2018/09/04

デイヴィッドや彼らについて今想うこと

先日の「カースティンそしてデイヴィッドたちについて」という記事の中で、

興味がなくなった

という表現をしました。

とはいうものの、自分でもいったい何がどう変わったのだろう?という想いがあって、
そのことについて自分自身に正直になって自分の内側を覗いてみたので、
そこで気づいたことを書いてみたいと思います。

まず、興味がなくなった、という大きな理由としては、
デイヴィッドの教えるコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース/奇跡の道)よりも、
ケネス・ワプニック博士の教えるコースのほうが今の自分にはしっくりくるということです。

むしろ、ケネス・ワプニック博士の教えるコースを理解していくにしたがって、
同じコースでありながらそのちがいがはっきりわかるようになったと言ったほうが正しいです。

ケネス・ワプニック博士の教えるコースは、
学べば学ぶほど、理解が深まれば深まるほど、より実践的になっていくといいますか、
赦しの実践において日常の中でより適用(応用)していくようになったのを実感しています。

そんな今だからこそ気づくのは、
デイヴィッドの教えるコースは、コース学習へのモチベーションを高めてくれるものとしては、
当時の私にとってはとても必要だったとはいえ、それまでのものだったと位置付けられます。

あくまでも、それは「私にとって」という言い方しかできませんが、
デイヴィッドから学び続けてもきっと今の実践レベルまでには至らなかったであろうと。

言い換えるなら、
この自分はまだコースを実践していく準備段階にいたのだったと自覚するわけです。

デイヴィッドは、つまり、私がブレないコース学習者になっていくために
その橋渡しのような役割を果たしてくれた人だったと受け止めています。

それは、デイヴィッドだけにかぎらず、
カースティンフランシスについても同じ事が言えると思います。

ただ、今となっては、
コースを学ぶためのモチベーションを高めてくれるような
外のだれか(偶像)はもう必要はなくなったということです。

そういう意味で、
ようやくいま私はコース学習者としての段階(スタートライン)に立ったのだと、
そう気づくのです。

さらに気づいたことといえば、
デイヴィッドらの教えるコースに傾倒していた頃の自分は、
彼らからコースについて学ぶことで、
自分はコースを学んでいる、ひいては理解していると勘違いしていたということです。

もちろん、彼らを通して学ぶことで、
コースの学びを相当進めてくれたことはたしかで、
彼らの存在はこれまでの私にとって重要な存在だったといえます。

ただ、先ほども申しましたように、
ケネス・ワプニック博士の教えるコースの形而上学を理解していくにつれて、
同じ「コース(ACIM)」でありながらそのちがいが見えてきたということです。

正直なところを打ち明けますと、
そのちがいがみえてくることで、デイヴィッドやカースティンをみて、
彼らを咎めようとしている自分がいることにも気づかされます。

そして、その咎める想いこそ、自我のトリックなのだ、と気づくとともに、
(もし過去世というものがあるとするならばですが、)
ずっと遠い昔からこの自分は同じところでこの自我のトリックに引っ掛かっては、
咎めることを繰り返してきたと、気づくのです。

彼らを咎めたくなる想いとは、まさに、神を咎める想いと何ら変わりないのだということ。

そう、いくつもの人生の中で真理を探究する者として、神を求むる者として、
この世界を超えていこうとしながらも、その域に近いところまではいきながらも、
そのたびに、そこで引っ掛かってきたような、、、そんな記憶があるような感覚さえあります。

そのことを自覚するいま、
デイヴィッドや彼らとは、この自分であり、
実際に存在(実在)しているのではないと気づきます。

すべては自分の見ている夢(幻想)であり、
この世に見るすべての人、こと、ものを非実在なる「無」としていくことだけが、
このわたしの役割(機能)なのだと自覚する次第です。

無罪性をみる、無垢性をみる、キリストをみる、とは、そういうことなのだと。

デイヴィッドらに関して言うと、私は、卒業だなと感じています。

なにせ、興味がなくなった、のですから、ただそのハートの感覚に従うまでです。

テキスト、ワークブック、マニュアルに触れるなら、そこにはイエスのことばがあります。
すでにそれはここにあるのですから、その道はここに示されているのですから、
本当はコースを学ぼうとするならそれで十分なのだと気づきます。

いつか、この蒼い本を必要としなくなるそのときまで、
この蒼い本以外を偶像化することはもうないだろうなと強く想う今日この頃です。

以上、デイヴィッドらに対しての心境の変化を、
どうしても書きたい(正直に打ち明けたい)という想いから、
感じているままに書かせていただきました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

デイヴィッドに感謝を込めて。

IMG_2644.jpg