2017/01/27

人間関係について

多くの人が悩んでいるのが人間関係です。

それは、仕事、家庭、恋愛、友人関係など、他者と関わるすべてにおいて関わってきます。


人間関係というものを非二元のスピリチュアリティからみると、

じつは、「すべての人間関係は、自分自身との関わり方の反映である」

ということができます。

なぜなら、他者はいないのであり、

すべての人が自分の心を投影してみているにしかすぎないからです。


正直な気持ちで以って、自分自身の内側と真摯に向き合っていくならば、

そのことが一目瞭然で明白になります。


自分自身と深く向き合っていける人は、他者とも深く関わることができる人です。

自分自身の本当の気持ちをうまくごまかしたり、あしらったりしている人は、

他者に対してもそういうことをしています。

なぜなら、自分の中の何かを隠したいから、それと向き合いたくないから、

無意識的にそこから避けようと、そういう態度をとってしまうのです。


さらに言うと、そのような他者との関係性のパターンをするようになった原因は、

そのほとんどが両親との関係性に起因しています。

人は、この世に生まれてきて一番最初に他者と関わっていく対象が、

母親であり、父親である両親です。

そう、自分と両親との関係性が、

自分のその後の人生における人間関係のパターンに大きな影響を与えているということです。


つまるところ、

自分自身の他者との人間関係のパターンをよくよくみるならば、

それは、両親との関係性のパターンであり、

ひいては、自分自身との関係性のパターンであり、

さらにいえば、神との関係性のパターンの繰り返しであることがわかります。


その己を知るならば、

この人生のしくみ、そして、この世のしくみまでがみえてくることになるでしょう。


結論的に云うと、

この世界における他者、あるいは、他者との人間関係は、

この自分自身がこれまでの古い自分から解放されていくために、

ひいては、真の自己へと、神へと帰っていくために、

まさしくそういうことのためにあると言うことができます。


IMG_1863.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント