2017/09/30

この世のものに信を置かない

ACIMセッションを通して、

一緒にコース(ACIM/奇跡講座)を学んでいる方から、体験レポートをいただきました。

その体験レポートの内容が、コースを学んでいる方々にとって参考になるかと思いますので、

ご本人のご了承のもとにシェアさせていただきます。


「この世のものに信を置かない。これは寂しいことではなく自由になることですよね。」


まさにコースは、

この世のあらゆるものから完全に自由になることを目指しているものだと言うことが出来ます。


ご興味のある方は、ご覧くださいませ。


・・・・・・・・・・・・


もりG 様


先日は(セッション)ありがとうございました。


先日の誕生日、毎年おめでとうメールをくれる友人から連絡がなく、6年ぶりに疎遠だった友人から連絡がきたりしました←この件についてはセッションのときに報告しましたね。

毎年連絡をくれる友人から何も(連絡が)
ないことは以前であれば心配の種になったことと思います。
でもこの時にこの世のものに信を置くのはやめようと改めて思いました。
辛くなるのは自分だし、誰かを縛ってはいけない、そしてそれはとてもナチュラルなことだと感じました。

この誕生日のことに限らず、もう○○のことは信用しない、やっぱり本当に信頼できるのは○○ちゃんだけ、

こんなことを幼稚園の頃から最近までやっていたような気がします(笑
気づくのが遅い!

何回かセッションでもお話いただいた、この世のものに信を置かない、このことがようやくわかりかけてきました。

これは寂しいことではなく自由になることですよね。そんな風に思います。

また別の友人を見ていて思ったことです、

ひとつひとつ成功体験を積み重ね、仕事の幅も友人の幅も広げてSNSでは毎日楽しそうな書き込みがあるのですが、定期的に寂しい、という連絡がきます。ここだけは変わらない。

わたしも含めて、この世の出来事が上向きになるように、そして前より状況が良くなると、その自分をさらに強固なものにしようとさらにチャレンジを続けます。これは悪いことではないのですが、大元の原因を見ず置き去りにしてるので結局自分は変わってない、というところに至るのですね。原因を見つけられないようにエゴが仕掛けた罠のひとつなのでしょうが‥。

これらのことはコースやセッションで教えていただいたことですが、彼女を見ていてすごく腑に落ちました。彼女はわたしです。

その生き方は否定するものではありませんが、わたしは抜けたいです。なのでコースを頑張ります(笑

長々とお読みいただき今回もありがとうございました。


(匿名 女性)


IMG_2445.jpg


2017/09/29

この世はギャンブラーの世界

ACIMセッションを通して、

一緒にコース(奇跡講座)を学んでいる森有規さんから感想メールをいただきました。

その感想内容は、とてもユニークで森有規らしいなと感じました。


「秋の深まりとともにわたしの帰還の旅も面白みが増してきました。」


その言葉から彼のコースの学びがますます進んでいっておられることが伝わって来ます。


ご本人のご了承のもとに、いただいたメール内容そのままをご紹介させていただきます。

コースを学んでいる方々にとって参考になれば幸いです。

ご興味のある方は、ご覧くださいませ。


・・・・・・・・・・・・


もりGさま

おはようございます。
名古屋は寒い朝でした。
秋の深まりとともにわたしの帰還の旅も面白みが増してきました。

もりGさんのセッションを検討されている方へ
参考になればと思い感想を送ってみます。

==

「この世はギャンブラーの世界」

継続的にセッションを受け始めて10ヶ月近く経過しました。
穏やかな日もあれば荒れた日もあります。

奇跡講座で言われている幻想は狂気の世界。

自我のレジスタンスに振り回されることもしばしばあります。
人生に対する苦しみから聖なる帰還を選んだのですが

その苦しみを和らげるために色々な賭け事を見つけてきてくれます
引き寄せだとか具現化、現象化もそのようなものかもしれません。

しかしながらどれもが必ず上手くいくわけでもなく
あれこれ手法を探しては一喜一憂することばかりです。

まさにギャンブルそのものです。

負け続ければそのまま諦めやすいのでしょうが
時々勝たせてくれるので何とも辞めづらいものです。

これは日常生活にも言えそうなことです。

「うまくいきますように」
それは「この勝負に勝てますように」と同じでした。

競馬の必勝法を知るのにお金をつぎ込むのも
引き寄せ法則を学ぶのに受講料を支払うのも
大差がないことに気づきました。

と同時に
だからこそ「好きにしていればいい」ということ。

ギャンブルに疲れ果てて、とぼとぼ歩いて帰っていっても
父は咎めることなくいつも両手を広げて待っていてくださるのですから。

これからもよろしくお願いいたします。

愛知県の中年男性(森有規さん)より


IMG_2434.jpg


2017/09/26

愛への抵抗の終焉

わたしたちは、だれもが幸せになりたいと思って生きています。

だれもが、幸せになるために、そのために日々生きていると言っても過言ではありません。


ただ、わたしたちは、本当のところ「幸せ」が何なのかわかっていません。


むしろ、わたしたちは「幸せ」というものが何なのかわかっていないから、

この世界にいる(この世界を知覚している)ということが言えると思います。


コース(ACIM/奇跡講座)の形而上学からいえば、

わたしたちは幸せが何なのかわからないどころか、

幸せになることを避けて(拒否して)いると言うことが出来ます。


そして、それを可能としているのがこの世界だといえます。


わたしたちは、そんな世界を自らが選択しているということです。


自分の深層心理(無意識)へと深く掘り下げていくならば、

そのことが明白になります。


そう、コース(ACIM/奇跡講座)の道を歩む上では、

わたしたちの心の中には、幸せになりたくない自分や、

幸せになることを邪魔している自分がいる、ということを知っておく必要があります。


そのことを自覚して認めていくことから、この学びははじまると言っていいと思います。


コース(ACIM/奇跡講座)を学ぼうとするならば、

そこには必ず「真理(神)を求めている自分(聖霊)」と

「真理を求めることに抵抗する自分(自我)」とが

相反するかたちで両方の自分が心の中に存在するということをわきまえておかねばなりません。


そのことを無視して、ただ真理(神)を求めてもそれは無謀なことでしかありません。


そもそもコースとは、

そのことを踏まえた上でイエスがどのようにそこから心の訓練を成していけばいいのか?

その道を示したものだということが出来ます。


ようするに、コースを学習する者にとって、

そのことを知ったうえで学びを進めていった方がよりスムーズだということです。


私自身も、コースを学び、赦しを実践し、心の訓練をしていてそう思います。


そして、ケン・ワプニック博士も自らの著書でそう述べています。


あなたは、自分のことを「すべてのひとを愛している聖なる神の子」という前提ではじめるよりかは、「こころのないサディスティックなビースト(悪玉)である」という前提からはじめるほうが、よっぽどか、順調にすすめるでしょう。あなたは、この身体のなかにいるかぎり、自分は殺人者なのだ、という前提ではじめたほうが、ずっと順調にいくでしょう。あなたは正しいと思いたいし、あなたは存在していたいし、身体でいたいのですから、あなたはいま殺人者であるだけでなく、これまでもそうだったし、これからもそうなのだろう、ということです。

ー『Ending Our Resistance to Love』  Dr. Kenneth Wapnick よりー


ここで「殺人者」という言葉で書かれてありますが、

それは、けっして言い過ぎた言葉ではないと思います。


わたしたちは幸せというものを拒否しているどころか、

自らを殺そうとさえしているということです。

ゆえに、わたしたちは死ぬ(という体験をする)のだといえます。


とはいえ、本当は、死はありません。

死ぬことが可能である、と信じ込んでいるにしかすぎません。

そのように信じ込んでいる想念から作られ、そして体験している世界が、この世界です。


この世界を現実だと思っているのは自分です。

この世界をあえて選択しているのも自分です。

その自分の心は、狂気です。

その自分の心は、病んでいます。


でも、その自分(自我)は、幻想なのです。


そんな自分だからこそ、

正しく判断する存在として与えられた聖霊にすべての判断(ジャッジ)をゆだねていくことが、

わたしたちがしていくことであり、このコースの道だと言うことが出来ると思います。


IMG_2444.jpg


2017/09/19

他ならぬわたしでした

個人セッションを通して、一緒にコース(ACIM/奇跡講座)を学んでいる方から、

セッションの感想レポートをいただきました。

その感想レポートの内容が、

コースを学んでいる方々にとってとても参考になるかと思いましたので、

ご本人のご了承のもとにシェアさせていただきます。


赦しの実践においてわたしたちがすべきことは、

心の中に闇(罪悪感)を隠しているのを明るみにして、

それを聖霊に差し出していく(取り消してもらう)ことだといえます。

それなしで神のみもとに帰るということはあり得ません。

心に闇を抱えたままで目覚めるということはあり得ないということです。


ご興味のある方は、ご覧くださいませ。


・・・・・・・・・・・・


もりG 様

昨日はセッションをありがとうございました。


昨日のセッションで出てきた、黒いもの。
煙。全てを包み込む得体の知れない闇。
これだけは触れてはいけない。
大元(根底にあるもの)。
今までとは次元の違うもの。
でもそれがわたし。
わたしの始まり。

全てはわたしが作っていたこと。
自分を監視するために、友人を配置した。
自分がずっと罪悪感を感じていられるように。
その人の目を通して。

それで今朝また思い出したことがあります。

昨日のセッションでお話したことと似ているのですが
(当時、)ある友人をわたしは結婚式に呼ばなかったのですね。正確にいうと、うっかり連絡するのを忘れたのです。
そんなことある?と自分でも思いますが、
あったのです。小さな頃のうっかりを繰り返してますね。

彼女から今度結婚するんでしょ?と言われ気づいたのですが後の祭り。そしてその時謝って招待することができませんでした。

その後も彼女とは数年に一度顔を合わせます。
彼女に嫌われてるとは思いませんが、会うたびあの時のことを思い出します、傷つけたかな、悪かったな、と。

これも自分を罪に縛り付けておくためなのかな、と思いました。

開き直るつもりはありませんが、定期的に思い出しては落ち込むので、そうゆうことなんだろうと。

こんな風にしてこの世界に自分を縛っておく。
その為に仕掛けたこと。自作自演。

他にも思い当たる(自我の)仕掛けはたくさんあります。
これらを1つ1つ赦していくのですね。
結局その人たちの目を通してわたしを見ているのは、他ならぬわたしでした。
やっぱりショックですね‥
でもそれがわかってスッキリもしています。

わたしがしてきたことは問題を解決することではなくてややこしくすることでした。

でもその時は一生懸命だったので、戦うのではなく癒して解放して浄化してあげたい。

悪役を演じてくれた人にも感謝なのですね。
(その人の) 体を貸して(役を演じて)くれた。

本人を目の前にしてそう思えるかどうかはまだわかりませんが、やることは赦しだけなのですね。

導いて力を貸してくださってありがとうございます。

昨日のセッションの後、ここから始めましょう、というメッセージに泣きました。
ありがとうございます。

自分と関わっていく人、聖霊さんが連れてきてくれる人も、今の自分に都合のいい人だけではないと、これもようやく理解しました(笑)
でも仲間も欲しいです。
心分かち合える友。
現れてくれるといいなと思います。
求めてみます。


長くなりました。
読んでくださってありがとうございます。


(新潟 女性)


IMG_2439.jpg


2017/09/12

コースは自我に取り組んでいく道である

コース(ア・コース・イン・ミラクルズ/奇跡講座)を学ぶということは、

あらゆるものを手放していくことになるので、厭世的な道に捉えられたりします。


たしかに、そう捉えられても仕方ないなと思います。


というのも、従来わたしたちが社会教育の中で学んできた考え方とは

まるで真逆の方向へと向かうようなものなので、

コースは万人にはなかなか受け入れがたいものだと言うことができます。


コースがなかなか受け入れがたいもうひとつの理由として挙げられるのは、

コースは、真理や愛といったものを求めていくような道ではなく、

コースは、自我に取り組んでいく道であるということです。

またそれこそが、コースの特徴と言ってもいいと思います。


それは、真理を追い求めるというものではなく、

それは、愛を追い求めていくようなものでもなく、

それを邪魔している障壁、つまり、自我を直視していく道であるということです。


それは、人生を楽しんではいけないとか、清貧であらねばならないというものでもありません。

また、それは、自分を神聖さへと向上させていくというようなものでもありません。


コースは、闇(幻想)を光(真理)のもとへと運んでいく道だといえます。

幻想(この世界)を信じている心(誤った心)をホーリースピリットに­明け渡していくこと。

それが「赦し」というものであり、

わたしたちがしていくこととはそういうものなんだと思います。


とはいっても、自我は、この道を歩んでいくことにひどく抵抗したりします。

自我をあなどってはいけません。

自我は、ほんのちょっとした隙間にも巧妙に入り込んできます。


ある意味、この道(ア・コース・イン・ミラクルズ/ACIM)は、

それらの自我と根気強く向き合っていく道であると言ってもいいでしょう。


IMG_2433.jpg


2017/09/07

一切皆苦

この世界は、二元性の世界であるゆえ、

どこまでいってもやはり光と闇が存在し続けることから逃れることはできません。


それは、光だけをいくら追い求めても、

闇はどこまでも追いかけてくるということを意味します。


そう、その闇とは、絶望、幻滅と言い換えることができます。


この世界においては、絶望、幻滅から決して逃れられることはできないのだということです。


この世界とは、そういう世界であり、

つまるところ、わたしたちは、そんなろくでもない世界にいるということです。笑


コース(ア・コース・イン・ミラクルズ/ACIM)の中でイエスは、こう言います。


「この世界に見い出せるものは、病気、苦悩、そして喪失と死ばかりではないか。

そんな世界になぜあなたがたは好んで居続けようとするのか。」と。


この私も、もちろんのこと、

まだまだこの世界に歓びや楽しみを見い出そうとする自分がいることは否定できません。

そういう誘惑にかられてしまうときもよくあります。


そもそも私がこの人生でスピリチュアルの旅(真理の探究)をはじめたきっかけは、

「この世界は苦しみでしかない(一切皆苦)」

というお釈迦さまの言葉に救い(光)を見い出したからだったことを思い出します。


その当時、私は、この世界から自由になりたい、

終わりなきこの輪廻転生の時間の旅を終わりたい、と強く望んだことを覚えています。


それから、もうかれこれ25年が経ちます。


「この世界を超越したい」「この世界から自由になりたい」

というあのときの願いは、それこそがまとも(正気)だったのだと今あらためて思います。


そして、この私と同じように、

「この世界から自由になりたい」という想いにかられている兄弟が、

この世界にはもっといるのだと思います。


私がことばを綴るのは、そんな兄弟たちに向かって書いているのかもしれないと思います。


IMG_2427.jpg


2017/09/06

心理セラピー(サイコセラピー)について

私(もりG)が提供している心理セラピー(サイコセラピー)は、

どんなことをしているのか?わかりやすく書いてみたいと思います。


心理セラピーでは、クライアントさんが今抱えている問題や悩みをテーマに、

それをきっかけに心の無意識へとアプローチしていくことをしていきます。


心の(無意識の)中に入っていくそのサポートをしていると言うこともできます。


ちなみに、自分の心の中を見つめていく作業を、

「Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)」と呼びます。


Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)という言葉について説明しますと、

通常、日本語ではスピリチュアル用語として「内的探究」と訳されています。


ただ、私の見解では、

「探究」という言葉は、何かとりとめのないものを探すような意味合いをイメージしがちで、

あまりしっくりとする日本語訳とは言えません。


どちらかと言いますと、Inner Inquiryのワーク(作業)は、

自分の無意識の心の中を「調べ上げる」といったニュアンスに近いと言えます。


普段はまったく自覚していない心の中の領域に目を向けることをしていく、ということです。


もし、Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)を日本語で表現するとしたら、

直視、正視、内観といった言葉の方がピッタリと来るように感じます。


と言いましても、ただ自分の心に対して正直になっていくだけのことだとも言えます。


つまり、Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)とは、

自分の中の、本心を明るみにしていく作業だと言うこともできます。


それは、自覚していない感情、記憶、思考、想念、信念などを明るみにしていく作業でもあり、

さらに言うなら、無意識に隠された闇の部分に光を当てていくようなものだということです。


闇に光を当てることで、闇だった部分があからさまになっていきます。

そのプロセスにおいて、気づき、癒し、知覚の訂正といったことが起きていきます。


知覚が訂正されることで、心がより軽やかで穏やかなものへと変容していきます。


自分人生の謎が紐解かれていくとともに、この宇宙の神秘の謎も紐解かれていきます。


それは、あなたにとってのスピリチュアルな旅の劇的な跳躍となるでしょう。


あなたが真摯に自分自身の心に正直になっていくならば、

あなたの想像を遥かに超えた体験がもたらされることになるでしょう。


私(もりG)が提供している心理セラピーでは、そういうことをしています。


興味のある方は、どうぞ一緒に、

「Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)」というものを体験してみてください。


IMG_2436.jpg