2017/08/11

自分では何も決めない、聖霊に決めてもらおう!

カースティンさんのトーク音声の翻訳です。


わたしたちが『ア・コース・イン・ミラクルズ』(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を学んで目指しているところは、自分の内側の「聖霊」という教師から学べるようになることをゴールとしていると言えます。


「自分は一歩後ろに退いて、聖霊に聞き、聖霊に従う」とは、具体的にどのようにして実践していくのか?常に聖霊と共に在ることを日常生活においてどのように実践するか?


そのことについて、カースティンのお母さんが、聖霊と共に買い物をするようになったときのことを例にあげて話されています。(カースティンのお母さんもコースの実践者です)

その話から、普段のわたしたちがどれだけ無意識的な信念によって価値判断して過ごしているかもよく自覚することが出来ます。


(とくに、ACIM教師たちにとっては、)かなり参考になると思います。


・・・・・・・・・・・・


母は、以前、普通の人と同様に’自我的な理由’のもと、食料品の買い物をしていました。

その理由とは、「肉体に食べ物を与える必要がある」というものです。

そして、「何を買うか?」についても、さまざまな判断や判断基準を持っていました。


コースの教え通り、例外を作らないということ意志するならば、

「この買い物リストは、山のような判断と攻撃の想念を持っていないだろうか?(この買い物が)神からの贈り物だとしたなら、どんな感じだろうか?」と、すべてに例外なく同じ目的を持つようになるまでは、それがもたらされるよう進んで意識的にいるようになります。

喜びのために買い物へ行こう!

神聖なる出会いのために買い物へ行こう!

聖霊と繋がる体験のために買い物へ行こう!

もし、祝福されている感じがしなかったら、進んで買い物へ行かないことにしよう!

といった感じです。


母が買い物に行って気づいたことは、まず、オーガニック食品のみを買うことを常としていたことです。

オーガニック食品にまつわるさまざまな信念を解き、それらは本当にガイドされているものか?と聞かなければなりませんでした。

次に、判断基準として彼女が認識したのは、お金についてです。

梨やリンゴを見て、「まぁだいたい同じようなものだから、安い方を買っておこう。今週は梨、来週は安くなるリンゴを、、、」といった具合です。

とても合理的で、論理的で、分別のある買い物ですね。

しかし、彼女は、それらも喜んで手放すことにしました。

リンゴのそばを通ったとき、「リンゴを買いますか?」と感じてみて、もしイイ感じがしたら買うことにしました。

次にリンゴを選ぶとき、一つ手に取ってみてイイ感じがしたら買う、、、二つ目も手に取ってみてイイ感じがしたら買う、、、三つ目を手に取ってみて「いや、もう要らない」、、、といった具合に、すべてをフィーリングによって為されるよう任せたのです。

瞬間瞬間の引き寄せられるフィーリングに任せるのです。

次に、ジャムや蜂蜜やピーナッツバターの売り場に来たとき、「そう言えば、もうすぐジャムがなくなるから買わなきゃ」と思います。

それって、聖霊から促されているのでしょうか?

本当に買いたいものなのでしょうか?

ただの習慣として、または無意識に、やらなければならないこととして完結するのではなく、買い物も思いがけないもの、驚きに満ちたものにさせるのです。


これは素晴らしいトレーニングです。

わたしたちは、たくさんのことを、欠乏感を基準に、またはお金を基準にしています。

山ほどのお金にまつわる信念や欠乏感を、このような母の経験を通して私も見ました。

しかし、ときにわたしたちは意味不明なこともします。

あなたは、こっちでお金を節約してあっちで高価なものを買うのです。

なぜなら、あなたにはその価値がある、と思っているからです。

犠牲を払わなくていい、という価値をです。

あなたは、安い食料品を買うことで’5ドル節約した自分を正当化し、この世で一番高価なモイスチャークリームを買うのです。

本当に馬鹿げていますね。(笑)


あなたは、目の前に見せられるすべてのものから「黄金の体験」を得たいのですよね。

わたしたちは、自分に必要なものはすべて持っています。

それが、ただ在る(presence)という状態です。

わたしたちが持てるものは、私たち自身であり、神との繋がりだけです。

そして、わたしたちがそれを持ったとき、「すでに自分はすべてを持っている」という”気づき”がやって来ます。

わたしたちが神と繋がっていないとき、わたしたちは何も持っておらず、(ゆえに)自我と共に裁こうとし始めるのです。

それだと何も変わりませんし、シフトもありません。


これは、深く掘り下げて見ていくには素晴らしい題材でしたね。

わたしたちは、常に神と共に在るという体験をしていくに違いないでしょう。


『Consistent Connection through Purpose 29 Jul.2017』より一部抜粋

https://www.spreaker.com/show/kirsten-buxton_2


IMG_2401.jpg


スポンサーサイト