2016/06/23

バーチャルリアリティー

バーチャルリアリティー。

それを、そのまま直訳すると、仮想現実、ということになります。


私がそのことばをはじめて耳にしたのは1990年代初頭の頃でした。

それから二十数年経つのですが、現代のバーチャルリアリティーの科学テクノロジーは、かなりの進化をみせていることを知りました。

仮想の現実でありながら、それがあたかも本当の現実のように知覚してしまうほどのリアル感を体験できるというのです。

その科学テクノロジーの進歩に驚きを隠せません。


バーチャルリアリティーというものの登場によって、わたしたちは、人間の知覚というのものはそんな簡単にだまされてしまうものなのだということに気づかされます。

わたしたちの知覚というものは、本当に当てにならないのだなと。

わたしたちは、五感によって簡単に欺かれてしまうのだということです。


極端にいうと、誇大妄想になってしまいますが、このままバーチャルリアリティーの技術が進化していくなら、それがバーチャルの世界だということすら忘れてしまうほどのものをわたしたちは作り出すようになっていくのだろうと想ったりします。


バーチャルリアリティーのテクノロジーの進化は、まさに、わたしたち人間の意識の進化の象徴(シンボル)なのだといえます。


そして私が気づくのは、わたしたちが現実と思っているこの世界こそがじつはそういうものなのではないだろうか?ということです。

この世界こそ、自分が認識しているこの時空間の世界こそ、自我が巧妙に作り出したバーチャルリアリティーだと。


そういう意味で云えば、この世界はなんて見事なまでのバーチャルリアリティーなのでしょう!


その世界を作り上げた自我にまさに感嘆です。


IMG_1901.jpg


コメント

非公開コメント