2016/09/12

転がり続ける岩のように

若かった頃の私と云えば、社会に対してもそうですが、

この世界に対して斜に見ているところがあって、

ずいぶんと尖がって生きていたように思います。


そのせいもあって、私はこの現世を否定して、この現世から離れようと、

宗教にのめり込んだこともありました。


そして、私は、宗教にもまたうんざりして、世俗的に生きている時期もありました。


その後また、私は生きることに行き詰って、日本社会から逃げ出すように、

バックパッカーとしてアジアを放浪していた時期がありました。


約一年間に渡ってチベット、ヒマラヤ、ネパール、インドを渡り歩いた旅は、

私にとってはそれまでの生き方、人生をリセットするためのものだったと思います。

アジアのその旅は衝撃的でした。

自分はこれまでなにをみて生きていたのだろう!?と思ったほどでした。


いろんな霊的体験もしました。

ヒマラヤの満月を眺めながらただ恍惚のなかにいる夜もありました。

一人、満天の星空と雄大なヒマラヤの景色を眺めながら、

至福に包まれて夜明けを待っていたこともありました。

たくさんの奇跡が当たり前のように起きていました。

ヒマラヤは、そんな波動エネルギーを持っている場所だと思います。


そんなある夜、私は、ある印象的な体験をしたのを覚えています。

たしかインドのダラムサラに滞在していたときだったでしょうか。

やはりその夜も満月だったと思います。

これからどう生きていけばいいのだろう?生きてどうなるのだろう?と

一人何気なくそんなことを自問していたように思います。

その瞬間、なにかが閃いたといいましょうか、なにかがハッと開いたのでした。

ことばにすると、「私は知っている」「私は答えを分かっている」という感覚が、

やってきたかと思うと、啓示が降りてきたのでした。

それは、ことばにすると、

「生きろ!生きるのだ!生きれば今自分が問うているすべての答えが見いだされるであろう。」

と、そういう感じです。

そのとき、私は、「もう大丈夫。私は、日本で生きよう。」と思えたのです。


でも、今想えば、その啓示は、

本当の自分の人生のはじまりを知らせるたんなるサイン(導き)だったように思います。

なぜならば、そこからの私の人生には、

私のアイデンティティの最大なる崩壊が待ち受けていたからです。

アイデンティティが崩壊する必要があったのだと思います。

それによって、私は、人生というものはみえない力で生かされているということを知りました。

そのみえない力に導かれて生きる方が楽だということも知りました。

そして、この社会のルールに合わせて生きることが賢明だということも知るに至りました。

もう、この社会やこの世界に対して斜にみるということもなくなりました。


今では、すべてを受け入れて生きよう、すべてをOKとして生きようとしている私がいます。

かつては尖がっていた私もずいぶんと角がとれて円(まる)くなったのがわかります。

まだまだ角(かど)が立つときもあります。

でも、それらの角も、生きながらあらゆる人や出来事や状況をゆるしていくことで、

やがてはなくなっていくのでしょう。


円(まる)という、完璧なかたちへ向かって。


生きるとは、転がり続けるということなのかもしれません。

転がり続けることで、完全な円になっていくのだということです。

そして、わたしたちは、そのように円くなっていくために人生はあるのかもしれません。


それは、安定した状態に留まるのではないということ。

そして、自分にも、他人にも、社会にも、この世界のあらゆることにOKとしていく。

そのすべてをゆるし全託していく道がここにはあります。

それは、この現世を否定してこの世界を離れるのではなく、

すべてを受け入れてこの世界から離れていく道でもあります。


転がり続ける岩のように。


一切のとらわれのない自由なかたちへと。


いつどこにどう転んでも構わない、どこにも留まらない、過ぎ行く者であるように。


今、私が歩んでいるスピリチュアルな道とは、そういうものだといえます。


コメント

非公開コメント