2018/03/30

教えるということ

わたしは神の子として祝福されている。
わたしは幸せで、安らかで、愛に満ちていて、満足している。
 ー『奇跡講座』ワークブック レッスン40よりー

それが、わたしたちの本性です。

それが、この自分にとって、真のアイデンティティーだというのに、
まったくそのようには捉えていません。

本当は、私は神の子なのに、です。
本当は、私はキリストなのに、です。

私は、これまで自分は自分自身をまったそのようには思ってなかったと気づきます。

つまり、自分は幸せで、安らかで、愛に満ちていて、満足している、、、
というものが、自分の本性(本来の性質)だとは思ってもいなかったということです。

むしろ、その真反対を自分自身で信じ込んで(思い込んで)いたのだと気づくのです。

そして、その真反対の自分を揺るがない信念に仕立てるべく、
自分はこの世界で、この人生で、ことあるたびに自分に教え込んできたと気づくのです。

それは、だれに教え込まれたのではないのだということ。
それを教え込んできたのは、まさに、この自分自身だったということです。

ということは、
この自分は、自らの本性について自分に教え直していく必要があるということです、

そして、赦しの実践によって、それが訂正されていくのだと思います。

教えることは学ぶこと。
だれに教えるのか?だれが学ぶのか?と言うなら、それは、まさに自分自身にです。

そのプロセスは必要不可欠な道なのだと気づきます。
それなしで、神のもとに帰ることはあり得ないということです。

赦しとはそういうものだと思います。

贖罪が訪れるその時まで。
その学びが終わる時まで。

この歩みは、これまで自分に教えてきたものを取り消していく道だと言えますし、
教えるとは、まさにそれをしていくことなのだと言うことができます。

IMG_1852.jpg

2018/03/29

マキシマム

現段階においては、もう、マキシマム、と感じています。

この段階の学びにおいてはマックス(最高)に至ったと感じているということです。

このまでの自分や、これまでの生活や環境も含めて、
このまで自分がしてきたやり方、考え方、生き方、なにもかもに、飽きた、という感覚です。

だからといって、あれがしたい、これがしたい、ああなればいいな、こうなればいいな、
とか、今の状態が嫌だというわけではありません。

ただ、もう飽きた、と。

ちなみに、「飽きた」という感覚は決してネガティブな意味での感覚なのではありません。

「maximized(最大限に達した/満喫した)」という言葉のニュアンスに近いかと思います。

この段階での経験の広がりは、広がるところまでいった、Maxまで到達したのだと
そう想うと、なんだかしっくりきます。

それは、次のフェイズ(phase)への予兆なのかもしれません。

次の(変化・発展の)段階、 局面、 時期が来ないかなと期待する今日この頃です。
 
IMG_2185.jpg

2018/03/26

この世界に「信」を置いているということは

自分に正直になるならば、
「自分は神を信頼していない」とはっきりとわかります。

それは、「自分は神じゃないものを信頼しています」というのと同じことを意味します。

普通に考えてみても。
自分は、神よりもやっぱりお金であったり、仕事のことであったり、生活のことであったり、
そっちが大事だと思っているということは、そういうことです。

つまるところ、わたしたちは、
この今もずっと、神じゃないもの、実在しないものに「信」を置いているということです。

この世界を実在させているのがその証拠です。

そして、わたしたちは、(だれもがそうなのですが、)
神へ「信」を置いていないどころか、
むしろ、神を否定し、拒絶し、攻撃して抹殺してやりたいとさえ思っているということです。

そのことを自覚し、認めていくことが大事なのだといえます。

このコース(ACIM/奇跡講座)の歩みはそこからはじまるのであり、
そこからしかはじまらないのだと言うことが出来ます。

IMG_2151.jpg

2018/03/25

真理は、この世界とは一切関係がない

先日、コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の学習歴8年になる方と
お話をする機会がありました。

私自身にとってとても参考になったと申しましょうか、大きなヒントをいただき、
気づきがありましたので、そのことについてシェアしたいと思います。

その気づきとはどういうものかと言いますと、
真理は、この世界とは一切関係がないのだ」ということです。

というのも、これまでの私は自分の中に、これが真理だ、というものがあったせいで、
自分なりにわかったつもりになっている真理を武器にして、
他人を、この世界の人を、兄弟を、裁いていたということに気づくのです。

スピリチュアル探究の旅における私なりの学びや体験から、
私は「真理」をわかったつもりになっていたし、
私なりの真理に対する観念があったと気づきます。

でも、その真理とは私なりの思い込んでいる真理であり、
ほんとうの(実相である)真理とは一切関係がないのだと気づくのです。

この思考で考えているこの自分(自我)が真理というものを理解できるわけがないのに、
私は真理をわかっているつもりでいたと、そしてそれをこの世界で振りかざしていたのです。
でも、それは、私なりに想っている(知っていると思い込んでいる)真理であり、
その真理も、じつは自分が作り上げたものにしかすぎないということです。

正直なところで言いますと、
スピリチュアル・ティーチャーやノンデュアリティ・ティーチャーや
ましてやコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)においてさえも、
誰とは言いませんがティーチャー(教師)みたいなことをしているある一部の人に対して、
嫌悪感といいましょうか、否定したい、裁きたい衝動にかられてしまうところがあり、
これは一体何なのだろう?という想いがずっと自分の中であったのでした。

とくに、真理、悟り、目覚め、非二元のティーチャー(教師)たちに対しては、
見過ごすことができなくて、なかなか赦しというものができなかったのが事実です。
つい、それはちがう!と裁きたくなる自分がいたのです。

それで、自分でふと気づいたのが、
それはちがう!と裁くということは、
自分が「これが真理だ」と思っているもの(ものさし)があるからだということです。

自分はわかっていると思っているその真理こそ、
じつは、自分の想い込んでいる観念(幻想)なのだと気づくのです。

私は、(自分の知っている)そんな真理なんてもう要らないと気づきます。
私は、それだけは別ものとして例外をつくっていたということです。

例外なくすべてを明け渡すしかないのだと気づきます。

私は、なにもわからない。
それが、私の求めるゴールなのかもしれません。

IMG_1866.jpg

2018/03/24

私が歩んでいるこの道は

私が歩んでいるこのコース(ACIM/奇跡講座)の実践の道は、
自分の意識を高めていくようなスピリチュアリティでもなければ、
真理を追究していくようなスピリチュアリティでもありません。

前者に関して言うならば、
自分を高めていけば、あるいは自分がより良い自分へと変わっていけば、
その延長に覚醒とか悟りとかがあると、あるいは神になれると信じていますが、
それはとんだ勘違いだと言えます。
自我がいくら意識(波動)を高めていったところで、自我はやっぱり自我でしかありません。
でも、ついスピリチュアルな探究をしているわたしたちは、
自分(自我)が覚醒していく、あるいは、悟りを得ていく、神になれると勘違いしがちです。
私自身もそのように勘違いしてまさにさまざまなスピリチュアリズムをたどって来たことは、
否定できません。

そして、後者に関して言えば、
真理をこの幻想世界に持ち込もうとするのではなく、
むしろその真逆で、幻想を真理へと運んで明け渡していくのがこの道だといえます。
この世界を知覚しているわたしたちではけっして理解することのできない真理を、
言葉にして表現しようとして、わたしたちは真理をこの世界に持ち込もうとします。
自我は、つい真理をこの世界に持ち込もうとしたがるのです。
そもそも言葉にすることなどできないものを言葉にしようとするスピリチュアリズムに
自我は惹かれてしまうのです。
それはまるで、自分は檻の中にいるのに檻の外に出ようとはせずに、
むしろ、檻の出入り口で「檻から外の世界に出なさい」と語りかけているイエス(導き手)を
檻の中に引きずり込もうとしているようなものだといえます。
これまでの自分を振り返っても、そういうことをしていた心当たりがあります。

そういうスピリチュアルの旅路の果てにたどりついた先が、
今、私が歩んでいるこの道だと言うことが出来ます。

IMG_2171.jpg

2018/03/23

前と同じ様な自分に見えても、そこに罪悪感を持たず

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の学習をはじめられたばかりのSさんから
セッションの感想・体験談のメールをいただきました。

「前と同じ様な自分に見えても、そこに罪悪感を持たず、
コースを一つ一つ歩んで行けば良いんだと、気持ちを楽に持とうと思っています。」

この道は、前進してはまた後退したかのように感じたりしますが、
それでも一歩一歩、自分で心を訓練していくしか成し得ない道だといえます。
私も同じ道を歩んでいる者の一人です。
コースの道を歩みはじめた方々にとって参考になると思いますので、
ご本人のご了承のもとに、いただいたメールのままご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・

<Sさんからの感想メール>

もりG様

セッションでは、本当にお世話になりありがとうございました。

もりGさんの導きで、目の前の許せない事から始まり、どんどん深い所迄絡まった糸を紐解く様に、掘り下げて(内側を明るみにしていくお手伝いをして)頂きました。
過去世での体験(記憶)=「無念さ」をずっと引きずり、何をしても(すべてが)無駄になってしまうのが嫌‼️と言う感情が私の根元に常にある事に気付かせて貰えました。
そして、マリア様とイエス様が出て来て下さり、(これ迄の人生でイエス様とのご縁を感じなかった私には正直驚きでしたが…)、もりGさん立ち会いの元に、まるで洗礼を受けているかのように様に感じました。
新しい一歩を、イエス様に導かれて踏み出せた喜び(を感じました)。

セッション後も、自分が生まれ変わった様な感覚と、胸が軽く平安に包まれ…目の前の人にいつもの様に怒りも沸かず、幸せな3日間を過ごしてました。
でも、そんな幸せな感覚も長くは続かず、徐々に心身が重くなって行き、気が付けば以前の様に怒りを爆発させている私がいました。
そんな自分自身が情けなく、こんな状態の感想をもりGさんにお伝え出来ない…と、お礼のメールが遅れてしまいました。
でも、何とかしたい‼️と切に願う状況だからこそ、コース(ACIM)をもっと理解して赦しを実践出来るようなりたい‼️と強く思います。
未だレッスン29ですが、『神の使者』(ゲイリーレナード著書の朗読)をYouTubeで聞き、とても分かりやすく、ここ数日ずっと聞き続け、今日最期迄聞き終えた所です。
コースの素晴らしさを改めて感じ、このコースに出会えた事、もりGさんのご縁に感謝で一杯です。
本当にありがとうございます。
そして、前と同じ様な自分に見えても、そこに罪悪感を持たず、コースを一つ一つ歩んで行けば良いんだと、気持ちを楽に持とうと思っています。

(大阪 女性)
  
IMG_1789.jpg

2018/03/20

幸せじゃないからこそ

私にとってのスピリチュアル・ジャーニーにおいて、
そもそものこの旅のはじまりは、私が20代前半だった頃に遡ります。

真理、悟り、覚醒(目覚め)といったものを求めて、
このスピリチュアルな探究の旅は始まりました。

この旅がはじまったきっかけや理由についてはいかようにも述べることはできますが、
そのどれもが二次的なものにしかすぎず、ただそうなることになっていたのだと思います。

衝動にかられるままに、促されるままに、流されるままに、
ただその流れに従っただけ、あるいは、従わされただけということです。

真理を求めたい!という衝動といいましょうか、
それは、幸せになりたい!という衝動だったと言い換えてもいいと思います。

そして、私にとってその「幸せ」とは、永遠なる絶対なる真実の幸せだったということです。

そう、私は、当時、まったく「幸せ」ではなかったのです。

外面的にはたしかに幸せと呼べたのでしょうが、
その内側はいつも枯渇していたからこそ、
私は、真実の幸せを探しはじめたのだと今ではそう想います。

もし、それなりに幸せであったなら、それなりに満たされていたなら、
スピリチュアルな探求、真理の探究へと導かれてはいなかっただろうということです。

私が、今も向かっている場所とは、(真の)幸せ、というそれなんだと気づきます。

この私もまだこのスピリチュアル・ジャーニーを完了したわけではありません。

このスピリチュアル・ジャーニーが終わる時がいつか来るまで、
私はただただこの道を歩んでいくつもりです。

それは、生涯をかけて、という意味でもあります。

この私にとって時間というものが必要なくなるその時まで。

代替の「幸せ」に妥協することなく、
本当の幸せである真理だけを求めていく、その想いはこの今も変わらないということです。

IMG_2149.jpg

2018/03/17

否定することは実在させること

私自身のことで言いますと、
2016年の秋にコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の学習を再開して以来、
内側へ内側へとずっと意識を向けてきたように思います。
むしろ内側へと向かうために、外側というものをあえて全面的に否定していたと気づくのです。

たしかに、外側の世界に見えるものは何一つたりとも永続することはなく、
はかない幻想にしかすぎず、価値に値するものなど何一つない、といえます。

ただ、ここ最近、私が気づくのは、
これまで、私は、外側というものをただ否定して直視していなかったと気づくのです。

この世界を否定して、無(幻想)とはしていなかったということです。

外側の世界は、否定するものではなく、つまり、無、でしかないのですから、
この世界を否定するということは、つまりは、この世界を実在させていたということです。

この世界を否定する必要はないということ。

それは、ただ赦しのレッスンのための「教室」でしかないということ。

そんなふうに想う今日この頃です。

IMG_2499.jpg

2018/03/16

非二元(ノンデュアリティ)について

IMG_2180.jpg

ノンデュアリティ(非二元)のスピリチュアリティにおいて、
そのティーチャーたちの語ることばには、正直なところ、ウンザリしてしまいます。

彼らをみていると、いかにも目覚めた人のように振舞っていますが、
コース(ACIM/奇跡講座)を学んでいる者からみると、ちょっと滑稽だったりします。

それは、その他のスピリチュアル・ティーチャーにも同じことが言えます。

巷のスピリチュアル界には、さまざまなその類のティーチャー、マスター、ヒーラー、
ライトワーカーと名乗る人たちがいますが、

わたしたちは、この世界でいったいなにをしているのでしょう?(笑)

とくに、非二元(一元論の世界/真理)について語っている彼らをみて、
この世界から目覚めるべきは(救われるべきは)自分自身だとわかるだろうに、、、
と思ったりするのです。

ただ、この私も、
自分はこの身体である、自分は人間である、自分はこの世界の中に存在している、
世界がある、他者がいる、、、
というところから生きているので、または、そのように知覚しているので、
やっぱり、赦しをしていくほかないのだと思います。

ゆえに、コースを学んでいるのだし、それを実践していくしかないと思うのです。
 
IMG_2157.jpg

2018/03/15

「聖霊のガイダンスを聞く」ということについて

「聖霊を信頼する」ということについて書いてみたいと思います。

まず、私がコース(ACIM/奇跡講座)を学んできた理解において、
個人的に感じていることは、
 (聖霊の)ガイダンスを聞きなさい! と歌っているACIMティーチャーもいますが、
私が理解するコースはそういうものではないということです。

たしかに、このコースは、聖霊なしではけっしてあり得ない道ではあります。

ただ、この道(ACIM/奇跡講座)は、
聖霊のガイダンスを聞いていくというものではないということです。

もし、聖霊が信頼できていないのであれは、
信頼できない、信頼したくない、といった自分(自我)を直視していきましょう、
というのがコースの道であると思うのです。

コースは、愛の障壁、平安の障害となるものをみつけていく道であり、
実践的には自我を直視して(認めて)いくことをしていく道だということです。

コースでは、それを「赦し」と呼んでいますが、
その「赦し」の実践をしていくのに聖霊が必須になりますし、
その実践をしていけば、おのずと聖霊への信頼ができていく仕組みになっているといえます。

何が言いたいのかと申しますと、コース(ACIM/奇跡講座)は、
ただ、やみくもに聖霊のガイダンスを聞いていく、 というような道ではないということです。

コースは、霊性の道ではあるものの、もう一方の側面では、
心理学的な要素が織り込まれたものであるということを忘れてはならないと思うのです。

IMG_2158.jpg