2016/12/06

永遠ほどの時間差

以前の自分ならば、

「すべては完璧なことが起きている」「起きることが起きているだけ」と、

そんなふうにこの世界をみていました。

だから、ジャッジすることなくすべてを受け入れていく、ゆるしていくのだと。


でも、今の自分がみている視点はそうではありません。

「そもそもが何も起きていない」「何も無い」のです。

ゆえに、ゆるすのです。

リアル(実在)でないものを受け入れる必要もない、、、

ただ、ゆるすだけ。


前者と後者は、

永遠と呼ばれるほどの時間差の隔たりがあるくらい、まったく別ものである。


IMG_1849.jpg

ハワイ島キラウエアにて


コメント

非公開コメント