2017/04/28

もりGセッションの位置付け

今回は、私の個人セッションを一年ほど前から数回に渡って受けていただいている

Jさんからのメールをご紹介させていただきます。


そのメール内容は、幾度かのセッションで体験してきたものをもとに、

Jさんなりの見解で私(もりG)のセッションについて書かれたものでありますが、

「もりGセッション」の位置づけを明確にしてくれるものだと思いました。

なおさら、今後の私がしていくセッションの方向性を示唆するものだとも感じました。


私(もりG)のセッションは、昨年の秋ごろから、

『ア・コース・イン・ミラクルズ』(奇跡講座/奇跡のコース)のスピリチュアリティを

反映したものになっていったのは事実です。


現在、私(もりG)が提供しているセッションがどんなものか?

興味のある方にとっては、そのメール文章を読んでいただければわかりやすいと思います。


ただ、私(もりG)が提供するセッションは、

『ア・コース・イン・ミラクルズ』(奇跡講座/奇跡のコース)に接したことのない方でも、

まったく知らない方にでも、その窓口を開いておくつもりです。


ということで、本人の了承のもとにメール内容をごそのまま公開させていただきます。

興味のある方は、どうぞご覧くださいませ。

ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・・


<4月25日 Jさんからのメール>


こんにちは。ブログを拝見しました。もりGさんの活動が大きく変わりそうなのですね。
セッション内容が変わるかもしれないとの内容を見て、感じるところがありメールさせていただきました。

最近、もりGさんに教えていただいた「神の使者」をやっと読み始めました。今までの自分のスピリチュアルの知識を覆す、突き抜けた内容で、面白く読み進めています。
まだ途中なのですが、自分の中で引っかかっていた疑問の回答?解説?らしきものが次々と書いてあり、メモをしながら読んでいるような状況です。
少し前の自分ではまったく内容に実感や興味が感じられなかったと思いますので、ベストなタイミングで目の前に現れた本だと感じています。
この調子だと奇蹟のコースも近いうちに始めることになるかもしれません。

本を読んでいてふと思ったことがありました。

もりGさんのセッションはいつも何かわからないままに自分の中から大きな動きが出てきて、内面の変化がやってくるのですが、自分の中で何が起こっているのかがいつも疑問でした。
周囲の出来事や人物が自分自身だと理解できた瞬間にものすごい感動が押し寄せてくるのは何故だろう?といつも気になっていました。
自分の理解を超えたところで何かが起こっているために、自分自身の中でその体験の整理ができなくて、もどかしくも感じていました。

今回、「神の使者」を読み始めて「赦しの実践」が奇蹟のコースの内容だと知りました。
そして、セッション中の感動体験はもしかすると、自分と自分以外を同時に一瞬で「赦せた」という体験に伴う感動だったのではないかという考えが出てきました。
赦したいという内なる欲求はあるのに赦せない、というもどかしい状況が激変する感動なのではないかということです。

そうだとすると、もりGさんのセッションは奇蹟のコースのダイジェスト版じゃないのかな?とのイメージが浮かんできました。
セッション自体がコースの実践の一部だというイメージです。

奇蹟のコースはまだ学んではいないので、見当違いかもしれませんが‥勝手に話を進めてみます。 

奇蹟のコースは自主学習形式とのことですが、奇蹟のコースを学んでいる者にとって、もりGさんのセッションが自主学習の中にたまにある特別講義のような位置付けになるのではないかと考えてみました。
セッションの位置付けが明確になれば、もしも自分が奇蹟のコースに入った時にセッションの存在が大きな支えとなるのではないかとも思いました。

というのは、もりGさんのセッションは必ず内面の大きな動きがあるのはわかっているのですが、いつ、どのタイミングで受けるのかを迷うのです。
もう少し自分で内面を掘り下げられるのではないかという考えと、もりGさんにお任せコースの方が早いな~という両方の気持ちがあり迷いが出るのです。
奇蹟のコースのサポートとしてセッションを位置付けるとセッションを受けるタイミングが明確になりやすいかも‥と自分勝手に考えてみました。
もりGさんはセッションも受けても受けなくてもどちらも正解だと言われるかもしれませんが(笑)。やはり色々と考えてしまうのです。

以上、最近ふと思ったことをメールしてみました。

もりGさんの今回の変化がどのような変化かは想像つきませんが、新しいもりGさんとまたお会いできる日を楽しみにしています。お元気でお過ごし下さい。

ーJさん(栃木 男性)からいただいたメールよりー


IMG_2211.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント