2017/03/18

『ア・コース・イン・ミラクルズ』の取り扱い説明

IMG_2134.jpg


『ア・コース・イン・ミラクルズ』を学習するにあたっては、

人それぞれのタイミングがあるように思います。


その準備が整っていない心において、

いくら『ア・コース・イン・ミラクルズ』に取り掛かっても、けっして続くことはありません。

『ア・コース・イン・ミラクルズ』の学習をやっていてもしっくりこないのならば、

無理にその学びをする必要はないと思います。

もし、そうであるならば、

他の興味があるものやワクワクすることやしたいことをした方がいいと思います。


自分が『ア・コース・イン・ミラクルズ』を学習するその準備が整っているか?どうか?は、

その時が来たら自分自身でわかるものです。


私ごとでいえば、2008年にこの本に出合ってその学びをしていたものの、

その途上で約4年間の間、『ア・コース・イン・ミラクルズ』から離れていた時期があります。

その4年間、自分は、やっぱり必要な経験をしていたのだろうと思います。

それらの経験を経て、私は、今ここにいるのだと思います。

もはやスピリチュアルの探究というものに興味が湧かなくなったことからもそう言えます。


私は、このタイミングで『ア・コース・イン・ミラクルズ』に戻ってきたのも、

それを学ぶのは今じゃないとならなかった、と気づきます。

自分でも、『ア・コース・イン・ミラクルズ』から離れた4年間は、

本格的に実践していくための心や環境を整えるために必要な期間だったように思えるのです。

正直に言えば、まだその当時は、

エゴの自分で『ア・コース・イン・ミラクルズ』を解釈していました。

そう、あの頃はまだ私の心も環境もその準備が整っていなかったと今ではそう思えます。


何が云いたいのかというと、

『ア・コース・イン・ミラクルズ』以外に他に興味のあるスピチュアルがあるならば、

そっちを優先した方がいいということです。

なぜなら、『ア・コース・イン・ミラクルズ』を学習するにおいて必ずくじけます。

なによりもまず、『ア・コース・イン・ミラクルズ』の内容が理解できないと思います。

受け入れられない、受け入れたくない、という抵抗が起きるからです。

エゴにとっては、学習することがあきらめ、喪失、犠牲、放棄でしかありませんから、

苦悩するだけです。

人生をより良いものにすることを目的にしたものを求めた方がいいということです。


『ア・コース・イン・ミラクルズ』は、その準備が整った時に、取り組むものだと思います。

その時は、その人にとって必要なタイミングでやって来るし、

ひょっとしたら二度とやって来ることもないかもしれません。


『ア・コース・イン・ミラクルズ』は、そういうものだと言うことができる思います。


スポンサーサイト