2017/01/31

偶像崇拝

真理を求める者にとって、

誰かを尊敬したり崇拝したりすることは、

二元性の幻想にすっかりはまり込んでいるわけで、

真理はそういうところにはないと知るべきである。


また尊敬や崇拝とは反対に、誰かを下げずんだり裁いたりすることも同じである。

それは、自分をこの身体だと思っているゆえにできることであり、

そういうことは、無意味だと知るべきである。


それは人だけに限らず、

この世のもの、こと、考え方、スピリチュアルな教え、教義、、、、に対して、

特別に見たり、重きを置いたりすることも同様である。

それは、二元性の幻想をただ強めるだけで、

けっして自分を自由にするものではないということ。


むしろ、すべてを幻想なるものとして、無、にしていくことである。


何よりも知るべきことは、

この世の誰かを、この世の何かを信仰、崇拝することは、

真理とはまったくかけ離れたことであり、

ましてや、尊敬、崇拝されることもまったくの無意味であるということ。


IMG_2054.jpg


2017/01/29

願望実現について

内なるガイドからのメッセージです。

テーマは、「願望実現」についてです。


IMG_1834.jpg


じつのところ、あなたの願望はいつも叶えられています。

あなたの願望は、すでに叶えられているのです。

その願望が叶えられた世界が、この世界なのです。


あなたは自分の見たい世界を、この世界に投影して見ているだけなのです。


それが喜ばしいものであろうと、けっしてそうとはみえないものであろうと、

その内容に関係なく、その人生、その世界を望んだのは、まさにあなた自身だということ。


願望によってこの世界をあなたにとってより良いものにしようとするかもしれませんが、

所詮、この世界は、あなたが見たいように作られた世界であり、

取るに足りない世界だということを知りなさい。

この世界は、あなたが見ている夢であり、存在しないのだということを知りなさい。


無意味です。

無価値です。

なぜなら、

この世は、存在しない。

この世は、実在しない。


その真理のことばが、あなたにとって癒しとなり、救いとなるでしょう。


すべての願望を手放しなさい。

取るに足りないこの世界を放棄しなさい。

この世のすべての願望を超えていきなさい。


なにも要らない。何も必要とはしない。

一切の願望がないその状態こそが、あなたが帰っていくところだと知りなさい。

そして、何よりもそれを望み、

そのようにしてこの世を超えていく者には、失敗は絶対にあり得ないのです。


IMG_1953.jpg


2017/01/28

諸行無常

諸行無常。


この世界をよくよく見るならば、

永遠なるものは何一つないことは明らかである。

すべては移ろい変化していくものである。

この世界はそういうものである。

この身体もそういうものである。

ましてや、この自分と思っているそれですらもそうである。


それらに信頼を置いても、

いずれにせよ喪失して、裏切られ、失望させられるのがオチであるにもかかわらず、

それでも、わたしたちはそれらを信仰している。


IMG_1991.jpg


2017/01/25

距離ゼロのところに

この世という幻想世界から目覚めるのです。

自らが作ったこの妄想の世界から、目覚めるのです。

自らを投影したこの世界を赦すのです。

この世界を放棄するのです。


この世界をジャッジすることなく手放しなさい。

今、目の前にある幻想を超えていきなさい。

目の前にみえる世界が自分の心の投影であることを見破って、聖霊に明け渡していきなさい。


この世を赦していくとき、つまりは、すべてが幻想であることを見限っていくとき、

あなたは、その向こうにこの時空ではない広大無辺な空間のような広がりをみるでしょう。

そして、あなたはその静けさの中に佇むようになるでしょう。

しかも、永遠に、です。


あなたが歩んでいる道とはそういうものです。

そして、いつかこの世界にとらわれることがなくなるときが、必ずやあなたにもやってきます。

そのとき、あなたは、リニア(直線的)な時間からも自由になっていくでしょう。


そのきは、いま、だと知りなさい。


今この瞬間、だと知りなさい。


あなたを明け渡していくのです。

この世界に価値を置くことをやめていくのです。

この世界を、無、としなさい。

そこにこそ、あなたが本当に望む世界があります。

その世界は、もちろんこの世ではなく、あの世でもなく、来世というものでもなく、

この時間の世界を超えた、自分からまったく距離がない、いまここにあるものです。


あなたの目と鼻よりももっと近い距離ゼロのところにそれはあります。


IMG_1958.jpg


2017/01/20

正気の沙汰ではない

死というものについて、

真理からみるならば、

自らの命を絶つという行為も、病気によって死ぬのも、老いによって死ぬのも、

自分自身を死に至らしめるということにおいては、どれも同じである。


この世界においては、だれもが自分で自分の命を攻撃している。

だれもが自分と戦っている。

その心によってこの世界に投影されたものが、病気であり、老いであり、死である。

戦う相手などいないのに、この世界を放棄することが出来ないのだ。

神の愛に抱かれて、すべてを手放して、ゆだねて、

ただ在るものとして存在することが出来ないのだ。


正気の沙汰ではない。

そのことに気づいて、狂気の沙汰の世界から脱しようとする者は少ない。

スピリチュアルな探求をしてきた者ですら、

「本当の命は永遠であり、死なない、死はない」ということを知っておきながら、

輪廻という幻想を終わらせようとする者は、ごく僅かである。


IMG_1962.jpg


2017/01/17

皮肉にも

普段、いかに自分の心は、外側の世界ばかりに向いていることか。

そして、そこにはけっして自分が求める平安などない。

光の見つかることのないところで光を探している、、、光を求めている、、、

当てにならない見せかけのものに、いかに心が向いているかということ。


こうやってブログでことばを発信しているとき、

私の心は外側へと向かっている。

そうでないとことばにすることが出来ない。

そう、これは皮肉な言い方になってしまうが、

私が記事を書いているときは、心が外側を向いているときだと言うことが出来る。


IMG_1916.jpg


2017/01/14

夢の中に夢中になっているかぎり

ドラマや映画は、ハラハラ、ドキドキ、感動といった人の心を動かすために作られています。

心が動かされれば動かされるほど、その物語に夢中になってしまいます。


それは、この世界でも同じです。


ポジティブな感情にしろネガティブな感情にしろ、

心が動かされているということは、

自分が作り出したこの世界に夢中になっているということであり、

この世界を実在するものとして強化しているということになります。


そのようにして、わたしたちは、この世界を現実(リアル)だと思い込んでいます。

実在しない世界を現実としてしまって、この世界にどっぷりとハマってしまっています。

それが、まさに自我(エゴ)の計画なのです。


そう、それがどんなものであれ心が動揺させられているときは、

それは、自分について、この世界について思い違いをしているのであり、

自我(エゴ)の術中にまんまと騙されているということになります。


まずは、そのことに気づいていくことから、

この世界から完全に自由になる道は開かれるといえます。


結局は、この世界を幻想だと完全に見限らないかぎり、

夢の中味がどんなに変化していこうと夢は夢のまま続くのであり、

この幻想は終わることがないということです。


IMG_2112.jpg


IMG_2111.jpg


2017/01/11

狭き門より入れよ

あるスピリチュアルな教えでは、

わたしたちは、いろんな体験をするためにこの世界に生きているのだと言います。

宇宙の流れに乗って思い通りに願望を実現し、幸せを引き寄せて、

人間としてのこの人生を充分に味わい、楽しみ、歓びで生きなさいと。


また、あるスピリチュアルな教えは、

この世界を放棄しなさい。すべてを明け渡しなさい、

この地上のものを追い求めていくことをやめて、この世界から遠離しなさいと。


そのどちらがいいとかワルイとかではありません。


人はみな、自分の考えに近いものに感銘を受け影響されていくのでしょうが、

やっぱり、きっと前者の方が多くの人に受け入れられるのだろうと思います。


ただこの私にとっては、後者の方がしっくりきますし、

後者に共鳴していく人たちは、私以外にも少なからずやたしかにいるということです。


IMG_1911.jpg

ハワイ島マウナロア山


2017/01/10

自我の手口を知る

そもそもがわたしたちは、自分で自分を欺いているのです。

そういう意味では、だれもが天才的な詐欺師だと言うことができるといえます。

だれを騙すも何も、自分で自分を見事なまでに騙しきっているのです。

そうでなかったら、この世界で、この身体で、このように人間として存在してはいません。


この世界は、心の勘違い(誤り)で成り立っている世界だといえます。

心の勘違いというものがなければ、そもそも世界なんてものは無いのですから。

この世界は、勘違いした(誤った)心が見ている夢みたいなものです。

その真実が暴かれないように巧妙な仕掛けで自分を騙しているのが、自我(エゴ)です。


さて、巷のニュースをみると、

最近では、振込み詐欺やインターネットによる金銭を狙う詐欺の手口が、

ますます巧妙になってきているようです。

それは、けっして他人事で片づけるようなものではありません。

といいますのも、人の心とは、いとも簡単に騙されるものであるということです。

自分はそんなことはない!とあなどってはいけません。

そもそもがわたしたちはすでに勘違いの世界、錯覚の世界にいることすら、

まったくもって気付いていないのですから。


自分の心を互いに投影し合って、騙し合っているのが、この世界です。

まさに、この世界は、人間の集合意識の勘違いと錯覚で成り立っている世界だといえましょう。

そのようにして、自らを巧妙に騙しながら、

永遠なる時間の中でマインドゲーム(心遊び)を続けているのが、エゴ(自我)です。


こう言ってはなんですが、詐欺なんぞは、

わたしたちのその心が、そのまま投影された象徴(シンボル)だと言えましょう。


そのような詐欺の手口に引っかからないためにも、騙されないためにも、

そのあらゆる手口を情報として知っておくことが重要な対策になるといえます。

なぜなら、その手口を知っておくことで、

いざというときに、心が動揺させられることもなければ、

心が惑わされ騙されることなく、それどころか、笑ってあしらうことが出来るのです。


そう、エゴ(自我)に騙されないように、

エゴの手口を知ることは、とても有益だということです。

エゴは、とても巧妙です。

初めに申しましたように、エゴは天才的な詐欺師です。

だからこそ、エゴについて知る必要があるのだということです。


そして、エゴ(自我)について心理学的なところから詳しく述べてあるのが、

『A Course in Miracles (ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)』のテキストだといえます。


それは、けっしてエゴを敵に回して、エゴと戦うのとはちがいます。

そうではなく、それがエゴの巧妙な手口だとわかれば、

それに気づいた時点で、もうエゴを相手にする必要がなくなるのです。

笑ってあしらうことだって出来るのです。


詐欺の手口に引っかからないように。

エゴの手口に引っかからないように。

そのどちらも、心におけるトリックによって騙されているだけです。

心理的に動揺させることが彼らのやり口なのです。

そのために、心を訓練、熟達、マスターしていく必要があるのだということです。


この世の何ものにも惑わされることのない完全なる平安をマスターするために。


『A Course in Miracles (ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)』とは、

まさに、そういうものだということが出来ると思います。


IMG_2094.jpg


2017/01/08

一切関係がない

悟りについて云えるのは、

この世で素晴らしいことをしていようが、していまいが、

素晴らしい人であろうが、そうでなかろうが、

何かを成し遂げようが、成し遂げまいが、

どんなことをしていようが、

そういうことと悟りとは、一切関係がないということ。


霊的な指導者であろうが、なかろうが、

霊的な能力に長けていようが、いまいが、

そんなものと悟りとは一切関係がないということです。


IMG_1893.jpg