2016/11/26

愛の名のもとに神のもとへ

愛不在で、

この世界を放棄していくならば、

それはただたんに喪失でしかありません。


神不在で、

自分を放棄していくならば、

それもただたんに虚無でしかありません。


それが、仏教の名のもとに自己放棄の道を歩んでいた頃の私が経験してきた道です。

そんなんじゃ、わが家に帰ることなんてとうてい無理だということが今ではわかります。


愛不在、神不在でわが家に帰ろうとすることは、

それは、まるで途方もない終わりのない苦行(愚行)でしかありませんでした。


愛の名のもとに、神の名のもとにこの道を歩むとき、

そこには、たしかに何ものにも代えられない平安があるのがわかります。

それさえあればそれ以外なにも要らない、と。

この世界のものを、自分すらをも、手放そうとしている自分がここにいます。


IMG_1814.jpg