2016/09/20

死か?それともスピリットか?

今から約二千五百年前、お釈迦さまはこう説かれました。


「この世のすべては、苦しみでしかありません(一切皆苦)」と。


その言葉だけでこの世を捉えるとき、失望感、絶望感、虚無感を生起させることになります。

ただ、お釈迦さまは、その言葉だけでは終わりませんでした。


「この世の苦しみから脱却する道があります」と。


そして、さらには、


「絶対なる幸福に至る道があるのですよ」と説かれたのです。


その言葉は、「この世のものでは絶対に幸せにはなれない」ということの宣告であり、

「でも、この世を超えたところに、本当の絶対なる幸せがあるのだ」と、

その道を選択するよう催促しているようにも聞こえます。


そして、その道こそが、「解脱、悟り」と呼ばれるものです。


ただし、この世のもので自分の心を満たそうとする者にとって、

あるいは、世俗的(物質的)なもので幸せになろうとする者にとっては、

なかなかそう容易くその道を選択できるものではありません。

そう、その道を選択するには、それぞれのプロセスとタイミングがあるのだということです。


あなたが、この世のもので真に歓びを見い出すことができないのならば、

あなたは、この世のものを超えていくことを望んでここに生れてきたということです。

そう、あなたが本当に求めているものは、この世にはない、ということです。

そのあなたが本当に求めているものは、この世を超えたものであり、

この世を超えていくことだと言うことができます。


そんなあなたにとって、もはやこの世は何の意味がないことを知ってください。

この世に意味があるとするならば、

この世は、我が家へと還っていくために、最後の旅路を歩むためにあるのだと知るときです。

それ以外、この世は生きるに値しないといえましょう。

なぜならば、あなたは、いずれこの世を去っていくことになっているのですから。


あなたがこの世を去るとき、この世に何かの想いを残していくのか?

それとも、「立つ鳥跡を濁さず」というように、すべてを整理してこの世を去っていくのか?

この二つは、大きくちがいます。

前者は、死というものでこの世を去ることになります。

後者は、一なるスピリットへと還るかたちでこの世を去ることになります。


そして、言うまでもなく、後者が、仏教で言うところの「解脱」です。


あなたは、時間という名の魂の旅を終えるでしょう。

輪廻という終わりなき旅の終焉を迎えることになるでしょう。


この世は幻想であるように、輪廻転生も幻想です。


その幻想が終わるのです。

いま、の永遠に生きるようになります。

ここ、という非局所に遍在する神へと還っていきます。

一体全体(ワンネス)という全き満ち足りたあなたへと還っていきます。

一なるスピリット。

それが、本来のあなたです。

ゆえに、じつは、「死」よりも「一なるスピリット」へ還ることの方が、

本当は簡単なのだと言われています。


死によって、この世を去るのか?

それとも、一なるスピリットへ還ることによって、この世を去るのか?


それは、すでにあなたの内なる心が知っています。


その答えは、あなたの心が望んでいるか?望んでいないか?ただそれだけなのです。


コメント

非公開コメント