2017/03/12

スピリチュアルというものへの情熱

スピリチュアルに興味がなくなってしまったわけではない。

スピリチュアルというものが自分の中で相対化されたのだと思う。

それは、もはや特別なものではなくなったということ。

今それは生活と共にあり、人生と共にある。

それは生きることそのものとなっている。


たしかに巷のスピリチュアルへの情熱が失せてしまったことは事実である。


正直、そのどれもが稚拙なおもちゃにしか思えなくなったのは確かである。


IMG_1916.jpg

ハワイ島マウナケアにて


コメント

非公開コメント