から離れ大きな公園へ。しばらくぶらぶらしているとどこからか音楽が聞こえてきます。その方へ行くと野外音楽の会場になっていて若い女の子がバンドのセンターで歌っていました。その雰囲気の神々しいこと。この間は夢で導かれていると言われてましたが、現実で導かれていると感じました。
(福岡 男性)


もりGさんに(セッションで)お目にかかった今年の夏の上旬頃がずいぶんと昔のことのように感じられます。夏と今では、何かが大きく変わってしまったような、、でも、全く何も変わってないような・・?矛盾しているけど調和している、ふしぎな感覚を覚えます。夏の間に起こった変化をもりGさんにお伝えしたいなあ~と思うのですが、もりGさんにメールで状況を説明しようと思うといつも言葉がどんどん消えていってしまいます・・ふしぎです。

(東京 女性)


幸せになるための行為が苦しみを生み出していたという視点は目からうろこでした。セッション中はあまりその視点の重みに気づかなかったのですが、帰ってからよーく考えてみると、とんでもない発想の転換だと気づきました。また、とんでもなくハードルが高い行為でもあると思いました。その視点には失望もあったのですが同時に軽い安堵の気持ちと癒しもありました。どこまでできるのかはわかりませんが新しい視点での生活を生きてみます。

(栃木 男性)


今日も素敵なセッションありがとうございました。Skype(セッション)でのもりGさんの言葉で、『どんなことであろうと あなたにとってのギフトです』とありましたが、沁みますね。この言葉を胸に この地球を楽しみながら生きます。 『生きる』という感覚がまたグーンと広がりました。嬉しい。(亡くなった) 彼との人生にも感謝です。 神さまと共に生きます。

(神奈川 女性)



IMG_1852.jpg


2016/11/02

祈りなさい

自分というものは本当は無力だと悟るとき、

あなたは本当の自分のパワーを思い出すことになります。


祈りなさい。

あなたの心に平安が訪れるまで祈りなさい。

神はいつもあなたと共におられます。

あなたは、ただ、そのことを忘れているだけです。

あなたは一度たりとも神から離れていたことなどありません。

神は、あなたがそのことを思い出すことを望んでおられます。


祈りなさい。

神へと向かいなさい。

あなたの心に平安がある時、神と共にいることを知りなさい。

神は、いつどんなときもあなたと共にあられます。

いつのときも神と共にいることを忘れないでください。


祈りなさい。

あなたが死を迎えるその時まで祈りなさい。

死のその瞬間ですらも神と共にいることを忘れることなく祈りなさい。


そこには絶対なる平安があります。

そこにはこの世のものを超えた神の平安があります。


神があまりにもあなたからかけ離れていると感じているのなら、

『わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。』

と言ったイエス・キリストにその祈りを捧げなさい。

イエス・キリストは、あなたの内にいます。

主とは、あなたの中のもっとも崇高なあなたのことです。

あなたの中の内なるイエス・キリストに祈りなさい。


あなたの中のイエス・キリストは、

あなたと一緒に、あなたが迷わぬように、あなたと同じ歩幅で、

必ずや、あなたが帰るべきわが家へと連れていってくれるでしょう。

そして、そのために彼はいまここにあなたの内におられます。

あなたがそれを望む時をずっと待っておられます。


祈りなさい。

祈るのです。

そのすべてを祈りに捧げるのです。



IMG_1782.jpg



2016/11/01

【東京】1day 奇跡のクラス&個人セッション開催のお知らせ

東京、関東方面の方々へ、イベント開催のお知らせです。

12月2日(金)、3(土)、4(日)にかけて、

東京にて、個人セッションならびに1dayクラスを開催いたします。

セッションを希望する方、または、1dayクラスの参加を希望する方を募集します。

個人セッションと1dayクラスでは、それぞれの特徴は異なりますが、

古い荷物を降ろしてもっと身軽になっていきたい方にとって、どちらもおススメです。

あなたのお申込みをお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・


【1day 奇跡のクラス in 東京】 参加者募集中


少人数制のクラスです。 もりGのファシリテーションによって、

集っていただいた参加者メンバーみんなで、その場の空間を共同創造していきます。

あなたにとって奇跡の恩寵がもたらされる1dayとなりますように。


日時: 12月3日(土) 10:00~16:30

料金: 15,000円 場所: 東京都品川区荏原

    東急目黒線武蔵小山駅徒歩10分(会場詳細は、お申込の際にお知らせいたします)

定員: 若干名


<テーマ内容> 参加者のメンバーによって、若干の内容は変わりますことをご了承ください。

・奇跡という光の中を生きる

・自分を整理する、自己という個を超える

・自我を解体し、二元性を超越する

・自分が生れてきた本当の目的を知る

・生まれ持ったパワーを生かす「全託」という生き方

・「本当の自分」が明らかになる道

・思考から自由になり、ただオープンになる

・心を解き放って、スピリットを感じる

・ネガティブなエネルギーと戦わない

・自分自身のフィーリングを大切にする、信頼する

・内なるスピリット(聖霊)につながって、インスピレーションを受け取るために


​ ※筆記用具、メモ用のノートをご持参下さい。



【東京個人セッション】 満席になりました。キャンセル待ちのみ受付となっております。


日時: 12月2日(金)、4日(日)

料金: 30,000円 (120分)

場所: 東京都品川区荏原

    東急目黒線武蔵小山駅徒歩10分 (会場詳細は、お申込の際にお知らせいたします)


12月2日(金)

13:30~15:30 予約済

15:50~17:50 予約済


12月4日(日)

10:00~12:00 予約済

12:20~14:20 予約済

14:40~16:40 予約済


【お申込み・お問合せ】

お申し込みの際は下記の内容をご明記の上、こちらのメールアドレスまでご連絡ください。

詳細を返信にてお送りいたします。


メールアドレス:morig2016@gmail.com


①お名前

②フリガナ

③生年月日

④ご連絡先お電話番号

⑤ご住所

⑥「東京個人セッション」か「1day奇跡クラス」かをご明記ください。

  個人セッションの場合は、希望時間帯を第2希望までお教えください。


​ あなたにとって、変容のきっかけになりますように。 お申込をお待ちしております。


もりG


IMG_1780.jpg