2016/12/27

放蕩息子

放蕩息子。

それは、私の物語であり、あなたの物語でもあります。

しかも、実相からみるならば、その物語はすでに終わっています。

ただし、この時間の世界の中にいるあなたはその旅の途上にいるがゆえ、

わが家へ帰ることを選択する必要があります。

いつそれを選択するか?

それは、あなたの自由意思にゆだねられています。



ある人に息子がふたりあった。

弟が父に言った。

「おとうさん、わたしの財産の分け前をください」

それで父は財産を二人に分けてやった。

それから幾日も立たないうちに、弟は何もかもまとめて遠い国に旅立った。

そしてそこで放蕩して財産を湯水のように使ってしまった。

何もかも使い果たしたあとで、その国に大飢饉が起こり、彼は食べるにも困り始めた。

それで、ある人のもとに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって、ブタの世話をさせた。

彼はブタの食べるイナゴ豆で腹を満たしたいほどであったが、だれひとり彼に与えようとはしなかった。

しかしわれに返ったとき、彼はこう言った。

「父のところには、パンのあり余っている雇い人が大勢いるではないか。それなのにわたしはここで飢え死にしそうだ!立って、父のところへ行って、こう言おう。『おとうさん、わたしは天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もうわたしはあなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください』」

こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。

ところがまだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走りよって彼を抱き、口づけした。

息子は言った。

「おとうさん、わたしは天に対して罪を犯し、あなたの前に罪を犯しました。もうわたしはあなたの子と呼ばれる資格はありません」

ところが父親はしもべたちに言った。

「急いでいちばん良い着物を持ってきて、この子に着せなさい。それから手に指輪をはめさせ、足に靴をはかせなさい。肥えた小牛を引いてきて、ほふりなさい。食べて祝おうではないか。この息子は死んでいたのが生き返り、いなくなったのが見つかったのだから」

そして彼らは祝宴を始めた。


ー『放蕩息子』の物語よりー


IMG_1906.jpg


コメント

非公開コメント