2016/11/10

人生と思っているものから目覚めることなんだ

多くの人は夢のなかで比較的目覚めていることが悟りだと思っているが、

そうではない。

(省略)

だがわが兄弟J(イエス)は完全に夢の外にいた。

妄想をより良いものにする道を教えようとしたのではないし、

可能性を充分に発揮してから死ぬために自己実現に努力しなさいと教えたのでもない。

そういう実践で一時的にはいい気分になれるかもしれないが、

やはり砂上の楼閣に変わりないんだ。


J(イエス)はより良い人生を生きることに反対はしなかったが、

君たちが何を指針にするかよりも、その指針の源のほうに大きな関心があった。

きみたちの心にとっては真に聖霊に従うことこそ、

長い目でとてつもなく恵みだとわかっていたからだよ。

ほんとうの目標は人生を美しくすることではなくて、

きみたちが人生と思っているものから目覚めることなんだ!

そのときこそ、きみたちはしっかりした岩のうえに家を建てられる。

J(イエス)は世界を整えるためにメッセージを送ったのではなかった。

きみたちの身体が死を迎えるように見えるとき、

きみたちは世界だと信じているものをどうする?

世界を整えることはできても、それをどこにも持ってはいけないんだよ。


ー『神の使者』よりー



IMG_1841.jpg

ハワイ島にて


スポンサーサイト