2017/12/29

愛を受け取る

Kさんからセッションの感想・体験談のメールをいただきました。

ご本人のご了承のもとに、いただいたメール内容そのままをご紹介させていただきます。

すべての方にたくさんの祝福がありますように。


・・・・・・・・・・・・


<Kさんからの感想メール>


もりGさま

おはようございます。

昨日ふと、空の雪を見ていると急に太陽の光が差してきて、なぜか涙が出てきました。

その感情を感じてみると、「私は愛を受け取るのが怖い、申し分けない、こんな私が宇宙の大きな愛を受け取る資格なんてない」という想いでした。

これは先日のもりGさまのセッションではじめてわかった想いと同じで、はっとしました。

それと同時に、「あなたがどんなに自分を責めようとも、受け取る拒否をしようとも、母なる宇宙の愛は途絶える事なくあなたを照らし続けます」と言われているように感じて、またまた涙がでました。

太陽の光を見ると、まるで私が進む道を照らし続けてくれていると言われている気がしました。

神の愛が大きすぎて、まだ受け取る事が怖いと感じますが、もりGさまのセッションを受けていて少しずつ自分の心を縛っているのは自分自身なのだという事に気がつきはじめました。

いつも いつも ありがとうございます。

(石川 女性)


IMG_2487.jpg


2017/12/25

これでいいのだ

すべてはそれでいいのです。

すべてはこれでいいのです。


あなたはそれでよかったのです。

あなたはこれでよかったのです。


わたしたちは、だれもが、この今もすでにゆるされています。


ありのままをゆるして、父のもとへ向かいなさい。

あるがままをゆるして、光へと向かいなさい。


解放のときは、今、です。


2017年のクリスマスの日に。

神の祝福がありますように。


IMG_2308.jpg


2017/12/22

クリスマスを祝う季節に

自分は何もできない、

自分はどうすることもできない、

と感じたなら、祈りなさい。

そして、

自分でどうにかする、

自分でどうにかできる、

というその想いを手放しなさい。

明け渡しなさい。

ゆだねなさい。


わたし(イエス)があなたに差し伸べているこの手を取りなさい。

わたしと共に父のものとに帰ることを意図して祈りなさい。


祈りなさい。

そして、自分は神の子であることを思い出しなさい。

自分はすでに愛されていることを思い出しなさい。

自分はすでにすべてを与えられていることを思い出しなさい。

そして、そのすべてを今この瞬間に受け取りなさい。

今この瞬間に愛と栄光の中で満たされていることを受け入れなさい。


わたし(イエス)の手を取るがいい。

父のもとに帰ることを意図しなさい。

そして、そのわずかな意欲だけで十分であることを知りなさい。


(追記)

今朝、瞑想をしている最中に私は平安と共にただイエスを感じていました。

イエスは私と共にいました。

イエスと一つでした。

それは、この世のすべてを照らすほどのものずごい力強い光でした。


IMG_2211.jpg



2017/12/19

自分はやはり、コースの道を歩いて行く

先日、プライベートセッションを受けられたJさんから感想のメールをいただきました。
約1年ぶりでしたが、Jさんもコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の道を歩みはじめられておられて、必要なタイミングでの再会だったのだと私も感じています。

「コースはまだ駆け出しですが、自分はやはり、コースの道を歩いて行くことになっているんだなということを再確認しました。」

同じ道を歩む兄弟と出会っていくことは、私自身も歩みの励みになります。
このご縁に感謝したいと思います。
ということで、ご本人のご了承のもと、いただいたメールの内容をセッションの感想としてご紹介させていただきます。

聖霊の祝福がありますように。

・・・・・・・・・・・・

<Jさんからのメール>

今回はセッションありがとうございました。
現実のあまりの恐れの大きさに圧倒されて駆け込み寺的にセッションを申し込んだのですが、大きな癒しが起こり救われました。
現実的な悩みだけでなく、これからの人生の大きな指針にまで踏み込むことになったのはこの時期に必要なセッションだったのだと強く思います。

ほぼ、1年ぶりのセッションでしたが、もりGさんのセッションはやはりすごい切れ味で圧倒されました。
コースの内容を交えたセッションは初めてでしたが、コースを自分でやっているだけではピンとこなかった聖霊の存在や聖霊が話かけていることを実感できたことは大きな経験でした。

コースはまだ駆け出しですが、自分はやはり、コースの道を歩いて行くことになっているんだなということを再確認しました。
自分でいろんな現実のアイテムを利用して赦しの実践をしていく時期が来たのを強く感じています。
イメージは赦しの強化合宿です(笑)。

もりGさんと出会ってから1年半が過ぎましたが、今回、久しぶりにもりGさんとお話していると、1年半前の自分との変化の大きさに改めてびっくりしました。

今とはまた違う自分として次回にお会いするのを楽しみにしています。
癒しの先輩として、もりGさんのますますの御活躍を期待しています。
お元気でお過ごし下さい。

(栃木 男性)

IMG_2483.jpg

2017/12/17

<告知>『ACIMウェブスタディ会』開催のお知らせ

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の学びを深めていきたい方々にとってうれしいお知らせです。


これまでも定期的に「ACIM学習会」や「ACIMシェア会」といったものを開催してきたわけですが、福岡という地域に限定されることのないウェブ版として、このたび、私(もりG)とフジヤマさん空禾さんと共に「ACIMウェブスタディグループ」を立ち上げることになりました。


このスタディグループは、コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)に興味のある方ならどなたでも自由に参加できるオープングループです。


つきましては、その第1回としまして「ACIM・ウェブスタディ会」を聖なるクリスマスの夜に、そして、第2回を年明けの1月8日に開催することになりましたので、そのお知らせとともに参加者を募集いたします。

あなたのご参加をお待ちしております。



【ACIM・ウェブスタディ会】


■日時:

 ・第1回 ACIMウェブスタディ会 2017年12月25日(月) 20:30~22:00

 ・第2回 ACIMウェブスタディ会 2018年1月8日(月・祝) 13:30~15:30


■開催形態:

 スカイプ(原則的にビデオ通話)にて行います


■参加費:

 無料


■参加対象者:

 ACIM(奇跡講座・奇跡のコース)を学んでいる方、これから学ぼうと思っている方



■お申込み・お問合せ:

 詳細につきましては、空禾さん(主催者さん)のブログ記事をご覧ください。



(追記)

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)は、自分の内なるガイド(聖霊/ホーリースピリット)を自らの教師とすることを目的としています。

ですので、間違っても幻想(他者)の中に教師を見つけていくものではありません。

コースの学びを実践的なところで共に深めていけるスタディグループになればいいなと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。


もりG


IMG_2482.jpg


2017/12/12

<お詫び>『ACIMシェア会in横浜』開催中止について

来たる年明けの2018年1月8日(月・祝)に『1day ACIMシェア会 in 横浜』の開催を予定しておりましたが、諸事情により開催が中止となりました。

ならんで1月7日、9日の『もりG個人セッション in 横浜』も開催中止となりますことをご報告させていただきます。

大変申し訳ございません。

すでにお申込みいただいていた方、楽しみにしていただいていた方々に、心から深くお詫び申し上げます。


みなさまとお会いできることを私も楽しみにしていたのですが誠に残念です。

今回、楽しみにしていただいていた方々と対面にてお会いすることはできなくなりましたが、ウェブ(スカイプセッション)というものでいつでもお会いすることが可能ですので、ぜひお望みの方はスカイプにてお会いできたらと思います。


また、その代わりとしまして、ウェブ(スカイプ)にてコース(ACIM)を互いに学びを深め合える機会を設けたいと考えております。


このたびは、本当に申し訳ありませんでした。

どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。


IMG_2476.jpg


2017/12/07

100%の確信への道

私は、コース(ACIM/奇跡講座)を学んできて、自分はかなりコースを分かったつもりになっていましたが、まだまだ全然だなと気づかされます。


私が、わかったつもりになっていたのは、形而上学的な理解の範疇だったのだと。


だからといって、形而上学の理解がなければ、実践などあり得ません。


そういう意味で云えば、私はこれからようやく実践のスタートラインに立ったのだと思います。


学びとは、体験・経験なのだといえます。


体験・経験こそが、自分に確信させてくれるものであり、いくら形而上学を学んでいったとしても、確信に変わるものではありません。


私が、望んでいるものとは、確信、なのかもしれません。


確信を持って、この世界を放棄できるように。


そして、神の平安だけを望めるように。


確信を持って、この人生を聖霊に明け渡すことができるように。


そして、100%完全にサレンダー(身を委ねる)することができるように。


それは、実践して体験・経験していくことによって成されていくのだと思います。


そのことを強く自覚する今日この頃です。


IMG_2478.jpg


2017/12/05

Form vs Content (形態 vs 内容)

デイヴィッド・ホフマイスターのトーク音声『 Form versus Content: Desire Content beyond forms(形態 vs 内容:形態を超えて内容を求めよ) 』の翻訳です。


ここでいう「形態(form)」とは、表面的なレベルで知覚しているもの(かたち)とういうふうに理解していただけると分かりやすいかと思います。

それと対比して、「内容(content)」とは、形態の奥にある実相という理解でいいと思います。


・・・・・・・・・・・・


<Form vs Content  (形態 vs 内容)>


今夜は「形態と内容」について話したいと思います。

なぜなら、真理を経験するために心を開きハートを開くことがシンプルであることを共有することや、真理を経験するためのはっきりとしたまっすぐで直接的な道を示すことは、とても役立つことだからです。

「形態と内容」についてまずはじめに、「形態とは、自我によってでっち上げられ、引き起こされ、捏造されたものである」と言っておきます。

すべての形態(form)、厳密に言えば複数形で表される形態(forms)は、間違いが投影されたものです。

深遠である真理の中で、愛は神聖なるものであり、抽象的なものであり、光です。

形態は、歪んだ知覚の一部であり、間違いの投影であり、真理から隠れるため、光から隠れるための企てです。

形態への執着は、形態への信念であり、形態を重んじているということです。

真理に形態はありません。

ワンネスに形態はありません。

抽象に形態はありません。

神を重んじ、愛を重んじることは、複数の形態は不可能であるということを理解することです。

形態は詳細を持ちますが、真理はひとつです。

聖霊やイエスは、(わたしたちが)愛の実在への気づきを阻むものを手放すために、自我が作り上げた具体的なものを使います。

言いかえると、形態は決して重要ではありません。

形態は、実例や指針として用いられます。

言葉は形態です。

そしてそれらの形態は、聖霊によって使われます。

神からの分離という信念を取り消すために使われます。

線形的な時間への信念や、具体的な形態への信念を取り消すために使われます。


内容(Content)は愛です。

形態を知覚することは、内容への気づきを曖昧にします。

コースの中でイエスはわたしたちにこう教えています。

「形態の知覚ほど、目を眩ませるものはない。なぜなら、形態を見ているということは、理解が曖昧にされていることを意味するからである。」(T-22.Ⅲ.6:7-8)

形態についての討論、概念についての討論、信念についての討論が誤りであることを、あなたは理解できることでしょう。

分離の信念は、矛盾しています。

なぜなら自我は矛盾の源だからです。

そして、自我は、複数の信念を生み出します。

この世界の中では、人々が互いに矛盾しているように見えますが、実際には、心の中の自我の信念が互いに矛盾しているのです。

ただ一つの助けとなる信念は、赦しです。

赦しは、単純に、誤りを誤りとしてみます。

赦しは、具体的な信念が不可能であるとわかります。

そして、分離の信念から発生したすべての信念は誤りです。

この世界は、多様な世界であり、時間と空間と具体性の世界です。

そう、多様性の世界なのです。

なおさら、多様性は価値あるものとされています。

しかし、真理はひとつです。

そして、愛もひとつです。

多様性は自我の投影です。

自我のレンズを通してこの世界をながめるならば、たくさんの形態を知覚することになると言えます。

しかし、そこにはただ一つの訂正があります。

赦しによる訂正は、贖罪です。

それは、シンプルに、誤りを誤りとしてみます。

神はスピリットです。

スピリットが創造するのはスピリットです。

たくさんの形態は、実際にひとつであるもの、これまで常にひとつであったもの、そして永遠にひとつであるものを隠しているようにみえます。


知覚の世界は、マーヤ(幻)の世界です。

幻想の世界です。

歪曲された世界です。

実相の中には存在しない場です。

過去は、何度も何度も線形の世界の形態として、歴史や想像の未来として形作られ繰り返されています。

自我や恐れは実在しません。

肉体や世界や時間は、ただの一瞬も存在してはいません。

わたしたちが「内容(実相)」に目覚めることは、スピリットそして神聖なる愛に目覚めるということです。


コースの道は、非常に直接的な道です。

テキストを勉強し、ワークブックを実践し、教師のためのマニュアルの指示に従うという実践的な道です。

ワークブックの中にあるように、この道は、行きつ戻りつしながら言葉を超えたところへ行く道です。

真理は、言葉の中には見い出せません。

真理は、言葉で言い表したり説明できるものではなく、経験されるものです。

直接的な真理の体験への道を開けるために、言葉は捨て去られるところへ達します。


言葉は、神学理論にとってはとても重要です。

しかし、神学理論は、直接的な体験の中へ飛ぶ踏み板にすぎません。

平安について話し、形而上学について話し、平安という言葉について話すことは、指針の中で心が眠っているということです。

指針は核心ではありません。

象徴は核心ではありません。

言葉は象徴の象徴にすぎず、実相からは二重に隔てられています。

これらの言葉は、儀式化されるものではありませんし、現実の経験の代替となるものでもありません。

言葉に捕らわれるのは、この世の罠です。

そして、断片化した知覚に捕らわれることも同じです。

言葉や断片化した知覚に専念する心は、真理への恐れから生じます。

すべてが分離する必要はどこにもありません。

この世界の意見、この世界の個人性、この世界の自律性は、分離への欲求からきています。

しかし、もしあなたが、あなたの完全な欲求であるワンネス、一体化、愛、真理、繋がりにフォーカスするならば、それ以外のものはすべて自覚から突然消えてなくなるでしょう。

完全なる愛は、恐れを追放します。


ヴェーダンタ(インド哲学)におけるヴェーダ(究極の知識)は、「Not two(二つに非ず)」といえます。

とても深い最高の教え、最高の智慧は、ワンネスの実体験の中の教えです。

コースの先生や生徒が陥る主要な間違いは、幻想の中に真理を運ぼうとすることです。

愛やワンネスに対して封印を掲げることによって、その封印の背後で満足しようとしています。

分離した財団、分離した言葉、分離した本、分離したカンファレンス、違う版の『ア・コース・イン・ミラクルズ』、それらはすべて、誤りの投影であり、愛に対する防衛であり、ワンネスに対する防衛です。

真理はシンプルです。

「同一のものが異なっていることはあり得ず、ひとつであるものには分離した部分はあり得ない。」(T-25.Ⅰ.7:7)

これが真理です。


わたしからのアドバイスは、最大限にできる限り直接的にシンプルに、コースを読み実践することです。

まるで、聖霊があなたに直接語っているかのように、コースを読んでください。

できる限り明確に率直に直接的に、聖霊に応答し返答してください。

そして、ワークブックで指示されていたり出されているお題を実践するときは、献身そして専心と共に目覚めることを期待して実践してください。

コースをただの本のように扱わないでください。

ひどい嵐の海で上へ下へと人生が流されいてるようなとき、その嵐の海とは、訓練されていない心のことです。

大いに心の訓練を要しているということです。

フォーカスすることと注意を向けることをかなり必要としています。

コースが1日に1個以上のレッスンをしないように言うときは、その指示に従ってください。

そしてコースが、訓練を転移(応用)することや、1日を通してアイデアを応用すること、その日のレッスンに例外を作らないことを求めるならば、それを行ってください。

ただそれだけを行ってください。

とにかくシンプルなままに行ってください。

様々な意見に対して無関心さ(公平無私さ)を、分離した視点に対して無関心さを育てていってください。

なぜなら、欲求は、一体化した世界をみること、赦された世界をみること、そして幸せな夢を直に体験することだからです。

そして、幸せな夢の向こうへと運ばれていきましょう。

(ただ、)幸せな夢は、なお幻想であり、想像を伴ないます。

一元化していない知覚は真理ではありません。

しかし、幸せな夢は(真理への)入り口です。

赦しという心の訓練にフォーカスしてください。

時間や空間という考えによって遅らせないでください。


自分自身にとっての一つの責任は、贖罪を受け入れることです。

唯一の責任は、贖罪を受け入れることです。

それ以外には何もありません。

線形の時間の物事に注意を費やすことによって時間を無駄にしないでください。

というのも、時間は肉体や世界と同じくニュートラルだからです。

聖霊に明け渡してください。

それらは崩壊し消滅するでしょう。

形態に意味はありません。

これはワークブックの第1番目のレッスンによって強調されています。

「この部屋の中に見えているものには、何の意味もない。」(W-pⅠ.1)

代わりに、内容に開かれましょう。

内容の実例としては以下のとおりです。

私は神が創造したままの私である。」(W-pⅠ.94 , 110 , 162)

私は霊である。」(W-pⅠ.97)


アーメン


『Form versus Content: Desire Content beyond forms』より

https://www.spreaker.com/user/davidhoffmeister/form-versus-content-desire-content-beyon


IMG_2477.jpg