2018/10/27

もっともっと聖性に触れたいから

IMG_2699.jpg

私は、ときどき、ある瞬間、”ふっ”と聖性に触れる瞬間を感じるときがあります。

そこに聖霊(ホーリースピリット)がいる感覚といいましょうか。

神に愛されているという感覚。

ハート(胸のあたり)がふわっと温かい喜びを感じる瞬間。

そこにはもはや他者などいるわけでもなく、ただ愛があるだけ。

それは、まさに聖性(全体性、一体性)に触れている瞬間。

それはまるで、聖霊はここにいて、どこにでも聖霊をみている(感じている)、
時空を超えたところで聖霊とともにいる感覚と言えばいいのでしょうか。

それは、聖なる瞬間、でもあります。

ふと、よくよく考えてみると、
そんなふうに聖性に触れている瞬間とは、きまって兄弟たちといるときだと気づきます。

もちろん、真の赦しをしているときもそんな瞬間はありますが、
兄弟といるときのほうが、聖性に触れやすい感じがあります。

しかも、いろんな兄弟がいたほうが多面的にその聖性に触れることが出来るのです。

その聖性に触れていることによって、
きっとすべての兄弟、自分の見ている世界の隅々までに、愛が波及しているのだと思います。笑

そう思ったとき、
もっともっといろんな兄弟と会って聖性に触れていきたいと欲求している自分に気づきます。

自分の中でなにかが変化しているのを感じます。

そうなんです。

コースを通してもっと仲間兄弟たちと会っていきたいなと、
そんな想いが湧いてくる今日この頃です。

IMG_2702.jpg
沖縄の海の色は感動するくらいホント美しいです

2018/10/26

コースの解釈の違いがみえてくる

ケネス・ワプニック博士の解説するコース(ACIM/奇跡講座)を理解すればするほど、
同じコース学習者でありながらも、
まるでちがう解釈の仕方や実践のやり方をしているコース学習者がわかるようになってきます。

コースの形而上学の解釈の違いがみえてくるということです。

その違いがみえて、つい、間違ってる!と、彼らを咎めたくなる自分もいたりもします。

ですが、それもそれで自分の赦しの課題としてみていくしかないのだと思っています。

たぶん、その違いというものは、
ケネス・ワプニック博士の解説するコースを学ばないとみえてこないものだといえます。

なぜなら、それ以前は、この私自身もその違いがわからなかったのですから。

自分でも、以前は、かなり曖昧にコースを理解していたことに気づくわけです。

曖昧な理解からは、やっぱり、曖昧な実践しかできないということが、
今では、はっきりわかります。

ただ、この私もいろんな段階を経てケネス・ワプニック博士の形而上学にたどり着いたわけで、
それぞれの段階とタイミングがあるはずで、彼らを咎める必要もないなと思ったりします。

違いにこだわってしまうのは、
「ケネス・ワプニック博士の解説するコースこそがもっとも正しい」
と言いたい(主張したい)んだと思います。

もっといえば、ただ攻撃(投影)したいだけなのだと。

だからこそ、心に戻って、原因に戻って、赦しをしていくしかないってことですね。笑

IMG_2700.jpg

2018/10/25

アイデンティティーをシフトしていく訓練

IMG_2697.jpg

以前と比べたら、ずいぶんと心が平安な時間が増えたなぁって気づきます。

これも赦しを実践している成果だなぁって思ったりもしますが、
それは、ただたんに平安な時間の割合が増えたというだけで、
このいまも分離の夢を見続けているわけで、
それは真の(絶対なる)平安ではないということです。

分離の世界を知覚しているということは、自我を選択し続けていることに変わりはなく、
そう、神からの分離を信じ続けていることには変わりないということです。

とはいえ、最近の自分は、心が動揺したときには否認、隠蔽、投影することなく、
すぐに自我に気づけるようになってきています。

そしてそのたびに、原因のレベルに立ちかえって赦しをしていく、という感じです。

赦しは、動揺した心をきかけに、
肉体だと思っている自分から「決断の主体」である自分へと、
アイデンティティーをシフトしていく訓練のようでもあります。

つまり、赦しは、
「決断の主体」である自分に立ちかえらせてくれる手段だと言うことができる思います。

IMG_2696.jpg

2018/10/23

こんな生き方があるんだぁ

IMG_2695.jpg

先日、かみさん(妻)の友人の来客がありました。

彼女は、沖縄に用事があって、そのついでに(糸満の)ウチに立ち寄りたいということで、
ほんの数時間でしたが、
一緒にお昼を食事したり、散歩したり、おしゃべりを楽しんで帰っていかれました。

そんな彼女がわたしたち夫婦に対して言ってた言葉が、
「こんな生き方があるんだぁ」という言葉でした。

何回もその言葉を彼女は繰り返すのでした。

「こんな生き方」とは、どんな生き方なのか???よくわかりませんが、
よほど、私と妻の暮らしは普通じゃないんだなってことなんだなと思います。笑

もしくは、彼女の生き方の中にはなかったものなのだということなのかもしれません。

なんとなく彼女の言っている意味はわかりつつも、
なにせ、自分たちにとってはこの暮らしが当たり前なのでなんとも言いようがありません。

ただ、客観的に見ても、
私と妻とその生き方は、たしかに普通一般的とは言えないなと思ったりします。

IMG_2698.jpg

2018/10/22

どれもが他の問題と等しく同じもの

腰痛につきましては、痛みに慣れてきたのか?もしくは治っていっているのか?
どちらなのわかりませんが、若干、ラクになってきているように感じます。

というわけで、最近はなんだか腰痛の具合の報告みたいになっておりますが。笑

病気とか、身体の健康に関する不具合は、他とは比べようがないくらい深刻になりがちです。

だとしても、赦しの実践においては、
そのどれもが他の問題と等しく同じものとして扱って赦しをしていくだけです。

ひょっとすると、
この腰痛は、もうこのままずっと治らないのかも?
このまま悪化していったら、もう歩けなくなるんじゃないか?
手術をしないといけなくなるんじゃないか?
先日、映画で観た主人公のように、脊髄のがんなのではなかろうか?

ときに、そんな思考が駆け巡ってきます。

でも、この不安、心配、怖れといった原因は腰痛にあるのではなく、
「神からの分離を信じたこと」にあるのだということです。


私は自分で考えているような理由で、動揺しているのではない。
ー『奇跡講座』ワークブック レッスン5よりー


これこそ、赦しのレッスンとして実践すべきときなんだなって思います。

IMG_2694.jpg

2018/10/21

「神を否定したこと」を否定する

IMG_2692.jpg

相変わらず、腰痛は続いています。

これも年齢のせいなのでしょうか。
(年齢のせいにしたがっている自分がいますが、笑)
慢性的な腰痛がこれほど続くのははじめてのように思います。

ひょっとしたら、このままずっとこの痛みは続くのかもしれない、、、
、、、いやひょっとすると、この痛みはもっとひどくなっていくんじゃないか、、、
と、そんな不安さえよぎります。

そのたびに、この自分は、未来がある(存在する)と思っていると気づきます。

むしろ、未来なんてないんだ、「いま」があるだけなのだ、と思うと、
不安がふっと消えてなくなるのは面白いです。

そうやってこれまでどれだけ未来に向かって不安を生きてきたことか!

もちろん、未来に希望を見い出す生き方をしてもいいのですが、
所詮、そこには死と絶望しかないということがわかっている今、
やっぱり、未来なんてこの世界と同様に無(幻想)でしかない
としたほうがどれほど救われることでしょう。

自我は、この時間と空間の世界をリアルにしたがっていることに気づきます。

そして、自我は、この身体が自分であるというふうにしたがっています。

私は、それを「自我のトリック(自我の罠)」という言い方をしますが、
そこで大事なことは、トリックはトリックなのですが、
それと戦うのではなく、それがトリックだと気づいたならば、
「自分が望んでそのトリックに引っ掛かりたがっているのだ」ということです。

言い換えるならば、自分が自分でその夢を見ているし、
そもそも自分がそういう夢(幻想)をみたいと願望したのだということです。

この自分(自我)は、夢(幻想)を見続けていたいのです。
ということは、自分が神(神の子)だということを否定し続けていたいのだということ。

そのことを自覚し認めたときに、訂正(真の赦し)が可能となります。

「私は、神を否定できる(ホントは不可能なことなのに)と想っていました。
 私は誤っていました。聖霊よ、どうぞ私の誤りを訂正してください」と。

わたしたちは、神(実相/真理)を否定したし、この今も否定しているのだということ。

だからこそ、夢(幻想)を知覚しているのであり、
神じゃない(神に創造されたままの自分じゃない)自分を体験しているのだということです。

神を否定したことを取り消してもらう。
それは、「自分は神じゃない」と否定したことをさらに否定するということです。

そのことを、コース(ACIM/奇跡講座)の中では、
「真理の否定を否定する」(テキスト12章)ということばで表現されています。

真の赦しは、
自分はこの時間と空間からをも自由な存在であることを思い出させてくれます。

真の赦しによって、
この世界とは一切関係なく一切影響を受けていない自分を思い出すことが出来ます。

「真理(神)の否定」の否定。

赦しとは、まさにそういうものだと言い換えられます。

そして、赦しが必要なくなるまで、ただその赦しをしていくだけだと思う今日この頃です。



2018/10/16

外側に教師を必要としなくなった今

一年前の自分と言えば、
デイビッド・ホフマイスターやカースティンそしてフランシスといった彼らのサイトや動画で、
コース(ACIM/奇跡講座)を学んでいました。

やっぱりその当時の自分にとってはそのような教師が必要だったのだといえます。

今、あらためて想うのは、
彼らを教師として特別な存在として見ていたなぁってことに気づかされます。

というのも、最近、彼らの動画を見ていて気づいたのが、
もう彼らをそのようには(教師としては)見ていないし、
それは勘違いだったと気づくからです。

今となっては、教師というよりも同じ道を歩む近しい仲間に思えてきます。

彼らは、自分と何ら変わらないコース実践者です。

以前は、彼らのことを自分よりもずっと前を歩いている教師だと思っていたわけですが、
そんなことはないと今でははっきりわかります。

(むしろ、彼らの教えているコースは、ホントにコース(ACIM)なのだろうか?
とさえ思うこともあるのですが、、、そういうことはさておいて、)
コース学習者としてはなんら自分と変わらないのだということです。

そのまた逆も言えまして、
コースを学びはじめたばかりで、自分よりも後から歩んでいると思える兄弟たちに対しても、
自分と同じなのだ、と見えてきているということです。
彼らもこの自分と同じであり、同一で、異ならないのだと気づくのです。

さらにもっと広げて言うと、
コース(ACIM/奇跡講座)を学んでいようがいまいが、
スピリチュアルであろうがなかろうが、どんな兄弟であろうが、
そういったことはホントは関係ないのだ、同じなのだ、と思います。

コースじゃなくても、兄弟みんな同じじゃん、って。笑

この自分は、コース学習者としてその実践をしていくだけなのだと気づきます。

コースって、不思議なものです。

コースを深く学べば学ぶほど、これまでのコースの理解が壊れていくような感じがします。笑

自分の外側に教師を必要としなくなった今、
それは、この自分の学びが進んている証拠だと捉えていいのだと思います。

IMG_2705.jpg

2018/10/13

特別な教師

このスピリチュアル・ジャーニー(霊性の道)において、

もうこの今となっては、自分の外側に教師は必要ないと感じています。


そんなふうに感じる今だからこそ思うのですが、

(矛盾した言い方になりますが、)

自分の外側に教師を必要としなくなるまでは、やっぱり教師は必要である、と思います。


自分の外側に教師を求めるなかれ、とはけっして言えないどころか、

自分にとって必要な教師は必要なときに与えられているわけで、

教師を求めることについて、それはそれでいいのだと思ったりします。


これまでもそうだったように、これからも次から次へと

いろいろなスピリチュアル・ティーチャーやノンデュアリティ・ティーチャー、

ACIMティーチャーといった教師たちがこの幻想世界に登場してくるのだと思います。


ただ、この自分は、もう自分の外側に教師を必要しなくなった、ということです。


もっと正確に言うとするなら、

「この自分は、この幻想世界に特定の(特別な)教師を作り出す必要がなくなった」

と言い換えることができます。


それは、「もう教師は必要ない」と言いながらも、

出会う人(兄弟)だれもがこの自分にとっての教師であるとも言い換えられます。


教師とは、どこにでもだれでもがそうだと。


そこにはたった一人の教師(聖霊)がいるのであり、

そしてたった一人の教師で十分なのだということを深く理解する次第です。


兄弟たちと出会って関わっていくということは、つまりは、そういうことなのだと思います。


IMG_2689.jpg

近所の散歩道


2018/10/12

オアシム

オアシム???


Okinawa ACIM 。


略して、OACIM(オアシム)。

 

IMG_2690.jpg


本日、那覇市内で5名のコース(ACIM/奇跡講座)学習者たちで勉強会をしました。


沖縄に引っ越してきた7月から、

毎週のように定期的に開催してきた「沖縄ACIM勉強会」ですが、

今日は、「OACIM(オアシム)」の発足の日と思えた日でした。


勉強会のファシリテーター(司会進行)は、みゆきさんという方にやっていただいて、

そこに私(もりG)と妻とが参加しているというかたちで、

JAICMの教材を使って毎回テーマを決めて仲間たちと学んでいっています。


毎回、少人数の勉強会とはいえども、

コースをもっと学びたい、もっとわかりたい、という沖縄ACIM勉強会の仲間たちの情熱に、

私自身も本当にコースの学びにおいて手を引いて(助けて)もらっていると感じています。


その勉強会がスタートしてまだ3ヵ月くらいとはいえ、

おかげさまで私自身、相当、コースの形而上学の理解が深まったと感じています。


まあ、そういった感じでこれからも「沖縄ACIM勉強会」は続けていくわけですが、

会を、いずれ「オアシム(Okinawa ACIM)」という呼び名に移行する予定です。


今日は、そのはじまりの日だということを感じつつ、

「沖縄ACIM勉強会」で共に学んでいる仲間に本当に心から感謝したいと思います。


2018/10/06

<告知> 10/14 ACIMウェブシェア会のお知らせ

10月14日に開催される「ACIMウェブシェア会」のお知らせです。

IMG_2682.jpg

この会は、何か題材を決めて学習するわけではありませんが、
その場にいる参加者によってテーマ(題材)が挙げられ、
それを通してコースの学びを深めていくスタディ会です。

ときには、私(もりG)が、
赦しを実践できるようになるためのコースの形而上学のレクチャーも織り交ぜて
コメントやアドバイスもさせていただいております。

『ア・コース・イン・ミラクルズ(ACIM/奇跡講座』を学習している方は、
どうぞご参加くださいませ。


【10/14 第13回 ACIMウェブシェア会】
 ■日時: 2018年10月14日(日) 10:00~ (90分~120分程度)
 ■開催形態: スカイプ(原則的にビデオ通話)にて行います。
 ■参加費: 無料
 ■参加対象者:ACIMを学んでいる方、これから学ぼうと思っている方
 ■お申込み・お問合せ:
  詳細につきましては、主催者(空禾さん)のブログ記事をご覧ください。