2017/01/10

自我の手口を知る

そもそもがわたしたちは、自分で自分を欺いているのです。

そういう意味では、だれもが天才的な詐欺師だと言うことができるといえます。

だれがだれを騙しているか?というと、自分で自分を見事なまでに騙しきっているのです。


そうでなかったら、この世界で、この身体で、このように人間として存在してはいません。


この世界は、心の勘違い(誤り)で成り立っている世界だといえます。

心の勘違いというものがなければ、そもそも世界なんてものは無いのですから。

この世界は、勘違いした(誤った)心が見ている夢みたいなものです。

その真実が暴かれないように巧妙な仕掛けで自分を騙しているのが、自我(エゴ)です。


さて、巷のニュースをみると、

最近では、振込み詐欺やインターネットによる金銭を狙う詐欺の手口が、

ますます巧妙になってきているようです。

それは、けっして他人事で片づけるようなものではありません。

といいますのも、人の心とは、いとも簡単に騙されるものであるということです。

自分はそんなことはない!とあなどってはいけません。

そもそもがわたしたちはすでに勘違いの世界、錯覚の世界にいることすら、

まったくもって気付いていないのですから。


互いに投影し合って、騙し合って、罪を擦り付け合っているのが、この世界です。


まさに、この世界は、勘違いと錯覚で成り立っている世界だといえましょう。

そのようにして、自らを巧妙に騙しながら、

永遠なる時間の中でマインドゲーム(心遊び)を続けているのが、エゴ(自我)です。


こう言ってはなんですが、詐欺なんぞは、

わたしたちのその心が、そのまま投影された象徴(シンボル)だと言えましょう。


そのような詐欺の手口に引っかからないためにも、騙されないためにも、

そのあらゆる手口を情報として知っておくことが重要な対策になるといえます。


なぜなら、その手口を知っておくことで、

心が動揺させられたとき、心は惑わされ騙されることなく、

赦しをしていくことができるようになるのです。


そう、エゴ(自我)に騙されないように、

エゴの手口を知ることは、とても有益であるどころか必須だということです。

エゴは、とても巧妙です。

初めに申しましたように、エゴは天才的な詐欺師です。

だからこそ、エゴについて知る必要があるのだということです。


そして、エゴ(自我)について心理学的なところから詳しく述べてあるのが、

『A Course in Miracles (ACIM/奇跡講座)』だといえます。


それは、けっしてエゴを敵に回して、エゴと戦うのとはちがいます。


そうではなく、それがエゴの巧妙な手口だとわかれば、

それに気づいた時点で、エゴを相手にする必要はなく、

実在しないんだよ!とわかっている聖霊に差し出していけばいいのです。

笑ってあしらうことだって出来るのです。


詐欺の手口に引っかからないように。

エゴの手口に引っかからないように。

そのどちらも、心におけるトリックによって騙されているだけです。

心理的に動揺させることが彼らのやり口なのです。

そのために、心を訓練、熟達、マスターしていく必要があるのだということです。


『A Course in Miracles (ACIM/奇跡講座)』とは、

まさに、そういうものだということが出来ると思います。


IMG_2094.jpg