2017/04/15

初老の今想うこと

窓を開けたときに感じる風が、

もう今までのように寒くない春の陽気を感じるとき、

季節が次の季節へと移り変わっていっているのを実感させてくれます。


この世界ではあらゆるものが移ろい変わっていきます。


気付けば、この私も今年の秋で50歳になります。

もう半世紀もこの地上で生きたのだなと思うとともに、

自分のこの身体にもちらほらと老いを感じはじめています。


それはこの地上で生きていくかぎりだれもが経験していくものではあるのですが、

それでも、それはだれにとってもこの人生においてのはじめての体験であり、

未知の体験でもあります。

そうなってみてはじめて気づかされることが多々あります。


この身でそれを受け入れていくとき、

老いていくとはこういうことなのか、、、と、

はじめてわかること、想うこと、感じることがあるのですね。


それは自己の原点に立ち返らせてくれます。

この人生のゆくえやあとどれくらい生きるのか?それがいつ終わるのか?は、

それはすでに決まっていることで、

そういうことは神にまかせて、

今ここに生きている私は、自分の一番大事とするものをただ生きるだけ、

という想いに立ちかえらせてくれます。


いつかはこの身体もこの地上に置いていくことになっています。

その瞬間まで、私は自分の一番大事にしているものを生きるつもりです。

それは、私が「道」と呼んでいるものです。

それは、この人生が終わるときまで続くものです。


この人生が終わるそのときまで。

そして、そのときがその旅を終えて我が家に帰りつくときなのでしょう。


IMG_2275.jpg


IMG_2257.jpg


スポンサーサイト