2016/03/21

それはなんて満ち足りているんだろう

個人セッションを最近受けられた方の体験談・感想をご紹介したいと思います。

ご本人のご了承のもと、いただいた感想メールをご紹介するとともに、

 

・・・・・・・・・・・・

 

<Rさんからの感想メール>

 

ジーニーさん

 

こんにちは。先日は素敵なセッションをありがとうございました。

今回のセッションは、深いところから出てきましたね。深過ぎて結局熱を出しました。

 

わたしのみならず朝は元気に仕事に出かけた主人までも高熱で早退。お手上げです。

抵抗しません。できません。

 

彼はかなりの高熱でしたのでインフルエンザの心配もあり近所の内科へ行きました。

ついでにわたしも看てもらおうと、なんと10年以上振りに内科へ行きました。

これまでは気管支炎もオイルで治す!と意気込んで長い時間かけて体力を消耗しました。

薬=悪、という観念があったのでしょう。

それからも自由になれた気がして、

大嫌いだったお医者様へ行くのに少しだけワクワクした自分が信じられません。

結果はシロでした。四十九日も終わって疲れがでたのでしょう。

浄化と思いじーっとしています。水分だけは言われたようにとっています。

 

そして食欲が無くならないので、これまたお約束させてもらったように、

まずはお米をおいしくいただいています。「おいしいね」と言いながらぱくぱく食べてます。

2人とも食欲だけはすごくて、以前なら浄化の時期は食べない方が…と思っていたのですが、

今は食べられる体、食べ物がある環境、目の前においしいものがあることに感謝して、

好きなように食べています。

 

 

セッションのときに、ジーニーさんもおっしゃられたように、

わたしがこの半年で身内を2人失ったことは、古いわたしが居なくなっていくことなのですね。

わたしが死んでゆくことでもある。

身内では2人ですが、セッションで出会った人(過去生なのか未来生なのか)を含めたら、

相当数さよならしてます。さよならしながら統合している。

 

実際の家族とセッションで出てきた人たち、この人たちに何ら区別はありませんね。

 

そうそう、セッション直後、近所の大好きだったお店が閉店したのを知りました。

店主に2月からリフォームに入るとは聞いていたのですが、実際は閉店していたのでした。

リフォームが嘘だったのか、リフォーム途中で閉店となってしまったのか真実はわかりませんが、

いづれにせよ消えないと思っていた大好きな場所がまたひとつ消えてしまいました。

 

職場でも大好きな友人が数人去って行きます。

もうコントロールできないのですね。わたしはそれを受入れるしかない。

でも必要なものはきっとまた出てくる、姿形を変えて。そう思います。

 

 

今回のセッションでもたくさん泣きました。

最近は深いところ(集合意識的な場所?)が癒された時は自分の泣き方でわかるようになりました。

その思いが身体の深いところから出てくる体感もあるのですが、

理由がわからないのに号泣してるとでもいいますか、

誰かがわたしの体を借りて泣いているような、わたしが誰かの体を借りて泣いているような、

号泣しながらもそのように冷静に感じている自分がいます。

でも泣くことをとめることは出来ません。

それは勝手に起こってくるし、

全体に包まれているような安堵感があるのでとめようとも思わないのですけどね。

 

 

あと今回いつもと違ったのは、ジーニーさんに

「卑しいのは悪いことですか」と問いかけられただけなのに、ものすごく癒しが起きたことです。

通常ですと(そういう言い方もおかしいですが)その後答えがでるまで自分と対話をするのですが、

その必要もなくジーニーさんの声と問いかけに自然と涙が溢れたのでした。

「卑しいことは何も悪いことじゃない」と。わたしが卑しさを許したのではなく、

わたしがジーニーさんの身体を通して起きているものに許された瞬間でした。

 

 

 

今回のセッションでわくわくしたことは、「あなたにもう未来は必要ありませんね」という言葉。

昨夜寝ながら「未来は必要ないのか〜」と思ったら、

「今ここにある物が全てで、それはなんて満ち足りているんだろう」という感情が湧いてきました。

初めての感覚です。

本当に満ち足りている時って今迄もそこにあったもの、目新しくないものにも豊かさを感じられる。

それは無理矢理価値をつけるでも思い込むのでもなく、

ナチュラルにあるもの全てが愛おしく、全部が自分を満たしてくれているのがわかるのですね。

新しい洋服を買った時のような高揚感や興奮を伴わない、でも自分の内側から溢れてくる感じ。

気持ちよかったです。

でもまだまだ物欲も捨てきれませんので、自然にそれらが落ちる迄は追いかけますよー。

 

 

ジーニーさんにメールをしようとPCの前に座りながら、でも熱や痛みで書けず、

ただただHPを眺めていた時、少しの不信感がでてきました。

それは神様に対するものです。多分ジーニーさんや神様を何度も何度も(過去世で)亡くしているのです。

ジーニーさんを亡くした時も、(時に船上で、時に言われなき罪で)神様はいないと思いましたし、

神様自身の不在も何度も経験したと思います。

でももうそれが終わるんだと思いました。

 

 

本当にいつもいつもありがとうございます。

前回のセッションから(セッションをするたびに)空気が柔らかくなるのを感じます。

今回もまたさらに柔らかくなったように思います。目の前の景色が固くないのです。

これからも楽しみです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

(東京 女性)

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント