2016/09/23

死を受け入れる

それは、今年の5月の頃のことでした。

ある一人の癌を患わった方からの要請がありました。

それは、自分の意識に変容が起きることで、

自分が患わっている癌に治癒が起きることを期待したいとのことでした。

その方は、それまでもいろいろな代替療法を試みて来られたようでしたが、

なかなか癌が治癒するには至らず、自分の病気の原因は自分の心にあるのではないか?

と思うようになったとのことでした。

それで、心理療法で自分の心(内面)と向き合ってみたいということになったのでした。


私自身も、自分が行っているセッションに可能性を見い出したいということもあり、

私は、それに同意するかたちで、その方を筆頭に他の癌を患わった方々と関わりながら、

その方々と試験的にセッションを行っておりました。


それからこの5ヶ月の間、数名の癌を患わった方々とセッションを行ってきました。

その結果は、癌が治癒したという方もおられれば、

その成果が出なかった人もおられたという具合です。


私の見解といたしましては、癌が治癒した方もたしかにおられましたが、

正直に言って、私のセッションによってそうなったとは言い切れません。


何よりも、私にとって不本意で残念だったのが、

最初に私のところに要請して来られた方に、癌の治癒が起こらなかったことです。

たしかに、その方の心(意識)には、ずいぶんと変容が起きていきました。

病気(癌)を受け入れ、真摯にひた向きに自分の内側と向き合っていくその姿は、

私からみると、まるでキリストそのものでした。

たくさんの癒し、ゆるし、解放、統合が起きながら、内側の整理をしていきました。

ときには、ワンネスや完全性の愛に包まれた悟りの意識まで到達することもありました。

ですが、それが必ずしも癌の治癒に反映されるということには至らなかったということです。


その方は、医療診断の結果を報告して、「しばらく経過の様子をみます」ということで、

私に感謝の意を伝えて、私とのセッションを終えていかれました。


私の中に、何とも言えない不甲斐ない感情があったことは否めません。

それでも、私は、その事実を受け入れるほかありませんでした。

すべては完璧なのだということをわかっているから、なおさらでした。

すべては、その方にとっても、私にとっても完璧で必要なことが起きているということです。

私はそのことをわかっていながらも、私のエゴはそれをなかなか認めようとはしませんでした。

私のエゴは、結果を出したかったのでした。

自分のセッションによって癌が治ったという結果を期待していたのです。

そのことを正直に打ち明けます。


私は、それをゆるそうと思いました。

期待したようにはいきませんでしたが、

それは、私がどうのこうのするものでないということを受け入れようと思いました。

そして、私ははっきり自覚しました。

病気を治すとか、現実を変えるとか、願望を叶えるとか、

私がしていくことはそういうものではないのだと。


自分は、何を求めているのか?


と、自問した時に、私の内なる答えはこの世のものではありませんでした。

私が真に求めているものは、この世にあるものではなかったということです。

私の内の深い心は、この世を離れていくことを望んでいたのです。

それは、死を意味します。もっと言えば、自分というアイデンティティの「死」です。


私は気づかされました。


すべては自分の心の投影です。


死を受け入れていなかったのは、この私だったと。

「死」と闘っていたのは、癌の方々たちではなく、この自分だったのだと。

そう気づいたときに、自分の死を受け入れようと思いました。

自分がとか、自分のためにとか、誰かのためにとか、何かのために、

そのすべてが何の意味もなくなってしまったのでした。

すると、私の内側に癒しが起きました。

癌でセッションに関わった方々にそして、最初に私のところにいらした方に、

感謝の気持ちがわいてくるとともに、私の意識が拡張していくのがわかりました。

ただただありがとうございますの気持ちになったのでした。


ただ、話は、そこで終わりではありません。


それから数日後、

「しばらく経過の様子をみます」と言われてから3週間が経っていました。

その方から電話が来ました。

経過報告の連絡だったのですが、おおまか以下の内容でした。

その後、その方自身も自分の死を受け入れたのだそうです。

心の中は整理されて、自分の人生は本望だったと。もう何も思い残すこともないと。

その方の中でなにか心がはっきり決まったのだそうです。

そう覚悟が決まった次の日、その心で病院に定期診断に行ったら、

あくまでもOリングの検査結果なのですが、癌の数値がゼロになっていたとのことでした。

その方は、さらに私にこうおっしゃりました。

「(癌の)数値がゼロになったことはもちろんうれしいのですが、

 治る治らないに関しましては、もう、わたしはこだわらないようにしようと思います」と。

「いまを生きるだけです。どうなるかはもうゆだねます」とも。

受話器の向こうのその方の心は、じつにすっきりとしていました。

素晴らしいと思いました。

むしろ、なんだか私の方が感謝したい気持ちになりました。

その方は、まるで私にとって見習うべき教師の姿そのものでした。

死を受け入れて、死を超えていくその姿は、まるでキリストのようにも思えました。


そして、私は、思いました。

セッションで自分がしてきたことは、これで良かったのだと。

そして、これから私がしていくものとは、そういうものなのだとも気づかされました。

人生がうまくいくとかいかないとか、結果がどうのこうのとか、そういうものではなく、

むしろ、そういうものから自由になることが、

私がセッションを通して本当にしていきたいことなのだと。

その方を通して、その道をはっきりと教えられたような気がします。


それら一連の出来事は、私自身にとって重要なプロセスでした。

セッションでこの私と関わってくれた方々に、本当にありがとうと伝えたいです。

心から感謝します。

ありがとうございます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。


コメント

非公開コメント