2017/04/17

真実一路

道。

それは、「わたしは道であり、真理であり、いのちである」と言われているその道のこと。


その道は、私の身において、その進み方がさらに加速していっているのがわかります。

もう引き返すことのできないところに来てしまったとすら感じています。


とは言っても、引き返そうという気もさらさらありません。

なぜなら、それはこの自分自身がもっとも望んでいたことでもあるからです。

そして、何よりもゆるぎない平安がここにはあります。


苦しみが私の中から消えていることは、まぎれもない事実であり、疑いようがありません。

それが私のさらなる確信となり、その歩みを加速してくれていっています。

苦しみの消滅、それは、自分(自我)の消滅と云っても過言ではありません。

それは、聖霊の導きであると今ではわかります。

ここから先は、この平安と共に、

サレンダーして、全託していくこと以外に道はないと強く感じています。


一筋の道を偽りのないほんとうの心をもって、ひたすらまっすぐに。

まるでそんな気持ちです。

そこに立ち返るたびに、そこには決してぶれることのない平安があります。


広大無辺なる自由な空を、ひたすらまっすっぐに。

真実一路。


IMG_2266.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント