2018/04/30

<告知> 5/20「ACIMウェブシェア会」のお知らせ

5月の「ACIMウェブシェア会」のお知らせです。


コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)は、

「テキスト」「ワークブック」「教師のためのマニュアル」」の3冊があれば、

自学自習で十分に学べるものだと私は思います。


ただ、そうは申しましても、私自身のことで言いますと、

一人で学んでいた頃と比べると、

今はシェアできる仲間がいたり、先にコースを学んで実践している人たちの言葉によって、

その学びを飛躍的に進めてくれていると感じています。


この「ACIMウェブシェア会」をそのようなものとしてお役立ていただけたらと思います。


ACIMに興味のある方、 ACIMを学んでいる方など、お気楽にご参加ください。



【5/20 ACIMウェブシェア会のご案内】


■日時: 2018年5月20日(日) 10:00~ (90分~120分程度)

■開催形態: スカイプ(原則的にビデオ通話)にて行います。

■参加費: 無料

■参加対象者:ACIM(奇跡講座)を学んでいる方、これから学ぼうと思っている方

■お申込み・お問合せ:

 詳細につきましては、空禾さん(主催者さん)のブログ記事をご覧ください。


IMG_2289.jpg


2018/04/29

魂について

わたしたちは、魂を磨いていけば、魂を成長させていけば、

目覚め(覚醒/アウェイクニング)へと辿り着けると信じて、

スピリチュアルな学びをしてきたと言っていいと思います


そのスピリチュアルを学びをしてきて、

しかも非二元のスピリチュアリティにたどり着いて、

はっきり気づくのは、

魂という考え方そのものがおかしな考え方(変な考え方)であるということです。


魂は、輪廻転生していると思われている個的なスピリットのことを言いますが、

それって、個別の肉体(身体)があるのと同じように個別の魂があるということですから、

非二元からみたならまさに変な考え方だと言わざるを得ません。


魂とは、時間の中を旅する分離意識ゆえの幻想でしかないと言うことが出来ます。


わたしたちの本質は一つです。

スピリットは一つです。

本当は、個別の「魂」というものがあり得るわけがないのです。


魂をいくら磨いていったところで、魂をいくら成長させていったところで、

いくら洗練していったところで、

どこまでも分離が終わるということはないわけで、

ようするに、そのようなスピリチュアリティと「目覚め」とは一切関係がないと。


目覚め(アウェイクニング)とは、分離の幻想が終わることであり、

つまりは、一なる神(ワンネス)を思い出すことであるのですから。


わたしたちはこの幻想の中で、幻想から目覚めようとしているわけで、

ある幻想からまたあるより良い幻想へなっていったとしても、幻想は幻想でしかありません。


スピリチュアルの学びというものについていえば、

学ぶということを終わっていくことがわたしたちの目的であることを忘れてはいけません。


わたしたちが最終的に帰っていくところとは、そういうものだということです。


IMG_1886.jpg


2018/04/28

断捨離

私にとって、
「これまでの考え方」というものは、もうこの先には持っていけないと気づきます。

「これまでの考え方」とは、自分のこれまでの常識としてきた考え方のことです。

むしろ、この先の歩みはそういうものがもう要らないのだ、ということなのだと思います。

古い荷物の断捨離をしながらそう想うのです。

これまでの繰り返しを続けたいのか?終わるのか?
そのどちらかしかないとなったなら、おのずと、答えは出るはずです。

これまでの考え方を捨てて、思い切って断捨離するほかないです。笑

IMG_2282.jpg 
2018/04/18

聖霊の必要性

聖霊の必要性、重要性にあらためて気づきます。

「聖霊」でも「大いなる自己」でも「神」という呼び方でもかまわないのですが、
そういった自己を超えた存在なしで、これからの道のりはあり得ないなと感じています。

正直、これまでの自分は、聖霊をさほど重要だと、必要だとは思ってはいませんでした。

むしろ、都合のいいときにだけ聖霊にゆだねるということをしていて、
それ以外は、やはり自分(の力)でどうにかしようとしていたということです。

でも今では、この学びも、この人生も、この歩みも、
もう聖霊なしではこの先へ進むことはできないと感じています。

自分ではあれがしたいこれがしたいというのもあまりなくて、
むしろ、自分の力ではないところで目に見えない大きな力が働いて導かれている、
というのがいまの私の正直な心境といったところです。

もちろん、自分でどうしたいこうしたいという気持ちを手放して、
聖霊に明け渡してきた感覚もあります。
むしろ、それが私にとって自然な感覚ですらあったのです。

聖霊(遥かなる大いなる力)にただ導かれていくだけ。
もう聖霊におまかせです。
それが、今、私が感じていることです。

これまでもそうだったのですが、
これからもさらに本気でゆだねていくほかないのだと思う今日この頃です。

IMG_2250.jpg

2018/04/17

自分は満たされてはいないという自覚

わたしたちは、「この自分がいかに満たされていないか、いかに幸せでないか」

ということにまったくと言っていいほど無自覚だといえます。


 無意識的なところではそのことを常に感じているにも関わらず、

この世のものでそれを埋め合わせることに躍起になって、

そのことが不自然なことだとはだれも疑うことがありません。


それなりの「幸せ」でそれなりの、真理から自分自身を欺いているということです。

まんざらでもない状態でそれなりに満足しているというか、妥協している

というのがわたしたちがしていることです。

もしくは、その状態にマヒしてしまっているといえます。


そんなわたしたちにとって、

「自分は満たされてはいない、自分は幸せでない」

と自覚することは真の幸せを求めるためにとても重要なことだといえます。


そして、もしあなたがそう感じているのなら、

ある意味でとてもラッキーだと捉えていいと思います。

なぜなら、その自覚によって真の幸せを求めるきっかけになり得るからです。


自分はまだ真に満たされてはいない、自分はまだ真に幸せではない、と、

わたしたちはもっともっと自覚的になる必要があるといえましょう。


その自覚こそが、真の幸福へと、神のもとへと帰りたいという意欲となって、

あなたをその旅へと誘うことになるでしょう。


IMG_2257.jpg


2018/04/16

分裂した心

真理からみれば、わたしたちはだれもがみんな精神分裂症だということが出来ます。

例外なくだれもがみんな、です。

自分はこの世界にいると知覚しているかぎり、そうだということです。


自分の内側をよくよく内観(Inner Inquiry)するならば、

自分の心の中に「神を求める自分」と「神を拒否している自分」の

相矛盾する両方の心があることがはっきりと認識されます。


つまり、それは心が分裂した状態であり、

それこそがこの分離の世界を、この二元性世界を生み出す原因となるものだと言えます。


わたしたちは、神のもとに帰りたいと望んでいながらも、

同時に神を怖れている、神に抵抗している、神と戦っている、、、

ということがじつはだれもの心のなかで起きているのです。


「神」という言葉を、「愛」といった言葉で置き換えてもかまいません。

さらにまた、「神」という言葉を、「平安」や「幸せ」という言葉で置き換えてもいいです。


もし、あなたが、自分はなぜ不幸なのだろう?

どうして、自分は幸せではないのだろう?

なぜ、自分は幸せになれないのだろう?と感じているのならば、

つまりは、そういうことだと言うことが出来ます。


幸せを求めていながらも、真に幸せになることを拒否しているということです。

そのように分裂した心のままでも幸せになれる、と信じているということです。


まさに、その分裂した心とは、狂気としか言いようがありません。


分裂した心のままいくら幸せ(神)を追い求めても、

幸せ(神)に到達するということは絶対にあり得ません。

というのも、いくら幸せ(神)を求めようとも、

幸せ(神)に向かおうとするのを邪魔する自分と悪戦苦闘することになるだけです。


たぶん、これまでのわたしたちは、スピリチュアルや宗教や修行という名のもとに、

そのことに計り知れないほどの時間と労力を費やしてきたのだといえるでしょう。


まさか、自分の中に、自分が幸せになることを咎める自分がいるとは、思えないことでしょう。

とくに、スピリチュアルの探究者たちは、自分の中に神(幸せ)から遠ざかりたい自分や、

神(幸せ)に抵抗している自分がいることを認めたくはないかもしれません。


神を咎めている自分、神に抵抗している自分、、、それを、自我(エゴ)と呼びます。

その自我に気づいていくことが、神に向かうための第一歩になります。


そして、その自我を見つけ出していくことが、わたしたちが取り組むべきものだといえます。


けっして、自我を無視したまま神(愛)へと向かうことはできません。

もし、そうするならば、それは自我と戦うということであり、その戦いに終わりはありません。


まずは、神(愛)に抵抗している自我に気づいていくことです。

そのためには、自分の内面の無意識に取り組んでいく必要があります。


神(愛)を阻む障壁を見つけ出していくこと。


私がしているセラピーとは、そういうものだと理解していただいていいと思います。


IMG_2221.jpg


2018/04/12

死を選択している自分

「死」ってなんだろう?と思ったとき、
(もし神からの分離があり得るとしたなら)
神とはまったくその対極(真逆)にあるものなんだろうなと思います。

たとえば、この世界で死に近づいていくとき、
一般的に見た場合、わたしたちは、老いて、病になっていくプロセスをたどります。

そのプロセスは、まるでみんなから引き離されて独りになっていくプロセスのようにみえます。

それは、孤立、孤独、独り、といったものを連想させます。

それは、ワンネスとはまるで真逆です。

まさに、「死」とは、そういうものなのかなと思ったりします。

わたしたちは、だれもが「この自分はいつか必ず死ぬ」とわかって生きています。

それは、自分は神から分離したと信じているということであり、
それは、神を拒否している、否定している、攻撃している、ということであり、
それは、自分は永遠の命ではなく、自分は死ぬ、という選択をしているということです。

それゆえに、この自分は、
この「世界」でこの「身体としての自分」を体験しているのだといえます。

IMG_2227.jpg

2018/04/09

にっちもさっちもいかなくなるときこそ

にっちもさっちもいかなくなるときや、
八方塞がりのときこそ、赦しを通してイエスや聖霊に明け渡すチャンスなんだと気づきます。

それは、自分(自我)を明け渡して、この世界を放棄して、
イエスや聖霊にゆだねるようになるための道だといえるでしょう。

自分でどうにかできると思っているうちは、
自分にとってイエスや聖霊が必要不可欠だとはさらさら思っていないといえます。

それはなにを意味するのかというと、
神の国(天国)にはまだまだ帰る気などありませんと宣言しているようなものだと。

ワプニックさんは、こんな言い方をしています。

「もう自分ではどうにもできません、もう自分ではどうしていいかわりません」
 という状態になることをイエスや聖霊はずっと待っているのです、と。
 

IMG_2218.jpg


2018/04/08

信頼について

ガイダンスからのメッセージです。
テーマは、「信頼について」です。

IMG_2276.jpg

目的は何か?を忘れないように注意深く警戒していなさい。
見守っていなさい。

何のために?何の目的でこの学びを進めているのか?その目的を忘れずにいるなら、
あなたは決して乱されることはありません。
むしろ、あなたは確実な道を歩んでいるということを信頼の中で育んでいくことになります。

この世界がその目的のための「教室」であることを知りなさい。
あなたの心を動揺させるものがあるとき、
それを赦しのチャンスとするのです。
つまりは、その動揺があなたをこの世界から自由にするためのアイテムとなるということです。

もし、あなたの心が動揺するのなら、
あなたは自分で人生をコントロールできると信じているということ。
目の前に起こる局面を自分の力でどうにか対処できると信じているとき、
目の前にある問題を自分で解決しようとするとき、
あなたは「信頼」というものから離れていることになります。

自分の力でどうにかしようと、
自分でどうにかできるとあなたが信じ込んでいるとき、
あなたは、この世界からは出たくないと言っていることになります。

自分は何が最善なのか?がわからないのだと、
そして自分はそもそも人生をコントロールなど出来ないのだと知りなさい。
そのことをただ受け入れる時、
あなたの心は、この世界を超えたものに信頼を置きはじめたことになります。

自分の力でコントロールすることを手放すことが、「信頼する」ということなのです。

あなたひとりでは、何もできないということを知りなさい。
あなたはひとりでは何も成し遂げられないのです。
むしろ、あなたは自分ひとりで成し遂げる必要はないのです。

自己を超えた大いなる存在に明け渡しなさい。
任せていればいいのです。

それが信頼するということであり、その信頼からこそ奇跡という道はじまっていくのです。
信頼によって、あなたはすべてのコントロールを手放し、自分を放棄し、この世界を放棄して、
やがてあなたはこの世界から完全に自由になっていくことでしょう。

それが神の意志であり、真のあなたの意志であるのですから、
それは、必ずや成し遂げられることになります。

そのただ一つの目的のために、あなたはこの時間と空間の世界にいるのだと気づいていなさい。

それが、わたしからあなたへのメッセージです。

わたしはあなたを愛しています。

IMG_2277.jpg

2018/04/07

例外はない

コース(ACIM/奇跡講座)を実践していて、

ある部分ではこの世界は幻想だと放棄しておきながら、

他の部分においてはやっぱりこの世界を現実だと信じているということは、よくあることです。


わたしたちは、ついそうやって例外を設けていることに注意深くいる必要があるといえます。


例外はない。


それが、コースの実践における真髄とするところです。


この世界は幻想であるとしながら、

この世界で幸せになることやより良い人生になることを望んでいるのなら、

それはこの世界は幻想で実在していないとはみていないということであり、

それで、うまくいくわけがありません。


この世界や、この世界のものを現実だと思っているのなら、

不安、恐れから逃れられることは決してないということです。


すべてに例外なく幻想であると見限っていく、価値のないものとして見切っていくほか、

「本当の幸せはないのだ」という妥協なき意欲が必要なのだと気づきます。


IMG_2270.jpg