2016/09/15

自我にもっと気づいていく

私は、これまで自我(エゴ)というものについてあまり言及してきませんでした。

どちらかといえば、これまでの私は、

「本来、自我というものはない」というスタンスでいたからです。

むしろ、自我について語るときには、「自我は、愛すべき自分の一部である」

という言い方をしてきました。


というのも、非二元や悟り系のスピリチュアリティで自我について語られているのをみて、

まるで、自我を敵(仇)のように表現しているように感じていましたし、

自分の中の自我を滅することにやっきになって自分自身と戦って苦悩している姿を、

多く見てきたこともあって、正直、あまりいい気がしなかったのでした。

自我をまるで敵のようにみて、自我の自分をジャッジして、

かえって自己の中に二律背反(葛藤、分離)を生じさせて、

自分を愛することができないでいる人たちを、私はたくさん見てきたのです。


でも今では、それらは過去の自分自身の姿をみていたのだと気づきます。


他者を知覚しているかぎり、つまり、分離意識でこの世界をみているかぎり、

自我(エゴ)を直視していく必要があるという想いを抱く今日この頃なのです。


自我は、この世があたかも現実として捉えています。

自我は、この世のもので自分の満たされていない感覚を埋めようとします。

そのために、時間を必要とします。

空間を必要とします。

この世を必要とします。

この世に留まろうとします。


私は、自我についてもっと知る必要があると感じたのす。

自我にもっと気づいていく必要があると自覚するのです。


私はいまようやく、その道のスタート地点に立ったのかなと思っています。


IMG_1784.jpg


コメント

非公開コメント