2017/05/18

真の赦しをセッションで体験する

現在(2017年5月)、私が提供するセッションは、

心理セラピーというものから、(必要なときにはセラピーワークもしていますが、)

ACIMの学びへの導きとそのサポートというものになっていっております。


私自身が、コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を学習し実践していますので、

セッションそのものがコースの非二元論のスピリチュアリティを反映したものになるゆえ、

コースに接したことのない方でも、セッションで赦しの体験を重ねていくにつれて、

結果的に、結局はコースの学びをはじめられることになるというのが実状です。


もちろん、コース(ACIM)を学んでいる方にとっては、

赦しを体験していくことでさらにその学びを深めていくことになります。


セッションを通して、赦しを体感・体験しながら、

実践的にコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を学ぶことが出来るセッション。


私(もりG)のセッションは、それが特徴だと言うことができるかと思います。


実際に、私がクライアントさんとのセッションを通して思うのは、

セッションで赦しを体感(体験)していくと、コースの理解が早いです。

コースを知らない方でも、コースに接したことがない方でも、

非二元論のスピリチュアリティを体感的に理解することが出来るということです。


セッションでは、私と一緒に赦しに心を開いていくことをしていきます。


赦しとは、本当の自己(神)から遮っている想いを意識化し取り消していくことであり、

赦しが起きるその際には、癒し、気づき、知覚の修正(解放)が起きます。

それは、古い記憶や信念や判断を手放すということであり、

それらを手放していくことで、さまざまな不平不満から解放されていくことになります。

もりGのセッションは、その赦しの実践の体験版だと云うことが出来ると思います。


もりGセッションの位置付け』の記事を参照

 http://morig2016.blog.fc2.com/blog-entry-355.html


コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の学びは、

その教えを概念的に学んでいくことも必要ですが、

実践のなかでの体験・経験が伴ってこそ、その学び(歩み)は進んでいくといえます。

そういうところから言いますと、

コースの概念について教える教師はたくさんおられますが、

ことばを超えたもので体感的に学んでいただくという私のようなタイプは、

ほとんど稀なように思います。


もりGのセッションは、そのようなものだと理解していただけたらいいかと思います。


まずは、体験してみてください。

赦しの体験・経験が、あなたの学びを飛躍的に加速させることになるでしょう。


セッションに興味のある方は、もりGの方まで直接メールにてご連絡ください。


あなたの目覚めへの情熱に、感謝します。


IMG_2300.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント