2017/04/21

セラピストを放棄します

私の中で心境の変化が起きています。


私は自分のセラピストとしての能力に絶対なる自信と確信がありました。

私は、自分のセラピーで誰もを救えると思っていました。

そして、そこに使命感さえ感じていました。


でも、それってやっぱりちがうなって今は思います。

そこにはやっぱり「自分(ジブン)がしている」という想いがあったことは否めません。

ほんとうは自分がしているのではなく、神(聖霊)を通して起きているだけなのですから。

自分はなにもしていないし、そして、救われるべき存在とは、この自分自身だと気づくのです。


この世界には自分しかいないし、他人は自分の鏡だとわかっている以上、

もうこれまでのようにはセラピーを施していくことはできないと思ったりします。


セラピストとしての自信は今もまったく変わりはないのですが、

その自信から、ついつい自我の部分の「自分がしている」という顔を出してしまうのです。

そういう自我の想いは無いほうがいい。

無くした方がいいに決まっているのです。

本当はそうじゃないってことはわかっているのですから。

むしろ、そういう(自我の)想いが無い時の方が素晴らしいものがもたらされるのです。


私は、自分のセラピストとしての能力を神に与えられた才能だと思っていました。

その能力を使ってセラピーをしていくことが、自分のこの世での役割だと思ってきました。

でも、それによってアイデンティティを築き上げていたのも正直ありました。


これまではその能力を武器にして、この世界を相手に戦っていたのだと気づきます。

それは、生きていくために、この自分にとっては大事なものだったのです。

でも、もうその必要もないと内なるガイダンス(聖霊)が伝えてきています。

ここから先は、その武器も置いていくことを選択するときに来ていることを察するのです。


「セラピスト対クライアント」という構図の心理セラピーは、

もうこの私から終わっていくのだと思います。

それは、心理セラピストとして生きてきた私にとっては死活問題ともいえるかもしれません。


「放棄」ということばが、私の脳裏に浮かんできます。

この武器を手放していくとしたら、どうなるのだろう?という想いももちろんあります。

それでも、聖霊に導かれて神の道を歩んでいくだけです。


心理セラピストとしての武器を置いて、

心理セラピーというものを手放して、

私は、新しいかたちへと移行していくつもりです。


IMG_2228.jpg