2017/01/14

夢の中に夢中になっているかぎり

ドラマや映画は、ハラハラ、ドキドキ、感動といった人の心を動かすために作られています。

心が動かされれば動かされるほど、その物語に夢中になってしまいます。


それは、この世界でも同じです。


ポジティブな感情にしろネガティブな感情にしろ、

心が動かされているということは、

自分が作り出したこの世界に夢中になっているということであり、

この世界を実在するものとして強化しているということになります。


そのようにして、わたしたちは、この世界を現実(リアル)だと思い込んでいます。

実体のない世界を現実としてしまって、この世界にどっぷりとハマってしまっています。

それこそが、まさに、エゴ(自我)の計画どおりだといえます。


そう、それがどんなものであれ心が動揺させられているときは、

それは、自分について、この世界について思い違いをしているのであり、

エゴ(自我)の術中にまんまと騙されているということになります。


まずは、そのことに気づいていくことから、

この世界から完全に自由になる道ははじまるといえます。


結局は、この世界を幻想だと完全に見限らないかぎり、

夢の中味がどんなに変化していこうと夢は夢のまま続くのであり、

この幻想は終わることがないということになります。


つまりは、この世界が、そういうものだということです。


IMG_2112.jpg


IMG_2111.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント