2017/09/06

インナーインクワイアリー・ワークについて

もりGが提供するサイコセラピーセッションでは、「Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)」という作業(ワーク)を行っていきます。


Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)という言葉について説明しますと、ふつう、Inner Inquiry を日本語では、スピリチュアル用語として「内的探究」と訳されています。


ただ、私から言わせてもらうと「探究」という言葉は、何かとりとめのないものを探すような意味合いをイメージしがちで、あまり、しっくりとする日本語訳とは思えません。


どちらかと言いますと、Inner Inquiryのワーク(作業)は、自分の無意識の心の中を「調べ上げる」といった感じに近いと言えます。

普段はまったく意識していない心の中の領域に目を向けることをしていくということです。


なので、Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)を日本語で表現するとしたら、「内観」という言葉の方がピッタリと来るように感じます。


だた、「内観」と言いましても、もりGならではの聖霊の直感に従っていく手法で無意識の中を掘り下げていくその深さは、「真我(神意識、普遍意識)」に到達するまでアクセスしていきますので、通常の内観とはまるでちがうものだということを体験していただくことになると思います。


いわゆる、Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)ワークは、自分の内側を内観しながら、心の中を整理していくものだと捉えていただくといいと思います。

それは、無意識に押し込まれた感情、記憶、思考(想念)、信念などを明るみにしていく作業(ワーク)でもあり、またそれは、スピリチュアル用語で言い換えるなら、ちょうど「カルマをクリアリング(取り消し)していく作業」というふうに言い換えることが出来ると思います。


また言い換えるなら、無意識の中に押し込めた闇の部分に光を当てていくようなものだと思っていただけたらいいと思います。

闇に光を当てることで、闇は何も無かったかのように止滅していきます。

そのプロセスにおいて、気づき、癒し、赦し、解放(知覚の訂正)といったことが起きていきます。


心が変わるだけでなく、知覚そのものも、より軽やかで穏やかなものへと変容していきます。


自分人生の謎が紐解かれていくとともに、この宇宙の神秘の謎も紐解かれていきます。


それは、あなたにとってのスピリチュアル・ジャーニー(スピリチュアルな旅)となることでしょう。


それと同時に、あなたが望むならば、その旅はこの時間の中での最後の旅にもなっていきます。


あなたが真摯に自分自身に正直になっていくならば、必ずやあなたは真の自由、真の幸福へと導かれていくことになります。


それが、私がセッションで行っている「Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)」というものです。



【もりGプライベートセッション】


IMG_2436.jpg


スポンサーサイト
2017/09/06

プライベートセッションについて

もりGが提供しているセッションは、「ACIMセッション」と「サイコセラピーセッション」の二つつのコースに分かれております。


ACIMセッションは、ACIM学習者や教師たちに向けたセッションです。対等に互いにキリストのビジョンを分かち合う場として、また学びの場としても活用していただけます。

また、サイコセラピーセッションを希望される方には、心理カウンセリングと心理セラピー(インナーインクワイアリー・ワーク)によって無意識の領域の感情、記憶、想念、信念などを整理(癒し、解放、統合)していくことをしていきます。


セッションでは、自ら進んで自己の内側と向き合う気持ちが必要です。

その意欲さえあれば十分です。


サイコセラピーセッションについて (Inner Inquiry ワークについて)

につきましては、こちらをどうぞ。


本当の自分に帰る」「わが家に帰る」「神のみもとに帰る」ことを、真に求めているあなたを心よりお待ちしております。


もりG



▶ プライベートセッションのお申込方法

▶ セッションの体験談・感想

▶ セッションルームへのアクセス

▶ セラピスト紹介

▶ お問合せ


IMG_2413.jpg