2017/02/12

ノンデュアリティからみた心理療法

心理セラピストとしての私が云うのもなんですが、


癒されているのはだれか?

救われているのはだれか?


というのであれば、その答えは、この私自身であると言えます。


非二元のスピリチュアリティからみるならば、

セラピーやヒーリングやカウンセリングにおいて、

癒されているのは、そして、救われていっているのは、

それを施している側のセラピストであり、

ヒーラーであり、カウンセラー自身であるということです。


クライアントと施術者の両方が癒されている、救われているのだと言うことも出来ますが、

本来はこの世界に他者など存在せず、

目の前に現われる他者は、自分の一部、あるいは自分の投影であるゆえ、

目の前のクライアントが癒されるとき、じつは、自分(の一部)が癒されているということです。


それをわかっているセラピーやヒーリング、カウンセリングといった施術を施している人は、

本当に稀だと言えると思います。

むしろ、それをわかって、そこから他者と接する人は、

存在しているだけですでにセラピストであり、ヒーラーであり、癒しを与える人なはずです。

それを職業としていようがいまいが、そんなことは一切関係ありません。

なぜなら、そういう人はもはや分離した世界はかなり希薄なものになっており、

すべてのなかに、だれものなかに完全性をみているからです。


さらに踏み込んで言えば、非二元のスピリチュアリティからみるならば、

だれもがセラピストであり、だれもがヒーラーであり、だれもが救世主だといえます。

というのも、この二元性世界は、そのような原理になっているといえ、

われわれはお互いに関わり合いながら、

この世界から解放されていくよう、そのような仕組み(システム)になっているからです。

なぜなら、他者こそが、己を映す鏡であるからです。


そもそもが、この世界がある、とか、他者がいる、というものは、

「すべては自分の投影である」というその真理を見誤っているだけのこと。

それに気づいて勘違いが修正されていくことは、もっとも自然な道理であるといえましょう。


そういうところから見るならば、この世界にセラピストなど要らない、

ヒーラーも要らない、他者を癒す専門家など要らないということになります。


だれもがセラピストであり、だれもがヒーラーであり、だれもが救世主である。


われわれは他者を通してこの世界から救われていくようになっているということ。


だれもにとって、他者は自分自身にとってキリスト(救世主)であり、

そして、自分自身が本当にこの世界から自由になっていくとき、

他者がキリストにみえてくるというのはまさにその通りです。


一般的にはそのようにはみえていないし、そのことは知られてはいません。

それは、それはわたしたちが分離されているという二元性の錯覚の中で生きているからです。


救いは、他者からやって来る。

他者は己にとってのキリスト(救世主)である。


他者をそのように見はじめるならば、

その人こそが、偉大なるセラピストであり、ヒーラーであり、救世主となっていくのでしょう。


IMG_1818.jpg


コメント

非公開コメント