2018/02/16

真理によってこの世を去る

IMG_2513.jpg


すべてを放棄して手ぶらになっていくというプロセスは、一見すると、死へと向かっていくプロセスにも似ています。


なぜなら、自分のものだと思っていたものや、手に入れたものすべてを手放すという意味では同じだからです。


まさに死とはそういうものであり、ひいては、「この世を放棄する」とはそういうものだと私は思い込んでいたことに気づきます。


正直に申しまして、「サレンダー(放棄する/手放す/ゆだねる)」の実践プロセスにおいて、私はある意味で死へと向かっているような心持ちでいたことを自覚するのです。


たしかに私自身、実際にこの道の歩みを「生きながらにして死へと向かう」というようなことばで表現していたこともありました。

それというのも、この世を超えていくために、この世への執着を手放すために、そのような捉え方をしたほうが私にとってとても都合が良かったのです。


ただ、今となっては、そういう考え方は誤った私の信念(観念)だということに気づくのです。

そういう考え方は、まさに自我にとっての都合のいい解釈でしかないと気づきます。


それは決して死へと向うようなものではない、ということです。

実在していると思っているものを放棄する、あきらめるのと、その中味(動機)がまったく異なります。


無であるもあるのは、無でしかないということです。

もちろん、死というものも無いのです。


ちなみに、「死」を象徴(シンボル)としてみるならば、それはまるでまわりから、みんなから引き離されて独りになっていくプロセスのようにみえます。

「死」とは、まさにそういうものです。

それは、ワンネス(わたしたちの本来の在り方)とはまるで真逆です。


「孤立」「独り」とは、まさに自我の誤った解釈ゆえに知覚されるものだと言えます。

わたしたちは、ずっとその被害者になってきたということです。

わたしたちは、もちろんその被害者になる必要などありません。

被害者をやめて、そこから自由になることもできるのです。


サレンダーという名の道は、死に向かうものとはまるで真逆の方向だということです。

むしろ、この道は、栄光と祝福に満ちていくものであるということに私は自覚するのです。


コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)では、こう述べられてあります。


この世界は死によって去るのではなく、真理によって去るのである。

- 『奇跡講座』テキスト第3章より  -


それは死ぬことよりも本当は簡単なことなのだと言います。

死に向かってこの道を歩んでいると思っていたのは、まさに私の勘違いでした。笑


この気づきは、私にとって大きな気づきであったことは否めません。


2018/02/16

<告知> 2/25「ACIMウェブスタディ会」のお知らせ

次回の「ACIMウェブスタディ会」のお知らせです。


この「ACIMウェブスタディ会」は、昨年末から始まったばかりの会です。

内容も進行もまだ手探りの状態ですが、少しづつかたちになってきている感じがします。

参加者のみなさんと一緒にこの会を創り上げられたらと思います。


あくまでもコースは、内なるガイド(聖霊)を自らの教師としていくのが目的です。

それでもコースを日々の中で実践している兄弟の言葉はときに有意義だったりします。

お時間のとれる方はぜひご参加くださいませ。


【2/25 ACIMウェブスタディ会】


■日時:

 ・2018年2月25日(日) 13:30~ (約2時間程度)


■開催形態:

 スカイプ(原則的にビデオ通話)にて行います


■参加費:

 無料


■参加対象者:

 ACIM(奇跡講座・奇跡のコース)を学んでいる方、これから学ぼうと思っている方


■お申込み・お問合せ:

 詳細につきましては、空禾さん(主催者さん)のブログ記事をご覧ください。


IMG_2134.jpg