2016/10/16

内面の変化が少しづつ進んでいたみたいです

今年の4月頃より継続的にセッションを受けられているJさんからの体験談(経過報告)メールを紹介したいと思います。ご本人のご了承のもとにそのまま公開させていただきます。

ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・


<Jさんからの経過報告メール>


ご無沙汰しています。お元気でお過ごしでしょうか。いつもブログを楽しく拝見させていただいております。

今回のセッションの前に最近の自分の変化について御報告させていただきます。

もりGさんに初めてお会いした頃を思い出すと、まだセッションを初めて半年しか経っていないことに驚いています。
八方ふさがりの虫の息で最初のセッションにたどり着いた時のことを思い出すと大昔の出来事のように感じています。


今までのセッションで色々な気づきをさせていただき、6月のセッションの後は次に自分の人生に出てくるのはどんなテーマなのだろうと待ちかまえていました。

そして、手放したいな~と思う自分のこだわりが一つぼんやりと見えてきました。
自分で手放せるかと7月、8月はもりGさんに教えていただいたネガティブ感情を感じることを繰り返したりして過ごしていました。


しかし、このこだわりを手放すのには具体的にある行動(自分の大嫌いな自己開示)をすることが必要でした。
その行動をとる勇気が出せずに恐怖心で先に進めなくなっていました。


自分の勇気の無さのために行動に移せないのだと感じて軽い失望もありました。そして結局は自分で勇気が出せない限りは問題解決はしないのだという思いも出ていました。


勇気の出し方はもりGさんから教わっていないし‥笑。今度もりGさんとお会いする10月まであきらめよう‥もりGさんなら勇気を出す方法も思い出させてくれるだろう‥自分はどうせ勇気ないし~笑。

なんて、あきらめモードになっていきました。


そんな時に8月の下旬からなぜか毎晩のように寝汗をかくようになりました。

体調は悪くないのに寝汗があり、一晩に三回もびっしょりになった下着を着替えるようなことが続きました。悪い病気かもと少し気味が悪かったのですが体調は悪くなく、寝汗をかくことに何となく爽快感があったのです。
何かのエネルギーの変化なのかな~とも思い観察していました。

そして、寝汗をかくようになった頃からなんとなく物事を考えるのが億劫になりぼんやりとした精神状態となっているのに気づきました。本を読んでも頭がすぐに疲れてしまい、読めなくなってしまうような状態でした。


そんなぼんやりした状態のために、ますます手放したかった問題を考えるのが億劫になり、ゴロゴロ、ダラダラとした生活をしていました。


そんな時、9月の22日(秋分の日!)にぼんやりと外を見ているときにふっとこの問題を手放せる!もう手放そう!今すぐに手放したい!との思いが突然浮かんできました。


あれ?あんなに怖かったのにそんなに簡単に手放していいの?と自分に問い直してもやはりゴーサインが出ていました。

理由もなく怖さが少なくなっているのです。
無理せずに怖かった行動ができそうなのです。
そのうえ、行動することを想像するとちょっとワクワクもするのです。


びっくりでした。自分では気づかないうちに内面の変化が少しづつ進んでいたみたいです。


植物の種を植えて、忘れてたら実がなっていたような感じです。


そして、お蔭さまで10月11日に手放しへの第一歩を行動に移しました!怖さはなく、手放せた爽快感を感じました。 

小さな一歩ですが、さび付いていた歯車がゆっくりと動きだした感じです。そしてこの動きはもう止まらないのかな~とも感じます。


今回はまた、どんな気づきがやってきて、どんな種を蒔かれて、時限爆弾が仕掛けられる? ことになるか楽しみです。

今週もセッションのお付き合い宜しくお願いします。(ホントに音楽のセッションのように共同作業なのですね~)


ちなみに数日前から寝汗は止まっています!

(栃木 男性)

コメント

非公開コメント