2016/11/13

鏡に映る自分

この身体が自分だと思っているあいだは、

なかなか分離感覚から解放されようにも困難なように思います。


わたしたちは、普段、この身体を自分だと思って生きています。

それゆえに、自分以外のみんなを別々の存在というふうに錯覚してしまいます。

そして、その錯覚(勘違い)こそが、自分をこの世に留めている要因だと言えます。


この身体も、他者も、この地上のあらゆるものがこの世のものであり、

同時に、自分を映し出している鏡です。

それは、この身体も自分ではないことを意味します。

わたしたちは、五感というものを通して、その自分自身を体験している存在だといえます。

それは、ちょうど自分を鏡でみているようなものです。

すべてが自分です。

あらゆるもののなかに自分自身をみています。

そのためにわたしたちは身体を必要としたのです。

そして、わたしたちは、この身体と自分を同一化してしまったのです。

それによって、他(者)が存在するようにみえるのです。

でも、じつは他者など存在しません。


とはいえ、いくら知識では分かっているつもりではいても、

実際に日常の生活のなかで、なかなかそのような意識で生きているとはいえません。


この世は鏡に映る自分をみているようなものです。

そのことに真に気づいたら、もうだれも裁くことはできないし、

そのままをゆるしていくことの本当の意味がわかるでしょう。

そして、鏡に映る世界をいくら修正しようとしても、

それは本当の解決にはならないことも理解するでしょう。


「この世は幻想である」とは、いにしえの賢者たちの叡智のことばです。

その真理を自分の人生で受け入れて生きるならば、

本当の意味であなたをこの世から解放し、

真の自由、真の幸福へと運んでくれることになります。


自分自身を愛するのを学ぶことと、他者を愛するのを学ぶことは、同時進行です。

この世に対する感情、あるいは誰かに対する感情は、

自分自身に対する感情を鏡に映しているにすぎません。

鏡に映る自分を裁くのを止めてください、そして、ゆるしてください。

あるがままにしてあげてください。

自由にしてあげてください。

それによって、自分がゆるされ、自由になっていくのです。


自分は、幸せになりたいのですから。

それが、自分がほんとうの幸せへと運ばれていく確実な道だと知ってください。


IMG_1834.jpg

ハワイ島キラウエア火山


スポンサーサイト